起業・独立に資格は必要?勉強しとくと良い資格って?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

社会人になり、スキルも人脈も身に付いたし、「自分の力を起業して試したい!より社会貢献したい!稼ぎたい!」、ビジネスマンとしてコツコツと努力して、成功している方は特に、誰しもが抱く「志(野望)」なはずです。

ただ起業、独立するにあたり、「安定した収入が入るかどうか」ということは最も不安なはずです。それゆえ、起業するに当たりブランドも、知名度も無い中で、信頼を得るためには資格(ネームバリュー)があれば有利になるのでは?と考えている方も少なくないはずです。

今回は起業・独立するにあたり、身に付けとくと良いスキル・資格についてお伝えしていきます。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

「資格があれば儲けられる」という考え方は危険

「資格があれば儲けることができますか?」という質問は良く聞かれる質問です。ネット上でも「儲けるためにはこの資格だ!」みたいな広告やページは無数に存在します。

しかしながら起業・独立に大事なのは「資格」では決してありません。
もっとも大事なのは

  • 「集客力(マーケティング力」)
  • 「営業力」
  • 「計数管理(財務3表を読み解く力)」

のスキルセットだと言われています。もちろん弁護士のように事業に高度な専門知識・スキルが求められ、その資格がないと仕事ができないケースもいくつかあります。

しかし起業したい事業に対して、資格(許認可)が必要なだけであり、あくまで開業するまでの手段(ステップ)でしかないわけです。

つまり「自分が起業したい事業」に対して、必要なスキルがあるのであれば資格は有効ですが、「資格習得」から「事業内容」を考えるのであれば、本当にやりたい事業ができるかどうか分からなくなるわけです。

従って、資格ありきで起業を考える事は、将来やりたい事業をできることにならなくなるわけです。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

資格より大切なのは、「集客スキル」と「営業スキル」

資格より大切なのは、「集客スキル(マーケティング力)」「営業スキル」です。

どんな事業であれ「サービス(商品)を売る事」で稼ぐわけです。すなわち売れるサービス(商品)を開発する事が大事で、その確率を上げるのが「マーケティング力」です。

マーケティングには、マーケティング(※市場のニーズを探り、ニーズに沿った商品を作ること)とイノベーション(※市場を分析し、需要を生み出す商品を作ることです。)の二つのアプローチがあります。

どちらにしても、①市場調査、②市場の細分化、③ターゲティング、④ポジショニング、⑤マーケティングミックス

という決まったプロセスに沿って分析し、市場・ニーズを見極め、企業として勝てる領域を見つける事が大事です。

勝算が見込める新規サービス(商品開発)が終わったら、次は商品を売り込む力「営業スキル」が必要となります。ここでの営業スキルは直接的な売り込みだけではなく、広報的な活動も含まれます。

すなわちアナログ的に数を稼ぐ営業力も大事だし、認知を広げるためにSNSを活用するような広報的な活動も大事だという事です。双方で大切なのは「プレゼンテーション力」であり、分かりやすく「顧客のベネフィット(※なぜそれが必要なのか?)」を伝えられるようになることを意識しましょう。

そして、「集客力(マーケティング力)」、「営業力(広報力・プレゼンテーション力)」は、実は会社に所属している時の方が資格習得よりも身に付くことが多いです。将来の独立に向けてのスキルアップと考えれば、普段の仕事もより成果も出るのは間違いないですし、更なる自信にも繋がるはずです。(3人の煉瓦職人は有名な話ですよね)

参考:【訓話】3人のレンガ職人から考える目的と目標

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

経営者に必要なのは「簿記」

唯一身に付けたいスキルとすれば「簿記」です。簿記といっても1級までは必要なく、株式会社を経営するのであれば2級、そうでなければ3級くらいの知識で良いです。簿記を通じて身に付けたいスキルは、「財務3諸表」を読み解くスキルであり、すなわち数値の変化(収益源や売上増)に対して、会社のどのような失敗の原因、成功の要因に繋がっているのかを考察できるようになることです。

資格習得というよりも、財務3諸表の理解という方が正しいかもしれません。またその「変化」に気づき、
ロジックツリー(※ロジックツリーとは、ありとあらゆることをMECE(モレなくダブりなく)に考える思考プロセスをツリーに見立てるものです。参考:MBA用語集-ロジックツリー)を立て、理由を明確にして、チャンスに繋げる力が経営者には求められます。

ただ普段数字を扱っている仕事であれば、日常的に数字の変化から対策を考えているはずです。これも将来のゴール設定を変えて、仕事に対する意欲を変える事で、普段の実務で磨くことができるスキルの一つです。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

まとめ〜起業するにあたり

普段求められている仕事の延長線上に「起業するために必要なスキル」があり、決して難しい特別なスキル・資格が必要なわけではありません。

しかしながら会社は我々を守ってくれますが、社会は我々を守ってくれるわけではないで、事業成功の確率を高めることが大事です。

そのための手段として、「必要なスキル」は、「集客力(マーケティング力)」、「営業力(売り込む力)」、「計数管理(財務3諸表の理解)」の3点セットを磨き続けることが大切です。

起業・独立をしたいという「志」を抱くことは社会にとって、自分自身にとって、とても素敵な事です。そして「志」を大切に、一日一日を大切に、自分自身を大切に磨き上げていってくださいね。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

起業・独立をお考えの方へ

起業や独立をするにあたって、「スキル」と「マインド」セットは高めておかないと厳しいでしょう。
正直不安要素が大きいなという人は、起業や独立ではなく裁量の大きいベンチャー企業などに、転職することも一つの選択肢としてオススメをします。

またプロジェクトを率先して率いていくことで、子会社として独立というのもありでしょう。サービスや市場規模などをよく考え、5年後や10年後の事業成長など様々な視点で、キャリアを考えていくことが非常に重要です。

弊社は、転職エージェントとして多くの転職者を支援させていただいており都内中心にベンチャー企業を熟知しています。自分の裁量を大きく持って仕事をしていきたいという方は一度ご相談をしてみてください。下記から問い合わせが可能です。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!