ネットワークエンジニアへの転職!押さえるべき4ポイント~受かる志望動機~

  • !

    エンジニアの需要の高まりとともに、転職を考えるエンジニアの方からの転職相談も年々増加していますが、転職活動の明暗は事前にしっかり準備ができるかどうかで決まります。

    今回は、エンジニア向け、ネットワークエンジニアの志望動機でおさえておきたいこと・注意するべきポイントについてお話したいと思います。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

志望動機は転職活動で戸惑いやすいポイントかと思います。志望動機を考えるときには、まずネットワークエンジニアについてきちんと知ることで、志望動機も書きやすくなりますよ。反対に知らないで志望動機を書くと、企業や職種とはズレた志望動機になってしまいかねません。

志望動機を考えるときは、まずネットワークエンジニアのことを理解し、そして正しい志望動機の書き方を学んでいきましょう。

ネットワークエンジニアの仕事内容

転職エージェント末永 末永

ネットワークエンジニアはIT系エンジニアの中でも、とくに「土台となるサーバー上にネットワークを構築する業務」を担当するエンジニアのことを指します。

ネットワークエンジニアの主な仕事内容は、以下の3つです。

ネットワークの設計 顧客からヒアリングした要望をもとに、ネットワーク構成図や仕様書の作成などをおこなう。
ネットワークの構築 通信機器やソフトウェアの設定、ケーブルの配線などをおこなう。
外部の業者と連携しながら業務を進めていく部分もある。
ネットワークの監視・運用 クライアント企業に常駐するケースが多い。
仕様書やマニュアルに基づいてネットワークに問題がないかを監視し、障害が発生した場合の対応などをおこなう。

ネットワークエンジニアはサーバーと端末や、サーバー同士をつなぎ「ネットワークの設計、ネットワークの構築、ネットワークの監視・運用」などをおこないます。

生活のあらゆるシーンでWeb化が進む現代において、ネットワークトラブルが起こることで様々な場面で影響が出てしまいます。そのため、ネットワークの専門家としてネットワークエンジニアはとても重要な役割を担っているといえます。

ネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違い

ネットワークエンジニアとよく似た言葉として「インフラエンジニア」や「サーバーエンジニア」がありますが、厳密な違いはなく企業により任せる業務範囲が異なります。

例えば、インフラエンジニアでも業務内容にネットワークの構築など、ネットワークエンジニアがおこなう業務が含まれていることもあります。

一方で、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアの業務を総合しておこなう職種をインフラエンジニアとする場合や、サーバーエンジニアとほぼ同義語としてインフラエンジニアという言葉を用いる場合もあるようです。

このように企業によってネットワークエンジニアとして任せられる業務範囲は異なります。ですので、ネットワークエンジニアの求人に応募する場合は事前に募集要項や仕事内容をしっかり確認しておくことが必要です。

ネットワークエンジニアの志望動機作成のコツ

ネットワークエンジニアだけに限った話ではありませんが、志望動機を考えるのに必要なポイントは以下の4つです。

  • 転職理由(現職を辞める理由・不満や課題)
  • 仕事選びの動機(業界・職種への動機)
  • その会社への志望動機(その会社を受けた理由・入社志望理由)
  • 将来を踏まえて自分がやっていきたいこと(仕事を通して大事にしたい軸)

例えば転職理由ならなぜ転職するのかを分かりやすく、なおかつ客観的に見て納得できる理由を伝えると良いです。

仕事選びの動機も同じで、ネットワークエンジニアならなぜネットワークエンジニアを志望したのかを客観的に分かりやすくしましょう。

以下の記事で志望動機の考え方について詳しく解説しているので、合わせてご確認ください。

志望動機に自信がない人へ

転職活動するうえで志望動機に自信がない人は、転職エージェントに相談してみてしっかりアドバイスを受けてみるのも一つの手です。

転職エージェントは履歴書や職務経歴書に記載する志望動機を添削してくれますし、書類作成のアドバイスなど書類選考の通過率が高まるようにサポートしてくれます。

転職活動は書類選考を通過しないことにはなかなか次のステップに進めないので、志望動機が上手く作成できない人は一度転職エージェントに相談してみてください。

オススメの特化型エージェント

  • マイナビIT AGENT
    大手マイナビが運営するITエンジニア向けの転職エージェント
  • レバテックキャリア
    ITエンジニア経験者向けのハイクラスIT求人が多数!キャリアUPを狙うエンジニア定番のエージェント

ネットワークエンジニアの志望動機の書き方【例文】

先ほど解説した志望動機を書くコツを踏まえて、志望動機の書き方と例文を紹介していきます。

以下では、ネットワークエンジニアの経験者と未経験者で志望動機の書き方を掲載していきます。

それぞれ是非参考にしてみてください。

ネットワークエンジニア経験者が転職する場合の志望動機

「なぜネットワークエンジニアになったのか」「どうして今回転職を希望するのか」を振り返り、以下の点をしっかりと明確に自身を分析して、具体的なイメージをして志望動機を書くようにしましょう。

  • 目標としているネットワークエンジニアとしての姿、なぜその企業なのか
  • なぜ今の企業(現職)ではダメなのか
  • その企業でネットワークエンジニアとして何をしたいのか
  • その企業でこれまでの経験で何ができるのか

転職の理由が例えば「年収アップ」「現職との人間関係や社風が合わない」などと言った理由であっても、それだけを志望動機にしてしまうと企業にネガティブな印象を与えてしまいます。

今後のネットワークエンジニアの目標などを明確にしてご自身をアピールしていくことがポイントになります。

ネットワークエンジニア経験者向けに志望動機の例文テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルをまとめましたので、是非参考にしてください。

志望動機の例文

現職ではアプリケーションエンジニアとして、アプリケーションの開発業務に従事しております。この度新たにネットワークエンジニアとしての業務経験を積み、新たな領域に挑戦していきたいと思っております。御社はネットワークエンジニアの研修が充実しており、私もエンジニアとして未経験の領域になりますので、1から学ばせていただきたいと思い志望致しました。また、その先ではネットワークエンジニアとして様々な案件を遂行できるようにスキルアップして御社に貢献していきたいと考えております。

ネットワークエンジニア未経験者が転職する場合の志望動機

ネットワークエンジニア未経験者にとっては、ITについての知識や業務経験がないので、具体的に将来をイメージできない人が多いかもしれません。

この場合は、未経験だからこそ「ネットワークエンジニアに興味を持った理由」をしっかり伝えることが大切です。

  • なぜネットワークエンジニアなのか
  • 経験がない分、何ができるのか・その企業で何をしたいのか・あなたがその企業にどのような利益を残せるのか

ネットワークエンジニアには「コミュニケーション能力」「ネットワークに関する専門知識や最新技術習得する(しようとする)能力」が見られるポイントにもなるので、この点もご自身でアピールできる部分があればしっかり熱意を伝えましょう。

誰でも話すことのできる「御社の社風にあこがれて」や「教育体制がしていて自分が成長できる」など一般的でありきたりな志望動機ではなく、あなたにしか言えない志望動機であるとインパクトが強くなります。

ネットワークエンジニア未経験者向けに志望動機の例文テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルをまとめましたので、是非参考にしてください。

志望動機の例文

現職は将来性が不透明であり、今後も活かせるスキルを身に付けるために転職を決意致しました。数ある職種の中でもエンジニアは今後も需要があり、さらにクリエイティブな一面がある仕事だと考えております。また、ネットワークエンジニアは現代社会には不可欠なネットワークの基盤を作る仕事でもあります。社会貢献度の高さもネットワークエンジニアの魅力だと思い、志望致しました。

ネットワークエンジニアの志望動機NG例

次にネットワークエンジニアの志望動機で、やってはいけないNG例を紹介していきます。

上記のポイントをそれぞれ例文つきで紹介していきます。

現職の不満が理由

現職の不満が理由【例文】

現職はリモートワーク推奨ではありますが、出社をしないと1部の人から嫌な顔をされてしまいます。そのことを上長に相談したのですが、さらに人間関係が悪化してしまいました。それが理由で現職にも居難くなってしまい、転職を決意致しました。

転職エージェント末永 末永

現職の不満だけを志望動機にするのはNGです。企業の不満を志望動機にするとあなたが他責思考であると懸念されてしまいます。

どの企業にも良いところと悪いところはあるものです。それなのに悪い面を言ってしまうと、面接官は「転職後の会社のマイナス面を見て、再び退職してしまうのでは?」と考えてしまう可能性があります。

内容に具体性がない

内容に具体性がない【例文】

キャリアアップしたいと思い転職を決意致しました。私が聞いた話では、エンジニアは需要が伸びてきており、キャリアアップしやすいと聞いたため、エンジニアを志望致しました。

