直近、第一志望の企業から内定を得てご入社が決まられた転職者の方と表参道のイタリアンレストラン、リヴァデリ・エトゥルスキ でお祝いのランチをして参りました。

内定後に当初の軸から大きくブレて、悩まれていたため、改めて一緒に棚卸しをさせていただいた結果、改めて自分の本来の軸への覚悟を決められ、今は次のチャレンジを楽しみにとてもイキイキされてました。

30歳で、ご結婚されており、奥さんもお仕事をされており、今後お子さんができた後の働き方などを考えて、単純な選択ではありませんでした。

独身の僕には実際本当の意味では共感できないお話ですので、僕としても、当たり前ですが適当な事は言えませんでした。

その中で、いくつかの選択肢をご提示し、それぞれのメリットとデメリットやトレードオフになりがちなポイントをお伝えさせていただきました。

そして、何を軸に置くかによって、それぞれのどのメリットを重視すべきか、という整理をさせていただきました。

あとは、ご自身の中で、何をプライオリティに置かれるか次第とだけお伝えした上で、数日間、奥さんともご相談され、自らのご意思で決断をされたとの事でした。

他人の意見ではなく、自分の頭でしっかり考え、自分独自のプライオリティに従って決断ができる方は、たとえどこへ行っても強いと思います。

一方で、他人の意見に右往左往して、「こっちの方がおいしそうだから」、「○○さんが〜〜と言うから」という短絡的な視点で安易に選択をしてしまう人は、一般的にどんなに魅力的なポジションや会社へ行っても、入社後の定着やご活躍は難しいでしょう。

なぜならば、それが日常になってしまえば、環境そのものが自らを幸せにしてくれるケースは少ないからです。(もちろん最低限の市場相場以上の待遇や条件などは大事ですので誤解なきよう)

また、ファッションのように服を選んでお金を払って消費するのとは異なり、ビジネスであり仕事ですので、お給与をいただいて、入社後に自らの努力によって、利益貢献や成果を求められます。

そこで受け身ではなく、自分主体で踏ん張れるパワーがないと、どんな業界・会社・職種であっても活躍はそう簡単ではありません。

今回の転職者の方も、意思決定そのものだけに価値があるわけではなく、入社後に、その選択の価値を自ら上げていく必要があります。

そういう意味で、実際にはこれからが本当のスタートですし、大変な事も多々あると思いますが、一緒に頑張っていきましょう(^ ^)

引き続き、応援しております。

表参道リヴァデリ・エトゥルスキについて

表参道の通りを奥に進んで、左手の小道に入ると豪華な一軒家レストランがあります。

結婚式会場で使われているのかな?と思う程、レストランにしては大きく豪華な建物です。

トスカーナ地方の料理のようです。

ランチは、1階はコース型式、2階はビュッフェ型式と分かれているそうです。

今回は二階のビュッフェ型式にしました。

メインの料理とパスタ、肉料理、魚料理から1つ選択して、他の前菜やサラダ、スープ、その他の料理がビュッフェ型式で自由に選ぶ事ができます。

僕は本日のパスタ、アマトリチャーナにしました。トマトソースのパスタです。

面は太めで、アルデンテ!と叫ぶくらいのちょうど良い硬さでした(笑)

イタリアンですが、オーガニックの食材を使っているらしく、あまり濃い味付けでなく、最近健康に気遣う自分にとっても胃もたれせずに食べられました(汗)

夜は割とお値段が張るので、皆さんも一度ランチから足を運んでみてはいかがでしょうか。