入社後半年以内の退職率
(ミスマッチ率)
1.5%以下

代表の末永が大手転職エージェント在籍時代には、転職決定者が入社後にミスマッチを起こすケースが一定数、見受けられました。
ミスマッチで退職された場合、人材紹介会社は紹介フィーをクライアント企業に返金する契約になっているために、売上目標に返金リスクを織り込むのが当たり前の感覚でした。

人材紹介会社にとってミスマッチは、クライアントへ返金をする事、お叱りいただく事で済みますが、転職者様個人にとっては職歴に残り、キャリアが荒れることになります。

すべらないキャリアエージェントでは、これまでの年間1000名以上の転職サポートから得た独自のデータを蓄積する事で、転職者様個人が企業に定着し、活躍するために重要な要件を定義し、実際に求人の提案に活かしております。

例えば、本人の適性(強みとやりがいポイント)と、カルチャーマッチ等も細かく把握・分析した上で、マッチ度の高い求人や企業を提案しています。

時には、内定時の配属先にまで本人とのマッチ度を考慮して関与・調整したり、転職決定後にお祝いランチを実施し、そこで内定決定先での入社後の処世術や、早期に成果を残すためのコツをレクチャーしています。

このような取り組みにより、入社後にやりがいを感じつつ、また早期に活躍する転職者様が多く、高いマッチング率を実現しています。

その結果、創業以来6年間で半年以内の退職者は3名のみとなっています。
(またその3名の退職理由も、個人事情でのやむを得ない理由での退職でした)

無料転職相談をしてみる