転職エージェント末永 末永

これは割とありがちな志望動機です。キャリアアップしたいとだけ書いても、なぜキャリアアップしたいのかが明確ではありません。

また、応募した企業でなぜキャリアアップできると思ったのかも不明で「自社で求めていることができないと思ったらまた転職してしまうのでは」と懸念されてしまう可能性もあります。

ネットワークエンジニアの仕事のやりがい

ネットワークエンジニアが感じている仕事のやりがいとは何か、実際にネットワークエンジニアとして働いている人の口コミを紹介していきます。

専門性が高くやりがいを感じる
ネットワークエンジニアの仕事は、ネットワークの設計や機材のセッティングなど専門性が高い業務が多いです。なので、専門性を問われる知識やスキルが必要になるため、自分たちにしかできない仕事だと実感しやすいところにやりがいを感じます。
チームの一体感が強い
ネットワークエンジニアは1つのプロジェクトが終わるまで1年以内かかることがあります。大規模なシステムを導入する場合ではありますが。そのようなプロジェクトでは他部所と協力することもあり、多くの人と1つのゴールに向かって進んでいくところがやりがいがあります。
社会貢献度が高い
ネットワークエンジニアは現代社会では欠かせないネットワークを設計します。そのため、非常に社会貢献度が高い仕事であると実感でき、やりがいを感じています。今では様々な企業がネットワークを使って仕事しているので、ネットワークエンジニアは現代社会では欠かせない仕事だと思います。
年収が高い
年収が高いことが1番のやりがいです。ネットワークエンジニアは需要の割に人材も少ないので、希少性があります。それと、スキルや経験をつけていくことで年収も上がっていくので、頑張って続けていけば稼げるようになると思います。

ネットワークエンジニアに必要なスキル

まずネットワークエンジニアで必須になるのはネットワークの知識です。

ネットワークエンジニアは、Webネットワークに関するエキスパートといえるので「IPアドレス」や「Linux」などスマホやタブレットに関する基礎知識を理解し、あらゆる危機的状況に対応できる能力を身につける必要があります。

また、業務においては、ネットワークの知識を持っていない他部署の担当者やサービスの利用者とのコミュニケーションが必要とされる場面に多々遭遇します。

Webネットワークの専門家として、様々な知識レベルの相手でも理解できるよう、要点をわかりやすく説明する能力も必要とされるでしょう。

身につけておくと役立つ資格としては、以下の資格が挙げられます。

  • 基本情報技術者資格
  • CCNA
  • Cisco

上記の資格があると基本的な知識があると評価してもらいやすく、有利に転職活動を進められる可能性が高まります。

ネットワークエンジニアのニーズ・将来性

ネットワークエンジニアのニーズは今後もなくなることは無いといえるでしょう。

なぜならネットワークエンジニアはシステムの土台となるインフラ部分の作業を担当しており、あらゆるサービスがそのインフラを基盤として動いているためです。

しかし、AmazonのAWS等のクラウドサービスの普及により、従来自社ですべてをおこなっていたサーバー・ネットワークの構築や保守・運用にかかる工数はかなり減っているのが現状です。

そのため、手を動かして雑多な業務をこなすことができるだけでは活躍の幅はどんどん減ってしまう可能性もあります。

また、エンジニアとしてネットワーク分野に限らず幅広い知識やスキルを持っている人材や、クラウドに精通した知識を有する人材が求められる時代になっています。

これらを踏まえると、早い段階から積極的に勉強会へ参加し、知識をつけておくことでネットワークエンジニアとしての将来性を担保できるでしょう。

ネットワークエンジニアの志望動機を作るなら

ネットワークエンジニアの志望動機を考えるなら、転職エージェントに相談するのも1つの手です。

転職エージェントを利用すれば、プロのキャリアアドバイザーが志望動機を添削してくれるので、企業により刺さる志望動機を作れます。転職エージェントは求人紹介や面接対策も実施してくれますが、まだ転職に迷っている人は志望動機を作る手伝いをしてもらう程度でも良いでしょう。

志望動機が作成でき次第、転職エージェントが紹介してきた求人で魅力的なものがあればそのまま応募しても良いですし、なければ転職エージェントを使わずにご自分で転職先を探しても良いです。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

ポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

ポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェント
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント