20代で転職を検討されている方へ


【プロ直伝】20代の転職エージェントの選び方!分からないことが多い人必見!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

「初めての転職、何からはじめていいかわからない!」そんな方は多いのではないでしょうか?

特に20代での転職となると、周りに転職経験者もまだまだ少なく、参考となる情報も多くはないはず。

そんな時に頼りになるのが転職エージェントです。

今回の記事では、そもそも転職エージェントがどのようなものなのか、なぜ利用すべきなのか、どのようなエージェントがオススメなのかについてご紹介していきます。 

20代の転職ってわからないことが多いのではないでしょうか?

そもそも20代で初めての転職となると、新卒での就活はリクナビやマイナビなど、広告型の就活ナビを利用したという方が殆どで、その印象が強いのではないでしょうか?

ですから、転職エージェントには馴染みがないというのはいたって普通です。

転職エージェントでは、キャリアコンサルタントがあなたと企業の間に入って転職を支援してくれます。

  • 「自分の経歴で転職できるのだろうか?」
  • 「転職活動のためにどのような準備をしたらいいのだろうか?」
  • 「内定したら、どんな風に今勤めている会社に報告したらいいのか?」

など、ちょっとしたことから漠然とした疑問まで、親身になって相談に乗ってくれるのです。

新卒採用の就職活動と違って、それぞれのタイミングやバックグラウンドがまったく違う転職活動。

1人で悩んだり迷ったりすることが多いでしょうから、転職エージェントのキャリアコンサルタントは力強い味方となります。

また、「転職エージェントがたくさんあって、どこを利用したら良いかわからない」という方は、それぞれの特徴を理解して自分の転職の目的にあったエージェントを探すと良いですよ。大きく分類すると、以下のようなエージェントがあります。

(1)大手総合型エージェント

求人数が多いことはもちろん、面接突破のためのノウハウなどが沢山あります。

誰しも必ず1社以上は利用をすることをお勧めします。

漠然と転職を考えている場合には、選択肢が広く特に良いかもしれません。 

(2)業界特化型エージェント

転職エージェントには、特定の業界に特化した小・中規模のエージェントも数多くあります。

業界内でのステップアップなど、明確な目的がある場合にはこうしたエージェントは必ず利用したいところです。 

(3)第二新卒や契約社員・アルバイトから正社員への挑戦など

若手ならではの求人の紹介や、雇用形態を変えたいという方に強みを持つエージェントもあります。

中には、そのようなキャリアチェンジのために必要な研修を行ってくれるエージェントもありますので、安心して転職活動に臨むことができますよ。

転職活動の目的や目標に合わせて、自分に合うエージェントを利用してみましょう。

また、コンサルタントの雰囲気や紹介される求人などによって相性というのもあります。

まずは3〜4社程度コンタクトを取ってみて、必要に応じて絞って利用するのが良いかもしれません。

そもそも20代の転職ってエージェントを使うべき?

20代での転職となると、転職理由もさまざまです。

キャリアアップしたい方はもちろんのこと、漠然と働き方に関して悩んでいる方や、もっと自分にあった企業があるのでは考えて転職する方もいるのではないでしょうか。

そんなそれぞれの状況や、思いに合わせてアドバイスをくれる転職エージェントは、20代の転職活動において必ず利用すべき存在です。

では具体的に、どのような点にメリットがあるのでしょうか?

①自分の状況に合わせたアドバイスをもらえる

転職エージェントでは、一般的に1対1で面談を行い、あなたのキャリアに寄り添った具体的なアドバイスをもらうことができます。

第二新卒なのか、職種変更などのキャリアチェンジなのか、今までの経験を生かしてキャリアアップしたいのかなど、それぞれの状況に応じて転職活動の進め方も教えてくれるはずです。

②面接対策など、選考突破のために力を貸してくれる

転職活動全般のことだけでなく、選考が進む中で書類の添削や具体的な面接対策なども支援してくれるのが転職エージェントの魅力です。

あなたの選考に限らず、これまでの推薦者や内定者によってノウハウが蓄積されていることから、非常に有用なアドバイスが得られます。

③エージェントが自分のことをプッシュしてくれるので合格率も上がりやすい

 転職エージェントはあなたの内定につながるように、あなたの採用メリットを企業にプッシュしてくれる強い味方です。

時には面接の評価が厳しかった時などにフォローを入れてくれて、結果を左右することすらあります。

こうした手厚いバックアップのおかげで、エージェントを利用しないよりも合格可能性はぐんと高くなるのです。

以上のように、数多くのメリットがある転職エージェントは利用しない理由がありません!

