転職をすべきか、独立をすべきか迷っている人へ

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

自分の理想とする働き方を実現したい、挑戦した仕事ある、といった場合に転職か独立か悩む方は近年ますます増えてきているのではないでしょうか?

現在の職場に留まるのか、転職するのか、独立するのかによって状況は大きく異なります。
それぞれのメリットやデメリットを理解して、最善の選択を目指しましょう。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

現状の企業にいることの良さを考える

まず、独立を急ぐ前に、一度立ち止まって現在勤める企業にいることで得られているメリットを見つめ直すことが必要です。

《企業で働くメリットとは?》

  • 給与の安定性がある
  • 休日が担保されている
  • 大きな規模の仕事に取り組むチャンスがある
  • 設備投資など資金のかかることにも挑戦しやすい
  • 企業の持つ特徴を通じて、専門性を高めたり、スキルアップをしたりできるチャンスがある
  • 会社のネームバリューが社会的信用につながる

このような点が主に挙げられるでしょう。企業で働いているとこうした内容をごく普通に享受していることが多いですが、独立となると状況は大きく異なります。

もちろん、独立するからこそ得られるチャンスもありますが、まずは企業で働くメリットも理解した上で踏み出すことで、後悔しないようにすることも大切です。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

転職することのメリットとデメリット

また、独立を迷った場合に、現在勤める企業で仕事を続けるだけでなく、転職という手段があることも改めて考えることをお勧めします。

そこで、転職のメリット・デメリット双方を押さえておきましょう。

《転職のメリット》

  • これまでの職場で挑戦することのできなかった職種や業務内容にチャレンジできるきっかけになる
  • 専門性を高め、新しい知識や技術を身につけるチャンスになる
  • 給与や待遇面の改善、向上などが期待出来る
  • 生活とのバランス改善につながる など

《転職のデメリット》

  • 人間関係などの問題はどの職場でも起きやすく転職で解決できない可能性がある
  • 給与が一時的に前職よりも低くなる場合は少なくない
  • 経験職種であっても、仕事内容や環境に慣れるまでに一定期間必要となる
  • 業界の動向や体質に環境が左右される場合、業界内で転職してもあまり変化が望めない場合がある

転職という選択肢を取るからこそ得られるチャンスは少なくありません。一方で、現在の職場を離れる理由によっては転職がメリットとならない場合もあるのは事実です。

独立に踏み切る前に、自身の状況の場合には転職が選択肢に入るかどうか、しっかりと検討をした上で判断してみましょう。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

独立のメリットとデメリット

では次に、現在の企業に留まる、転職をする、という選択肢を取らずに独立の道を選ぶ場合にどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介していきましょう。

《独立のメリット》

  • 自分の取り組みたい仕事に積極的に取り組むことが可能になる
  • 会社員時代以上の収入を得るチャンスも事業次第で可能になる
  • 労働時間や労働場所の自由度が高くなる

何よりも、自分の取り組みたい仕事に打ち込めるという点は独立の大きなメリットとなります。収入もサラリーマンと違い天井がないので、事業が軌道に乗れば大きなメリットとなる可能性も少なくありません。また、時間や場所に縛られなくなることも魅力の1つです。

《独立のデメリット》

  • 無収入、低収入期間が発生するリスクが伴う
  • 責任が重くなる
  • 企業であれば分業されているような事務作業まで行う必要が出てくる

一方で、デメリットとしては企業に在籍していた時に得られたようなバックアップが全くなく、責任も増すという点にあります。

また、事業をスタートしたばかりのタイミングは特に、企業に在籍していた時には担当がいた庶務的な仕事もすべて自分で行わなければならないといったギャップも起きやすく、多忙になりやすいという点も注意が必要です。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

では独立を見据え取っておきたい資格

今後独立を目指したいという方の中には、資格を取得して役立てたいと考える方もいるかもしれません。

企業に在籍した後に独立する場合は、その経験や技術を活かしてというケースが多いと思いますので、必要に応じて取得すると良いでしょう。

また、具体的に方向性は決まっていないものの、長期的に独立を検討している場合には、独立開業に有利な資格を目指すというのも1つの選択肢となります。では、どのような資格があるのか、見ていきましょう。

(1) 士業系の資格

弁護士、公認会計士、税理士、行政書士、司法書士、弁理士、社会保険労務士 など

基本的に試験難易度の高いですが、独立して仕事をしたいと考える場合には実現しやすい資格が多いです。時間をかけて準備をしていくのであれば、このような資格を取得するというのも1つの選択肢となるでしょう。

(2) 建築系の資格

一級建築士、二級建築士、不動産鑑定士 など

建築関連の仕事も、上述のような資格があると独立ができる可能性があります。受験資格に実務経験が求められたり、合格後に実地演習が必要になったりと、それぞれ時間をかけての取得が必要になる傾向にあるので、計画的な準備が求められます。

(3) IT系の資格

ITコーディネータ試験、ITストラテジスト試験、システムアーキテクト試験、プロジェクトマネージャ試験、ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験 その他ベンダー資格 など

コンサルタント系を目指すのか、エンジニア系を目指すのかによって取得しておくべき資格が異なりますが、さまざまな専門に特化した資格があるのがIT系です。

現在の経験をベースに、今後より専門性を高めて仕事ができるように取得資格を選定すると良いでしょう。

これらはあくまで一例ですが、その他にも医療系や美容系などの資格を活かして独立するケースも多く、選択の幅はかなり広いと言えそうです。

資格を活かしての独立の場合、ご紹介した通り取得までに時間が必要な場合も多いですので、計画的に資格取得を目指しましょう。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

〈まとめ〉

いかがでしたか?現在の仕事を続けるのか、転職か、独立かという選択は、それぞれにメリット・デメリットがあり、熟考した上での判断が大切です。

また、独立を目指す場合には時間をかけて資格を取得するなどの準備を経た上で実行するというのも手段です。焦らず、落ち着いて考えた上で着実に理想のキャリアの実現を目指しましょう!

他にも独立以外の選択肢として、自分の裁量やビジネススキルを高めていきたいと考えているなら、一度転職エージェントのアクシスにも相談をしてみませんか?

私末永も、学生時代から起業経験もあり、独立に対して不安要素などがある場合は、一度ベンチャー企業等に転職をするのも一つありだと思います。新規事業の立ち上げなどにも積極的にしている企業も多いため、独立をしたい!と考えている人のは良いと思います。

首都圏を中心としたベンチャー企業の情報に対して専門性を有している自信があります。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!