海外転職を成功させる方法は?求められるスキル&英語面接も徹底解説

  • !

女性 仕事 社会人 オフィス

    海外転職を成功させる方法をはじめ、求められるスキルや英語を話せないと難しいのかどうかについて解説しています。

    また、英語面接の対策や海外転職が決まった場合のスケジュールについてもご紹介します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

海外転職を成功させる方法

海外転職を検討している人の中には、海外で働くにはどんな方法があるのか、具体的に見つけられていない人もいると思うんです。

そこで海外で働くための方法を以下に3つ挙げてみました。

  • 海外を拠点にしている日本企業の現地採用に応募する
  • 日本企業以外の海外の現地採用に応募する
  • 日本企業で働いて駐在員として海外に赴任する

海外を拠点にしていたり海外に進出したりしている日本企業に絞って応募していくと、それだけ海外転職できる可能性を高めることができます。

また、日本以外の外資系企業で現地採用されるケースもありますが、国際的なビジネスマンとしての能力や資質が問われますね。

さらに日本企業で働き続けて海外支社、または現地法人の出向を狙うという方法もアリです。ただし、会社の命令で動くことになるため、自分が希望する事業内容や期間ではない場合もあるので注意しておきましょう。

未経験なら有形商材の海外営業がおすすめ

営業経験がない人でも海外営業へ転職することは可能です。ただ、未経験者の場合はゼロからスキルを習得する必要があるため、それだけ難易度は高くなりますね。

とはいえ、不可能というわけではありません。まずは、海外営業で評価してもらえるように、有形商材の法人営業の経験を積むことからスタートすることをおすすめします。

未経験から海外営業に転職したい人に向けて、より詳細に解説している記事があります。ぜひこちらも合わせて読んでみてくださいね。

関連記事海外営業に未経験で転職する方法|求人情報や成功させるコツを徹底解説

コロナウイルスの影響で海外転職が難しくなっている

海外転職を希望している人も多いと思いますが、2021年現在では新型コロナウイルスの影響により入国規制をしている国もあります。そのため、海外転職の求人が少なくなっています。

だからこそ、自分の行きたい国がどのような状況であるのか、事前にしっかりと調べておくことが重要だと言えますね。

外務省の海外安全ホームページに、新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置について情報が発信されています。

また、入国する際の条件や行動制限措置についても記載されているので、しっかりと確認した上で海外転職を検討するようにしましょう。

海外転職で求められるスキル

海外転職をするにあたり、どんなスキルが求められるのか押さえておきたいところですよね。

そこで海外転職の際に求められるスキルを以下に3つ挙げてみました。

  • 柔軟性
  • コミュニケーション能力
  • 特殊なスキルや経験(エンジニア・電気設備士など)

上記に挙げた3つのスキルは習得しておくようにしましょう。

一般的に海外転職できる年齢は40代くらいが上限ですが、上記に挙げたスキルがある人なら40代以上の人でも転職できる可能性はありますね。

しかし、20代のほうが有利になることには変わりないので、海外転職を希望するならできるだけ早めに行動を起こすのがおすすめですよ。

とはいえ、自分1人でどの企業が海外進出しているのか、海外に拠点を置いているのか探すのは大変だと思います。ですが転職エージェントを利用すれば、あなたが希望する条件に合わせて求人を提案してもらえますよ。

以下におすすめの転職エージェントをまとめてみましたので、自分に合ったところを比較して活用してみてくださいね。

おすすめの大手転職エージェント

ハイクラス向け転職エージェント

  • ビズリーチ
    年収600万円以上の優良求人が集まる転職サイト。企業やヘッドハンターからのスカウトがもらえる
  • JACリクルートメント
    日系・外資系大手企業の専門職・幹部クラスの求人に特化

海外転職をしたいなら英語を話せないと難しい

結論から申しますと、海外転職をしたいと考えているなら英語が話せないと難しいですね。もちろん、企業によって英語が話せなくても気にしないというケースもありますが、語学力があることを最低限として考えている企業のほうが多いんです。

海外で活躍するためには、TOEICのスコアが700点以上必要だと言われています。アジアやアメリカのほうではTOEICのスコアを面接時に質問され、イギリスではTOEFLのスコアを質問される傾向が見られますね。