20代の転職エージェントの選び方

「転職エージェント、とにかくたくさんあってどこを使ったらいいのかわからないよ!」という方も多いと思います。

転職エージェントを選ぶときは以下の4つを意識すると良いでしょう。

① ホスピタリティやモラルがあるか

抽象的な観点ですし、コンサルタント個人によって変わってくる要件ですから判断が難しいかもしれませんが、転職を成功させるには一番重要な条件だと思います。

あなたが信頼できる人というのはどういう人なのかを考えると、あなたのために何かをしてくれる人で、人としてのモラルをちゃんと守ってくれる人ではないでしょうか。

転職エージェントも同じです。あなたの人生にかかわる転職というイベントにかかわる人です。あなたの未来を考えた提案をしてくれるホスピタリティがあり、かつ人としてのモラルがあるエージェントにあなたの転職を支援してもらいましょう。

「とにかく内定が決まればいいや」と流れ作業で求人を紹介するエージェントや、あなたに対してタメ口で上から目線で偉そうに話をしてくるエージェントも残念ながら世の中にはいます。

  • キャリアプランや入社後の活躍から逆算して自己分析やキャリアコンサルティングをしてくれるか
  • ビジネスマンとしてのモラルを持っているのか

という観点を初回面談で見極めた上でお世話になるエージェントは決めましょう。

② 書類添削・面接対策が手厚いか

転職活動というのは非常に特殊な活動です。一人で採用企業の目を引く履歴書・職務経歴書を作成すること、また、面接でよいパフォーマンスをするための対策というのは非常に難しいです。

そのため、転職経験がない方にとっては、求人紹介だけで終わらず書類添削・面接対策まで丁寧にやってくれるところだと安心して転職活動を行うことができます。そういった状況を作ってくれるエージェントを利用するとよいでしょう。

③ 優秀な人かどうか

ビジネスにおいて重要となる能力の一つに、「問題解決能力」(課題を見極め、適切な対処法を導き出す力)が挙げられると思います。

これは優秀な転職エージェントの条件でもあります。

転職というのは、あなたの今の職場に対する不満を解決する方法です。あなたの不満を正確に把握し、適正な解決方法を提示できるだけのヒアリング力・課題解決力があるエージェントに相談することが転職を成功させる秘訣です。

「この人なら、自分の悩みにしっかり向き合ってくれて、納得感のある落としどころを提示してくれそう」と思えるコンサルタントにあなたの転職支援を依頼しましょう。

④ 興味がある業界・職種に強みがあるか

エージェントには、それぞれ得意な業界があります。エージェントの中でも担当者毎に強みを持つ業界・職種が異なりますので、相談する際は自分の希望を細かく伝えるようにしてください。

興味がある業界、この業界・職種で働いてみたいという思いやあこがれなどがある方は そういった業界・職種の求人を紹介が可能な転職エージェントを利用しましょう。

20代に最もオススメなのはマイナビエージェント!

「転職エージェントの選び方」を書いたところで、具体的にオススメの転職エージェントをご紹介したいと思います。
20代の方に最もオススメなのはマイナビエージェントです。

マイナビエージェントの特徴は以下の3つです。

・中小企業の独占案件が多い
・第2新卒の転職に強い
・転職完了まで無期限で手厚いフォローをしてくれる

中小企業の独占案件が多い

泥臭い社風で、転職市場での知名度の低さを挽回するために、積極的に営業をかけています。
エージェント側から貪欲に求人情報を獲得しにいっているので、他のエージェントからは紹介されないような、中小企業の独占案件を多く持っています。

第2新卒の転職に強い

新卒の就活でマイナビが幅を効かせていることもあり、第二新卒向けの求人が豊富です。「第二新卒の求人はマイナビエージェントでしか、出していない」という企業もあります。

転職完了まで無期限で手厚いフォローをしてくれる

サービスの利用を3ヶ月間限定としているエージェントもありますが、マイナビエージェントでは転職が完了するまでサービスを無期限で受けることができます。
キャリア相談や自己分析、選考対策を受けながら、じっくりと自分のペースで転職活動を進めることができます。

 マイナビエージェント

・求人数:7094
・拠点数:東京、大阪、名古屋、福岡(4拠点)
・得意な業界:IT業界

リクルートエージェント

・求人数:18万件
・拠点数:東京、大阪、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、西東京、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、福岡(16拠点)
・得意な業界:メーカー、食品業界、IT業界など多数

 DODA

・求人数:42560件(公開求人のみ)
・拠点:札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡(8拠点)
・得意な業界:メーカー、メディカル、web業界

転職エージェントは大手1社&中小・業界特化型2社を利用しよう!

