2019.08.14

エグゼクティブの転職事情を大公開!成功させたい方必見!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

多くの経営幹部層の人材流動は、より一層活性化を極めています。

そこで、管理職や経営幹部層の転職方法や、気をつけておきたいこと、どんな転職理由が多いのか。

今回は、そんな気になる管理職や経営幹部層の方向けの転職情報について考えていきます。

→ハイクラス求人を探すなら、エグゼクティブ、管理職、スペシャリストなど高収入のポジションに特化したJACリクルートメントに登録しましょう!

エグゼクティブ転職は可能か

結論から申し上げますと、可能です。
ただ、日本では頻繁に行われていないのが現状なのです。

なぜ行われていないのか、その理由は、会社に新たな経営者層を迎え入れることに対して、身内思想が強い日本企業にとっては非常に勇気がいることだからです。

ただ、まったくないというわけではなく、以下のような企業や業界へ転職している人もいます。

  1. 専門性を活かし、経営企画・FCOなどとして業界に転職
  2. 外資系企業に勤務している人が日本企業へ転職
  3. 海外で働くことを志向し、海外拠点責任者などのポジションに転職
  4. 大都市圏から地方へ移住し、地場企業の経営幹部に就任

エグゼクティブ人材とは

エグセクティブとは、企業などの上級管理職のことを指します。 例えば、経営幹部や重役など。

今では部長以上の役職についている方をエグゼクティブと呼ぶこともあります。

また、高い能力を有する部長以上の役職の方を指す言葉としても、浸透してきています。

エグゼクティブの需要

ここ数年になってから、エグゼクティブ転職が増加傾向にあります。

その理由はビジネス環境の激変で幹部人材のニーズを生んでいるためなのです。

自社内に担える人材がいないこと、育成している時間もないということが問題として挙げられています。

そこで、社内変革を牽引してくれる人材を外部から招きたい。

そう考える企業が増えてきているのです。

ただ、幹部層の中途採用を行うにあたり、「これまでにいなかった人材が入ることで、既存組織がうまく機能しないのでは?」というような懸念を持ってしまう企業が多いのも事実です。

エグゼクティブへの3つの転職方法

エグゼクティブへの転職を検討されている方は、以下のような方法があります。

転職方法の1つ目は、自分から企業に声をかける方法。

そして、2つ目は優秀な人で他の企業からヘッドハンティングされる方法。

3つ目は、転職エージェントを利用する方法があります。

ご自分に適した方法を選択されるのが一番ですが、効率よく転職活動を行いたい。

そう考える方は、転職エージェントを利用されるのが良いでしょう。

エグゼクティブ転職をする前に注意すべきこと

転職を検討されている方は、ためらう気持ちもあるのではないでしょうか。

ご家庭をお持ちの方の場合は、今後の人生設計プランも視野に入れなければなりません。

他にも様々な悩みを抱えていらっしゃる方もいるでしょう。

では、どのようなことを踏まえて注意しなければならないのか。

大きく3つに分けて紹介していきます。

1.今の会社を辞めない

これは転職活動を行う上で、大前提です。
エグゼクティブの方は配下に社員を抱えていることが多いでしょう。

今の会社で働いている以上、大きな責任を負っているので、その責任をしっかり全うすることが大事です。

数多くの求人が揃っているわけでもないため、容易に採用とはなりません。

そのため、保身の意味でも今の会社を辞めた状態で、転職活動するのはやめましょう!

1.転職エージェントを使う

現在では、エグゼクティブ採用に強い転職エージェントも存在しています。

ご自分が希望される求人を見つけ出し、詳細情報を確認した上でエントリーしましょう。

転職エージェントのキャリアコンサルタントがサポートしてくれますので、転職に関する一連のことを委ねるのがベスト。

エグゼクティブ転職に強い転職エージェントは、採用企業から全幅の信頼を受けて転職の依頼をしているのが特徴です。

だからこそ、あなたをうまく売り込んでくれます。

3.自身は何ができるのかを明確にする

エグゼクティブ人材を採用する企業は、自社に何かしらの課題があるから募集をかけます。

そのため、これまでの実績・どのようなことを行なってきたのか。

企業の課題にどう解答できるのか、はっきり答えられるようにしておく必要があります。

同じような業界へ転職するのが適しているので、できれば同じ業界へ進むのが良いでしょう。

ただ、別の業界だったとしても商材が似ている場合、活躍することができます。

企業側から欲しいと思われるような人材へなるために、自分を売り込むポイントをしっかり認識しておくのも重要だと言えるでしょう。

エグゼクティブ転職を目指すなら転職エージェントを活用!