TOEICやTOEFLのスコアも大切ですが、ビジネスレベルでの英会話ができれば即戦力として認められやすいですよ。

中には完璧に英語を話せる必要はないと考えている企業もあります。そこで、英語を話せなくても海外転職できる人の特徴を以下に挙げてみました。

  • 企業側が求める特殊なスキルを持っている
  • 日本語をベースとした仕事であり日本人を対象としたビジネスをしている

上記に該当する人であれば、完璧に英語が話せなくてもOKです。また、エンジニアやデザイナーなどのスキルを活かした転職なら英語が話せなくても良いケースがありますね。

英語力はその企業や職種によっても変わってくる部分なので、事前に自分が希望する企業がどのレベルの英語力を求めているのか確認しておくようにしましょう。

英語を話せない人向けおすすめの仕事2選

英語が話せない、または英語を話すのがあまり得意ではないという人に向けて、おすすめの仕事を2つ、以下にまとめてみました。

  • コールセンター
  • 日本食レストラン

コールセンターの仕事は、海外でも英語を話さずともできる仕事として有名です。カスタマーが日本人なので、英語が話せなくても大丈夫ですよ。

また、コールセンターと一言で言っても、旅行業界や通販業界まで様々な担当があり、返品・交換のお問い合わせや発注センター内での受付受注などがあります。

ただし、仕事内容があまり変わらないため、昇給制度がないケースもほとんどなのでネックになってしまうかもしれませんね。

日本食レストランでも英語力がなくても大丈夫なケースがあります。なぜなら、日本人もしくは日本語がわかるスタッフが多い傾向にあるからです。

ですので、シェフとしてチャレンジしたい人や将来独立を考えている人におすすめですよ。実際に英語が話せず日本語だけしか話せない人がシェフとして海外転職するケースも多いようです。

海外転職での英語面接対策

海外転職をする際には、日本とは違って英語面接が基本となります。とはいえ、自己紹介や志望動機などを話すという点は日本と同じです。

ただ、対面で英語面接をおこなう場合は、入室後に軽く挨拶をしたり握手をしたりします。挨拶や握手を済ませた後には、緊張をほぐすためにアイスブレイクの時間があります。

アイスブレイクはお互いの距離を縮めるための簡単な会話をするので、YES・NO以外で答えるようにするのがベストだと言えますね。

英語面接の対策については、以下の記事でさらに詳しくご紹介しています。ぜひ、こちらも合わせて参考にしてみてください。

関連記事外資系企業に転職する際のポイントは?英語面接の対策も徹底解説!

海外転職が決まった場合のスケジュール

海外転職が決まった場合、どのようなスケジュールで動くことになるのか、事前にきちんと知っておきたいですよね。

そこで、海外転職が決まったら具体的にどのようなスケジュールで動いていくようになるのか、以下に挙げてみました。

上記に挙げたスケジュールについて、それぞれ詳しくお伝えしていきますね。

⒈ビザの申請や取得

日本企業の海外駐在員として勤める場合は、社会保険などを継続できることがあります。現地で働くために必要なビザも会社で申請・取得手続きをしてもらえるところが多くなっています。

ただし、現地採用の場合は、外国人がその国で働くための許可証のような就労ビザの手続きが必要になります。また、合わせて日本の社会保険などの手続きも、自分自身でおこなわなければなりません。

とくにアメリカは国内情勢から外国人の不法労働に対して非常に厳しいので、事前にきちんと必要な手続きを済ませておきましょう。

さらに、失業者や難民の多い国は就労ビザの取得が困難な状況にありますね。そのため、欧米よりもアジアのほうが転職しやすいと言われています。

⒉海外転出届の提出

1年以上にわたり海外で生活を送る場合には、市役所または区役所に「海外転出届」を提出する必要があります。簡単に言ってしまえば、住民票を抜くという手続きになりますね。

原則として出国する14日前から手続きすることが可能となっており、自治体によっては1ヶ月前から受け付けている場合もあります。

ただ、海外転出届の提出は義務ではありません。保険や年金などにも大きく関わってくる部分でもあるので、事情によっては提出しないことを選択することも可能ですよ。

⒊住民税・社会保険や年金の手続き

海外へ行くとなった際には、住民税や社会保険・年金の手続きが必要になってきます。

具体的にどのように手続きを進めたら良いのか、以下の表にまとめたので、参考にしてみてください。

住民税 住民税は毎年1月1日に住民票がある市区町村から課税されるもので、前年度の所得を元に課税額が決定されます。そのため、いつ日本を発つのかによって納付金額が異なります。