転職エージェントは複数社使うことをオススメします。

  1. エージェントによって得意な業界・職種、サポートが異なるから
  2. そのエージェントしか持っていない独占求人があるから
  3. アドバイザーが自分に合っているとは限らないから

エージェントの複数利用についてもっと詳しく知りたい人は以下の記事を読んでみてください↓↓

では、上記のエージェントをすべて利用すればいいのかというとそうではありません。もっとも良い転職エージェントの運用は「3社」を利用することです。

具体的に言えば、1つは上記3エージェントのような大手を利用し、残り2社は中小・業界特化型2社の利用をオススメします。

なぜならそれぞれ以下のようなメリット・デメリットがあり、併用することで互いの欠点を補うことができるからです。

以下で大手エージェントと中小業界特化型エージェントのメリット・デメリットについて触れていきたいと思います。

 大手エージェントのメリット

・ 求人が多いため、複数の選択肢からがある

・ キャリアアドバイザーがあらゆる業界について知見を有している

・ あらゆる会社の成功体験を持っている

大手エージェントの特徴は、あらゆる業界の求人が多く、多くの転職支援実績があることです。そのため、キャリアアドバイザーはあらゆる業界について知見をもっており、会社ごとの成功体験をもっているというのが強みです。

求人が多すぎて、選べないという声もあり、ある意味デメリットともいえますが、20代の方にとっては求人が途絶えないという観点でメリットとして挙げさせていただきます。

 大手エージェントのデメリット

・転職者担当と企業担当を分けているため、業界・会社に対しての知識が浅い

・登録者が非常に多いため、社内選考で落選してしまい、応募フェーズまで行かない可能性がある

・担当者レベルで技能に差がある

大手エージェントはいい意味でも悪い意味でも「広く浅く」支援ができるというのが特徴です。例えば、リクルートエージェントでは4万件以上の求人を抱えていますがあなたの転職を支援してくれるキャリアアドバイザーは4万件の求人を覚えられません。

そのため1求人に対する知識は非常に浅いものとお考えください。

また、大手の転職エージェントは求人も多いですが、同時に求職者も多いです。そのため、人気のある求人、特に未経験の人事や営業事務だと、社内選考を行うことになります。そのため、企業に応募する前に見送りにさせられてしまうケースもあります。

加えて、特に現状のような好景気の時にはキャリアアドバイザーを大量に採用します。そのため、経験値の浅いキャリアアドバイザーがあなたの担当になりうるということもありますのでその点はデメリットといっていいでしょう。

中小・業界特化型のメリット

・特定の業界・職種に強いパイプを持っている(転職担当と企業担当を兼ねているため)

・一求人に対する知識が豊富

・面接の調整等を要望通り進めてもらいやすい

大手エージェントが「広く浅く」なら、中小エージェントは「深く狭く」が基本線となります。そのため、特定の求人には大手エージェントでは考えられないくらい採用されやすくなります。

なかには、社長や役員クラスと直接やりとりのできる担当もいるので、大手では決まらなかったのにあっさり採用に至るというケースも少なくありません。しかも、その会社に入り込んでいるので会社の情報や求人内容については非常に詳しく納得感のある説明ができます。(ただし、紹介してもらえる会社にその担当が入り込みすぎているがゆえにバイアスがかかっている可能性がある点は注意しなければなりません)

しかもあなたがやり取りする担当者が直接企業と面接の調整を行ってくれるため、あなたの要望通り面接等各種調整を進めてくれます。

中小・業界特化型のデメリット

・知名度がなく、探すのが大変

・保有求人が少ない分、選択肢が狭まる

中小、業界特化型エージェントは非常に数多くありますが、知名度がありません。そのためあなたに合う中小・業界特化型エージェントを探すこと自体が大変です。

また、保有求人数が少なく、1回紹介してもらったら新しい求人をもらうのに非常に時間がかかりますし、2度目、3度目紹介してもらえないケースというのも少なくありません。