転職エージェントには、「総合型エージェント」と「ヘッドハンター型転職エージェント」の2つがあります。

では、下記で詳しく説明していきますね。

総合型転職エージェント

総合型転職エージェントは、幅広い業界・業種を網羅した転職エージェントです。

こちらのメリットは、対応している業界が幅広く、求人案件数が多い点です。

他にも様々な業界の情報収集でき、業界同士の比較がしやすいことが挙げられます。

一方、デメリットは専門型と比較して、業界知識に乏しい点です。

では、総合型転職エージェントをご紹介していきます。

案件数 得意な業界
JAC 約25,000件 エグゼクティブ、管理職、スペシャリスト
DODA 約123,494件 IT、エンジニア系、技術系
リクルートエージェント 約232,770件 営業、企画、事務、ITエンジニアなど

上記が総合型転職エージェントです。
詳細について、さらに下記にてご紹介していきますね。

◆1. JAC

JACは外資系企業やグローバル転職に特化している点が特徴です。

転職の限界説が35歳だと言われていますが、JACは転職者の約70%が35歳以上なのです。

メリットは、コンサルタントの質が高いこと。
そして、デメリットは市場価値が低い場合、案件を紹介してもらえないことがあるという点です。

得意な業界は、エグゼクティブ管理職スペシャリスト
気になる求人数は、約25,000件です。

→ハイクラス求人を探すなら、エグゼクティブ、管理職、スペシャリストなど高収入のポジションに特化したJACリクルートに登録しましょう!

◆2. doda

dodaは、国内トップレベルの膨大な求人を扱っている点が特徴です。

キャリアアドバイザーの良質なサポートで転職成功者の実績多数という点が大きなポイント。

メリットは、海外の案件も取り扱っている点、そして未経験の職種も扱っている点です。

デメリットは、会員登録をしても、全ての非公開求人が見られるわけではない点と、場合によってはキャリアコンサルタントとの連絡がスムーズに取れないことがある点です。

得意な業界は、ITエンジニア系技術系
気になる求人数は、約123,494件です。

→転職エージェントの利用を検討しているなら、利用した転職者の満足度ナンバーワンのdodaにまずは登録をしてみましょう!

◆3. リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手で利用者満足度99%というのが特徴です。

圧倒的な知名度とブランド力が大きなポイントだと言えるでしょう。

メリットは、非公開求人を含む求人数の多さ、そして、拠点の数が多く日曜でも面談できる点です。

デメリットは、メールなどの細かい対応が遅い場合がある点です。

得意な業界は、営業、企画、事務、ITエンジニアなど。

気になる求人数は、約232,770件です。

→エグゼクティブ層の方で転職を検討しているなら、業界最大の求人数のリクルートエージェントに登録しましょう!

ヘッドハンター型転職エージェント

ヘッドハンター型転職エージェントとは、人材紹介会社が行う「サーチ型」の人材紹介サービスのことです。

人材紹介会社のヘッドハンターが、企業が求める人材を探し出し、スカウトしていく手法です。

全体的なメリットは、給与面などの待遇が良くなる点やいきなり役職者になれる可能性もある点です。

デメリットは、期待によるプレッシャーが大きい点と希望した業種・職種ではなくなる可能性もある点ですね。

それでは、ヘッドハンター型転職エージェントをご紹介します。

ヘッドハンター数 案件数
ビズリーチ 2,600名 約97,000件

ビズリーチは、国内外のヘッドハンターからスカウトが届く、という点が最大の特徴だと言えます。

ポイントは、スタンダード(無料)・プレミアム(有料)の2つのサービスを選択して利用できるという点です。

気になるメリットは、好条件案件のヘッドハンティングを受け身で待てる、という部分でしょう。

また、ハイキャリア案件のデータベースから求人検索・応募できる部分も◎。

デメリットは、急ぎの転職には向かないこと、そして情報収集がヘッドハンター依存になりがちになることです。

ヘッドハンター数は2,600名、取扱求人数は約97,000件となっています。

→年収600万円以上のハイクラス求人を探しているなら、リーダー、管理職などに特化しているビズリーチに登録してみましょう!