例えば2021年7月から海外で暮らし始める場合は、住民税の支払い義務は2022年5月分まで続きます。

海外転出届の手続きが1月1日をまたいでしまうと、前年度1年間分の住民税を納める義務が生じるため注意が必要です。
国民健康保険 海外転出届を提出すると日本国内に居住していないことになるため、国民健康保険の権利が自動的に抹消されてしまいます。ですので、保険証は必ず住民票がある役所に返却しましょう。

住民票が除票されると加入不可となるため、現地の会社がどのように保険を負担してくれるのか入社時に確認が必要です。

海外の会社も国民健康保険に近しいものを負担してくれるケースが多いものの、突然の事故などに備えて事前に自分で保険に加入しておくことをおすすめします。
国民年金 国民年金も海外転出届を提出することで加入義務がなくなります。これは海外在中期間の支払いをしていない分、将来の受取金額も減ってしまいます。

将来的に再び日本に戻ってくる予定の場合は、任意で加入して保険料を支払い続けることが可能です。ですので、万が一のために任意加入しておくのが良いでしょう。

年金を受け取るためには25年間の加入期間が必須とされていますが、海外生活をしていた期間は実際に国民年金に加入していなくても「合算対象期間」とみなされ、加入期間を満たすことができますよ。

上記の記載内容はあくまでも簡易的にまとめたものです。

さらに詳細について知りたい人は、年金事務所や区役所・市役所のホームページを確認、直接問い合わせてみてくださいね。

⒋現地での在留届の提出

海外に3ヶ月以上滞在する場合には、在留届を提出する必要があります。これは海外に住み始めてから、行き先国の日本大使館・総領事館に「在留届」を提出する形となります。

在留届には到着日・住所などを記入する欄があるので、現地に着いてから正確に記載して提出するようにしましょう。

なぜ、この在留届の手続きが必要なのかと言いますと、現地で事件や災害などの緊急事態が起きてしまった際に、この在留届を元に安否確認をしてもらえるからなんです。

現在では外務省の「オンライン在留届(ORRネット)」からも登録することが可能となっていますよ。

海外転職を考えている人におすすめの転職エージェント・サイト

海外転職を考えている人は、転職エージェント・転職サイトの利用をおすすめします。自分1人で海外求人を探すのはなかなか難しいですし、英語面接の対策をおこなうのも大変ですよね。

しかし、転職エージェント・転職サイトを利用すれば、あなたの希望に合わせてキャリアアドバイザーが海外求人をいくつか提案してくれますし、英語面接の対策もバッチリおこなってくれます。

今回は海外転職を検討している人におすすめしたい転職エージェント・転職サイトをいくつかご紹介していきたいと思います。

上記に挙げた5つの転職エージェント・転職サイトの詳細について、次でそれぞれ詳しくお話していきますね。

ビズリーチ

ビズリーチは優良企業や一流のヘッドハンターから届くスカウトをきっかけに、非公開求人を含む求人情報を選ばれた人にだけ届ける、ワンランク上のキャリアの実現を支援する転職サイトです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

求人数 約6万2,000件(2021年8月時点)
非公開求人数 非公開
エリア 全国・海外
料金 有料プラン・無料プラン
特徴 エグゼクティブ・ハイクラス求人が豊富

サービスを利用する際には「プレミアムステージ(有料)」「スタンダードステージ(無料)」の2つが用意されています。ステージによって利用可能なサービスの幅が大きく異なるので、積極的に転職活動を進めたい人はプレミアムステージがおすすめです。

また、時期によって変わってはくるものの「英語力を活かせる求人特集」「海外勤務求人特集」などもあるので、海外への転職を検討している人にもぴったりだと思いますよ。

以下の記事では、ビズリーチについてさらに詳しく解説しているので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

関連記事ビズリーチの評判を徹底分析!口コミから分かる強みと弱みを解説

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、管理職クラスや外資系企業をはじめ、ハイクラスの転職支援に強みを持つ転職エージェントです。

アジア・英国など世界11ヶ国に広がるネットワークを活用した経験豊富な支援実績があるという部分が大きな魅力となっていますね。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