このように転職エージェントには一長一短はあるので、それを補い合うために大手エージェント1、中小、業界特化型エージェント2社という形で利用していくというのが良いのです。

4:転職エージェントを使い倒すコツ

では、転職エージェントを使い倒すためにはどうすればいいのでしょうか。結論としては、エージェントに「受かる人」だと思ってもらい、手厚いフォローをしてもらうことです。そのためには、以下5つのポイントを押さえましょう。

①求人紹介には積極的に返信する

求人を紹介されたら受ける、受けないという意思表示をはっきりしましょう。転職エージェントは連絡が途絶える人を一番嫌います。受ける、受けないにかかわらずコミュニケーションを密に取りましょう。

また、受けない場合は、受けない理由などを添えておくと、よりあなたに合う求人を厳選して送ってくれますのでさらに良いです。

② エージェントに何に期待することをはっきりさせる

要望事項がはっきりしていると、エージェントはそれに合わせて対応しますし、できないならできないといいます。

転職エージェントは頑張っても努力が無になることの多いお仕事です。そのため彼らに無駄な対応をさせないようにするというのは、非常に助かります。何より、あなたにメリットとなる求人をピンポイントでご紹介してもらえる可能性にもつながりますので、こういった少しの手間は非常に大事です。

③前の職場の悪口を言わない

単純に心象に悪く、転職エージェントが「支援すべき人ではない」と判断をする可能性があります。前の会社の悪口は慎みましょう。それでもそこを言わないと話が成立しない場合は「自分が至らないので」などといった枕詞を使い、担当エージェントの心象を損なわないようにしましょう

④「合わない」と感じたら担当者を変えてもらおう

「合わない」、「できない」エージェントとやり取りするのははっきり言えば時間無駄です。そのような無駄をなくすため、「合わない」担当者は、早急にかえてもらいましょう。

⑤同一求人に複数エージェントから応募するのは絶対NG!

同じ求人に対し、複数の会社からエントリーするのはやめましょう。エージェントの時間の無駄になるのはまだしも、それが理由で担当企業から指導が入るケースもあります。そのため、エージェントからこのような対応をされるのは信頼感を失う行為に当たります。

また、それが理由で応募企業側からあなたに対し不信感を生み出す可能性があることからも、同一求人に複数エージェントから応募するのは絶対NGです。

(1) 大手総合型エージェント

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • JACリクルートメント など

【メリット】

  • 全体の求人案件数が多く、選択肢が非常に多くある。
  • 独占案件(そのエージェントしか持っていない案件)が多い。
  • 手掛ける案件数が圧倒的に多いため、面接のノウハウなどが蓄積されており、転職者にとっては合格を後押しする要素に。 

(2) 中小・業界特化型エージェント

  • コトラ(金融業界)
  • ムービン ストラテジック キャリア(コンサル業界)
  • レバテックキャリア(IT・Web業界) など

※ 業界によって幅広くあるので、この限りではありません。

【メリット】

  • 業界に特化しているので、自分の志望にあった求人の紹介を受けやすい
  • 業界の実情に合わせたキャリアのアドバイスを受けやすい
  • 明確な選考突破のためのノウハウがある

⑶第二新卒や契約社員・アルバイトから正社員への挑戦などにオススメのエージェント

  •  ハタラクティブ(既卒、フリーター、第二新卒など)
  •  ジェイック(既卒、フリーター、第二新卒など)

【メリット】

  • 正社員の職歴がない場合にも対応しており、手厚い支援を受けやすい
  • 就職講座など、就職後必要な基礎スキルを身につけることができる

以上のように、転職エージェントと言ってもさまざまなタイプのエージェントがあるのです。

是非、自分の転職目的にあったエージェントを選んで、実りある転職活動を実現してくださいね。

転職エージェントのご利用をぜひご検討ください!

わからないことが多い20代の転職だからこそ、転職エージェントは利用するべきです!