女性のエグゼクティブ層の転職

女性のエグゼクティブ層の転職ですが、どんな点に注意すべきでしょうか?

それは「女性であることのメリットを伝える」・「女性が働く環境の変化」です。

どういうことなのか、その詳細についてご紹介していきますね。

1. 女性であることのメリットを伝える

女性のエグゼクティブ層の採用をしている・していないにかかわらず女性の立場だからできたこと。

また、解決できる課題もあります。

実際に、ある外資系の大手総合化学メーカーの場合。

女性がマネージャーになることにより、生産性があがるという調査結果が報告されています。

それに基づき女性のマネージャーの採用に力を入れていたことがあるように、マネージャーが女性であることのメリットというのは、必ず存在します。

例として、ダイバーシティ推進などがこれに該当します。

2. 働く環境の変化

近年では女性活躍推進法が導入されている企業が増え、女性の働く環境が変わってきています。

「働き方改革」に対し積極的に取り組む企業も増加傾向にあり、女性が育児と仕事を両立できるように整備されているのです。

大手〜中堅企業では、自社内の女性社員を管理職へ引き上げる道を探っていましたが、様々なしがらみにより厳しいという状態に。

そこで外部から中途採用した女性社員を管理職へ据えようと考える企業が多数見られるようになりました。

管理職経験がある女性はもちろんのこと。

これまで管理職の経験がない、主任や係長などの肩書きのみでマネジメント経験がない女性も対象になっています。

3.仕事と育児の両立が可能に

育児と仕事の両立を図る女性たちからは「マネージャーという立場の方が働きやすい」という声が多く寄せられています。

その理由は「自分の都合に応じてスケジュール管理しやすいから」なのです。

保育園への送り迎えをしながら働くのは難しいことですよね。
マネージャーなどの管理職であれば、「夕方以降に打ち合わせ・会議を入れない」と選択ができます。

また、実行はメンバーに任せ、戦略を練る業務に集中することも可能です。

即戦力として活躍してくれる女性のために、今後「えるぼし認定」・「くるみん認定」を取得する企業が増加するかもしれませんね。

4. 女性の転職に強い転職エージェントを利用

エグゼクティブ層の転職に強いエージェントがあるように、女性に特化したエージェントもあります。

女性に特化したエージェントのクライアントは、女性の社会進出・女性の経営層の採用など。
そのエージェントの考え方に賛同して採用依頼を行います。

女性エグゼクティブ層に特化した転職エージェントを利用するという選択肢を取るのも、非常に有効的ですよ。

エグゼクティブ層の転職を検討される女性は、同様に転職先で考えられること・注意すべき点などの情報を収集しましょう!

エグゼクティブ層の転職理由って何が多い?

エグゼクティブ層の方は、「成長意欲」・「〜をやりたい」という志があるのではないでしょうか。

その志を評価する企業側もありますが、第二新卒や一般社員の採用とは異なり、ただ「やりたい」だけでは採用されないのが現状です。

採用企業側が抱える課題をしっかり把握すること。

そして自身の成果とやりたいことを結びつけて説明することが重要なのです。

特に、エグゼクティブ層の転職理由で多いのは以下の4つです。

1. キャリアアップを目指すため

「今よりもさらに大手企業で経験を積みたい」「さらに重要なポジションで活躍していきたい」。

より高みを目指して転職がしたいと考えるエギゼクティブの方が増加しているのです。

その背景には、「終身雇用制度」の保証が確実ではなくなったこと。

そして、今まで以上にスキルが注目される傾向になったことが挙げられます。

2. 今の職場に物足りなさを感じた

入社した当時はやる気に満ち溢れていますが、年数を重ねることで業務に慣れてきますよね。

企業の中には途中で方針が変更され、自身が思い描いていたものとは異なってしまったというケースも。

モチベーションを上げたい、自分自身を納得させたい。

そう考えた結果、自分に適した職場を求め、転職するエグゼクティブの方が多いのです。

3. 今の職場での目標をやり遂げた

現在の職場で立てた目標を達成し、すぐ他企業へ転職するエグゼクティブの方もいます。

実際、面接の際にも目標を達成したという事実は非常に有利です。

特にエグゼクティブ層は、右肩上がりの仕事を行なっていたという部分が注目される傾向にあります。

目標達成が自分の自信へと繋がっていき、次なる目標に向かっていきたい。

そう考えているのがわかりますね!