求人数 約2万5,000件(2021年8月時点)
非公開求人数 非公開
エリア 全国・海外
料金 無料
特徴 ハイクラス層・外資系企業求人が多数

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーは、両面型のエージェント(個人担当と企業担当が同じ人)である点が大きな特徴であり魅力となっています。担当者1人につき5社しか担当していないため、その5社に関しては他よりも圧倒的な情報量とパイプがあります。

企業情報に精通したキャリアアドバイザーが多く、他の転職エージェントでは得られないような企業の詳細情報を持っているのも大きな魅力です。

ただし、転職者がその5社に興味がない場合は、担当者が次々に変わってしまうという点が少々ネックになるかもしれませんね。

また、基本的にどの業種も対応していますが、製造業や製薬メーカー・バイオや化学などの専門性が高い分野の転職に強みを持っています。

以下の記事では、JACリクルートメントについてさらに詳しく解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

関連記事JACリクルートメントの評判は?転職のプロが本音で解説します!

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職支援実績No.1の転職エージェントです。他社と比較して求人数が圧倒的に多く、業界最大級の非公開求人を保有しているのも大きな魅力です。

選択肢の提供に価値を置いているため、できるだけ多くの求人を比較したい人や自分の市場価値を把握したい人などにもおすすめですね。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

求人数 約12万7,500件(2021年8月時点)
非公開求人数 約19万600件(2021年8月時点)
エリア 全国・海外
料金 無料
特徴 転職実績No.1!業界最多の求人数

リクルートエージェントならではの企業とのパイプを活かし、金融やコンサルタント・営業や企画など豊富な求人を保有しています。

各業界に精通したキャリアアドバイザーがあなたのスキルや経験に合った求人を提案してくれます。公式ホームページでは、キャリアアドバイザーが写真付きで紹介されているので、初めての人でも安心感がありますよ。

履歴書や職務経歴書の添削・面接対策もこれまでの転職支援実績を活かしたサポートをしてもらえます。さらに、リクルートエージェントが独自に分析した業界・企業情報も得られます。

以下の記事では、リクルートエージェントについてさらに詳しく解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

関連記事【元社員による暴露】リクルートエージェントの評判の真偽!

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで、業界第2位の転職エージェントです。業界トップクラスの求人数を保有しており、転職者満足度No.1となっているのが魅力の1つです。

都市部の求人を数多く取り扱っているため、自分にどんな仕事が合うのかわからないという人や、できるだけ多くの求人から自分に合った転職先を探したい人におすすめですね。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

求人数 約9万5,000件(2021年8月時点)
非公開求人数 非公開
エリア 全国・海外
料金 無料
特徴 求人の8〜9割が非公開求人で大手企業求人が豊富

dodaの大きな特徴は、転職エージェントと転職サイトが一体型になっているという部分ですね。自ら求人検索ができますし、キャリアアドバイザーへの相談も同時にできるので、スムーズに転職活動を進めることが可能です。

それだけではなく、年収査定や自己PR発掘診断など、様々なお役立ちツールも用意されているため、自分の市場価値をはじめ転職する上で活かせるサービスが多く提供されています。

グローバル人材の採用動向やインタビューのコラムやレポートも掲載されているので、海外転職を検討している人にもおすすめですよ。

以下の記事では、dodaについてさらに詳しく解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

関連記事dodaの悪い評判って実際ホント?転職のプロが徹底解説!

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒領域No.1の転職エージェントです。

大手転職エージェントの中でも新卒を積極的に採用している企業とのパイプが強く、第二新卒歓迎求人や業種未経験でもOKな求人を豊富に保有しているのが大きな魅力ですね。

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

求人数 約2万8,000件(2021年8月時点)
非公開求人数 約2万9,800件(2021年8月時点)
エリア 全国・海外
料金 無料
特徴 20代〜30代前半など若年層向け求人が多数

マイナビエージェントは20代の転職支援に強みを持っており、34歳までの登録者は全体の約80%以上を占めています。

転職者1人1人に対するレスポンスが早く、丁寧に寄り添った手厚いサポートが受けられるので、安心して転職活動を進めることができます。

実際に、他者エージェントの書類選考通過率は約20%となっていますが、マイナビエージェントは通過率が約50%と他者よりも高くなっています。

以下の記事では、マイナビエージェントについてさらに詳しく解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

関連記事マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本音でぶっちゃけます!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント