内定企業2社からの究極の選択

今日はご紹介先2社から内定を得た転職者とご意思を決める前の面談。

もともと両社へのご意向は非常に高く、転職者ご本人にとって、どちらに行っても、一定は正解ではあるのは前提として、対象企業に入社する事は全くゴールではなく、スタートであり、手段であり、プロセスに過ぎない事です。

同じ会社・仕事・職場であっても、どういった意思や視点、目的を持って、同じ時間を過ごすかで、やりがいも、成長も、パフォーマンスも、数年後の姿も、全て大きく変わります。

そうした事を、転職者ご本人からも、ちょっとウザがられるくらい、しつこくお話させていただきました。

「どちらが正解か」からの脱却

転職者の方から悩んだ末に、

「末永さんはどちらが成長できると思いますか?良いと思いますか?」

と聞かれましたが、

「それは自分で決める事であって僕にはわかりません」

と答えましたw

※もちろん僕なりの視点で両社の違いはお伝えしましたが・・

「それよりも、しつこいですが、どちらを選ぶかではなく、どういった視点・目的・意図で選択するかというあなたの意思が大事だし、成長は意思で作られるものです」と、お話しました。

自分ではお話していて、相当に面倒くさい事を要求している自覚はありますが(汗)それだけ人生にインパクトがある事だと同時に思っています。

何かのご縁でお手伝いしたからには、単純に、より幸せになってほしいです。

偽善ぽく聞こえるかもしれませんが、本当この仕事をしているとそれなりに責任を感じるので、心からそう思うんです。

一定レベルの幸せや成長は外部環境が担保してくれるかもしれません。

ただ、本質的な幸せや成長は、自らの意思でしか作れないので、歯がゆいですが、「意思」を意識する・考える事を含めての当初のサービスであると考え、転職者の方に、この問いを続ける事を徹底させていただく事にしています。

お土産、美味しくいただきました!

そんな過酷な問いをしつこくし続けたのに、御礼をかねてと、とても美味しいお土産をいただいてしまいました。

ありがとうございましたヽ( ‘ω’ )ノ

リクルート出身の転職エージェントを使うとこんなメリットがあります!

①書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、求職者様の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率を高くなる場合が御座います。

②担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

企業との交渉は代行して行います!

面接日時の調整や、年収交渉、入社時期の調整など在職中に転職活動を行う場合、平日昼間は仕事をしているための自分では交渉しにくいことも代行して行わせて頂きますので、在職中のお仕事に支障をきたすことなく転職活動が行えます。