具体的に転職を検討している場合はもちろん、漠然と考えている段階でも問題ありません。

初めての転職でどうしたら良いのか、ちゃんと転職できるのか不安でいっぱいな人に、転職エージェントは親身に寄り添ってくれます。

同じ就職するための活動ですが、中途と新卒では大きく変わってきます。その点を理解しないで、新卒の気分のまま面接に臨んでしまうと、残念ながらお見送りになってしまうケースが多いのです。

そうならないためにも、転職のプロである転職エージェントと一緒に転職活動を進めて行くのがおすすめです。転職エージェントでは、履歴書・職務経歴書の添削面接対策など、転職に役立つ様々なサポートをしてくれます。ただ、担当になるキャリアアドバイザーによって、サポートの質が変わってくるので、大手転職エージェント2〜3社特化型転職エージェント1社に登録することをおすすめします。その後は、実際に面談へ足を運んでみて、登録した各転職エージェントを比較・検討し、自分と1番相性が合うエージェントと一緒に転職活動を進めて行くのが、転職を成功させる近道です。

そこで、20代の転職におすすめな転職エージェントをいくつかご紹介します。それぞれ、得意分野が違いので、ぜひチェックしてみてください!

まずはここに登録すべし!定番エージェント!

紹介実績、求人数共に業界No1!転職者の8割が利用している転職エージェント。
大手エージェントの場合は特に、担当になるコンサルタントによって質のばらつきがあるため、マイナビと平行しての登録がおすすめ!

リクルートエージェント

特徴
【メリット】

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

【デメリット】

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方


転職者から直接ヒアリングしたリクルートエージェントの評判・口コミとは?

2016.03.04

大手エージェントの中でも、特に20代に強みをもつエージェント!
20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅!

マイナビエージェント

特徴
【メリット】

  1. 大手の転職エージェント
  2. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  3. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  4. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

【デメリット】

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方


マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。リクルートと比べると、多くの求人の中から、コンサルタントが厳選して求人を紹介してくれるスタイル!
マイナビ、リクルートと平行して登録し、比較検討しながら利用するのがおすすめ!

doda

特徴
【メリット】

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます

【デメリット】

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方


実際の口コミから分かるdodaの評判 現役の転職エージェントが評価します!

2017.08.28

第二新卒・未経験転職に強い転職エージェント


ジェイック


第二新卒・未経験の転職に強い転職エージェント。

面接対策・履歴書の書き方・ビジネスマナーなどの無料講座を提供しており、転職決定するまで1対1で個別サポートしてくれます。

特徴
【メリット】

  1. 面接対策・履歴書の書き方の無料講座を受講できる為、面接対策は万全!
  2. 専任のスタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に除外しており、転職後の定着率は94.3%!

【デメリット】

  1. 「無料講座を受講 ➡︎ 求人紹介」 という流れになる為、無料講座の受講が必須となります
こんな人がおすすめ!
  1. 大手の転職エージェントに登録したものの、面接対策に不安のある方
  2. 経歴に自信がないから無料講座を受けてみたい方
  3. フリーターから正社員への就職を目指している方

「大手転職エージェントを利用したけどサポートしてもらえなかった。。」という方も、ジェイックではサポートを受けることが可能です!


ジェイックの評判を転職のプロが徹底分析!気になる口コミなどを大公開!

2018.07.24

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性に人気の事務や残業なし・少なめの求人を多数取り扱い!
女性の方は間違いなく登録しておくべきエージェント!

※サポートエリアが1都3県に限られます。
希望勤務地がサポート対象外の場合は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

type 女性の転職エージェント

特徴
【メリット】

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保有している
  3. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

【デメリット】

  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!

  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人


@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600〜1500万円のハイクラスの求人を豊富に取り揃えている!
ヘッドハンターの質が非常に高い!

ビズリーチ

特徴
【メリット】

  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!

  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方


ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

年収600万~2,000万円のハイクラス求人を数多く保有!
同じコンサルタントが求職者の支援と、企業への営業活動の両方をおこなうためマッチング率が高い。

JACリクルートメント

特徴
【メリット】

  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!

  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方


JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15

エンジニアやクリエイターの転職に強いエージェント

IT業界への転職に特化したマイナビが運営する転職エージェントサービス!
IT・WEB系の求人を豊富に取り扱っているため、この業界へ転職したい人におすすめ!

マイナビIT
特徴
【メリット】

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

【デメリット】

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという方


マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

IT業界の内情に詳しいキャリアアドバイザーが転職をサポート!
転職者1人1人の志向をしっかり把握して、求人を提案してくれるからミスマッチが少ない!

特徴
【メリット】

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 専門用語はもちろん最新技術の話が通じるキャリアアドバイザー

【デメリット】

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方


レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

エンジニアやクリエイターの転職に特化したエージェントは正直多くありません。
エンジニアやクリエイターとして転職したいという方は、レバテックキャリア・マイナビITの両方に登録しておく事をオススメします。