4. 転職会社から自分にぴったりの会社を紹介してもらった

就業中に転職サイトへ登録し、転職サイトの紹介をきっかけに転職をしたというケースもあります。

求人というのは入れ替わりが激しく、人気求人はあっという間に締め切ります。

だからこそ、気になる会社を見つけた時には、押さえておくのがベスト。

エグセクティブの方は、常に目標も持って仕事をしています。

達成できた時、次の目標へ向かうべく転職を視野に入れるのです。

また、職場に対し物足りなさを感じた時にも、自身が納得できる職場を求めて転職を決めます。

→ハイクラス求人を探すなら、エグゼクティブ、管理職、スペシャリストなど高収入のポジションに特化したJACリクルートに登録しましょう!

実際の面接で気をつけるべきこと

エグゼクティブの方が面接を受ける際には、いくつか注意すべきことがあります。

転職先の方針や思考を踏まえながら、面接で問われること、面接時に心がけることが非常に重要です。

では、その詳細についてご紹介していきますね。

1. 面接で何を問われるのか考える

企業がどのような人材を求めているのか分析する」。

企業研究は非常に大切で、自分という商品のメリットを最大限にアピールする方法を見つけられます。

そして、前職でどんな実績を残したのか・部下への接し方についても問われます。

その具体的な内容・予算、規模、関わった部下の人数などをプレゼンテーションで伝えていきましょう。

上手に伝えることで「管理職として最適な人材だ」と印象付けられるはずです。

②「面接時に心がけることについて」

面接時に心がけたいのは「質問の受け答え」・「立ち振る舞い」・「言葉遣い」の3点です。

その理由は、面接官が立ち振る舞いや言葉遣い、雰囲気からその人物の人間性を判断しようとするためです。

もちろん、コミュニケーション能力も同時にチェックしています。

もう一つ大事なのは「相手に質問すること」です。

積極性をアピールすると同時に、企業のニーズを把握し、そのニーズに満たしていることを伝えると効果的。

ご紹介した部分を参考に、注意するべき点について考えてみてくださいね!

エグゼクティブの面接で言ってはいけないこと

面接時に注意したいのが、言ってはいけないことを口にすることです。

緊張して口走ってしまう、良かれと思って言ったけれど失敗だった…。
なんていうこともあると思います。

面接でNGな発言は下記の3つです。

1.転職動機で年収・肩書きを答える

面接時にNGなのは、転職動機を質問された際に「年収」・「肩書き」を答えてしまうことです。

例えば、転職動機を質問された場合。

「年収と肩書きをあげて、キャリアアップしていきたいと考えています」と答えるのはNGです。

多くの収入を得たい気持ちはわかりますし、そう思うのは悪いことではありません。

ただ、面接時に年収・肩書きを口にするのはやめておきましょう。

2. 退職理由で現職批判をする

退職理由を質問された際に、「現職批判をしない」ことが重要です。

「現職企業の上司・経営者の考え方、やり方が間違っている」。
それが退職理由だったとしても、答えてはいけません。

その理由は「うちに来ても同じことを言うのでは?」と思われてしまうからです。

ネガティブな退職理由であろうとも、ストレートには伝えないことです。
別の言い方にするのがベター。

3. 志望度を質問され、興味ありますと答える

志望度を質問された時に、漠然と「興味あります」と答える方も多いですが、これもNGなのです。

総論的にしか言えない、答えられない。
つまり「当社にそこまで興味がない」と判断されてしまうのです。

「興味がなさそう=我が社にコミットしてもらうことが維持しにくい」。
このような判断になり、最終的に採用されることはまずありません。

以上が、面接でNGの発言です。

ハイクラス求人を探すなら、エグゼクティブ、管理職、スペシャリストなど高収入のポジションに特化したJACリクルートに登録しましょう!

エグゼクティブ層におすすめの転職エージェント

エグゼクティブ層の方の転職において、転職エージェントの利用は重要です。
経営層との繋がりの有無はもちろんのこと。

良質ではないエージェントと良いエージェントというのが明確に出てきます。
それは、エグゼクティブ層の採用において、成果報酬での得られるフィーが大きいためです。

そもそもハイクラス求人は世の中において、絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがおすすめです。

以下では、具体名を出しながらご紹介します。

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。