海外転職・海外勤務したい人必見!海外で働く際のポイントとコツ

海外に興味があって転職を検討している方もいるのではないでしょうか?

興味があっても、英語を話せないとか海外での経験がないという悩みを抱えている方も中にはいると思います。

ただ、現在では海外で活躍できるよう、転職フェアなどが開催されています。

今回は、海外転職に関する情報をご紹介していきたいと思います。

海外で働きたい!どうしたらいいの?

今は昔と比べてグローバル化してきているため、海外で活躍していきたいと考える方も増えてきています。では、どのようにして海外転職をすれば良いのでしょうか?

その方法についてお伝えしていきたいと思います。

海外で働くための方法とは?

海外で働くための方法は以下の3つです。

  1. 日本企業で海外拠点にしている現地採用に応募すること
  2.   
  3. 海外の日本企業以外の現地採用に応募すること
  4.   
  5. 日本企業に勤務をして、駐在員として海外に赴任する
  6.   

まず1つ目の方法としては、「日本企業で海外拠点にしている現地採用に応募すること」。

海外に進出している企業が増えてきているので、そういった企業に応募していくと海外転職できる可能性が高くなります。

2つ目は「海外の日本企業以外の現地採用に応募すること」です。

日本以外の外資系企業で現地採用されるパターンで、日本人であることのアドバンテージがあまりないので、国際的なビジネスマンとして能力・資質が問われます。

3つ目は「日本企業に勤務をして、駐在員として海外に赴任する」というものです。

日本企業で採用されて働く中で、海外支社や現地法人の出向になるというパターンを狙うやり方です。

会社の命令で動くことになるため、自分が希望する事業内容や期間ではない場合もあることを忘れずに。

海外で働くまでにすべきこととは?

海外で働くまでにすべきことをしっかり把握しておくのは大事なことですよね。どんなことをしておくべきなのか、お話していきたいと思います。

海外転職の前にしておきたいことは、下記の通りです。

上記について詳しくお伝えしていきたいと思います。

気になる企業の公式HPで求人情報を探す

まず、大事なのは自分が気になる企業で求人募集を行なっていないかどうか確認することです。

公式HPで募集されていることもあるため、公式HPには目を通すのが無難です。

転職サイトで検索する

転職サイトに登録をして自分が気になる企業があるかどうか、検索をしてみましょう。

もしかしたら1ヶ所だけではなく、他社のサイトでも求人情報を扱っているかもしれません。

転職エージェントに登録をして、企業との仲介を依頼する

海外転職となると自身での活動に限界があるので、転職エージェントに登録して企業との仲介をお願いしましょう。

エージェントは転職のプロとして、これまでにも多くの転職者をサポートしてきています。仲介をしてもらうことにより、海外転職の成功率を高めることができます。

海外転職の応募書類の作成

転職サイト、転職エージェントに登録をして仲介をお願いすることになれば、次は履歴書・職務経歴書などの応募に必要な書類作成の準備に入ります。

必要だと言われているのは「英語のカバーレター」「英語のレジュメ(職務経歴書)」「日本語の履歴書」「日本語の職務経歴書」の4つ。カバーレターというのは、レジュメに添える挨拶状のことです。

どんなスケジュールになるのか?

海外転職をする上でどのようなスケジュールになるのか、想像がつきますでしょうか?次にスケジュールについてご紹介していきたいと思います。

海外転職をする際のスケジュールは、下記の通りです。

上記の4つについて、詳細をお伝えしていきます。

ビザの申請・取得

日本企業の海外駐在員として勤める場合、社会保険などを継続できることがあります。現地で働くのに必要なビザも会社で申請・取得手続きをしてもらえるところがほとんどなんだとか。

ただし、現地採用の場合は就労ビザ(外国人がその国で働くための許可証のようなもの)・日本の社会保険などの手続きを自分自身で行う必要があります。

特にアメリカは国内情勢から外国人の不法労働に厳しいため注意が必要です!

また、失業者や難民が多い国は就労ビザの取得が困難な状況になります。欧米よりアジアの方が転職しやすいと言われている理由は、このためのなのです。

海外転出届の提出

1年以上にわたり海外で生活をする場合には、市役所または区役所に「海外転出届」を提出する必要があります。簡単に言ってしまえば、住民票を抜くという手続きになります。ただ、海外転出届は義務ではないのです。

保険や年金に大きく関わってくるので、事情によっては提出しないことを選択することも可能です。

住民税・社会保険や年金の手続き

①住民税

住民税についてですが、日本をいつ発つのかによって納付金額が異なってきます。その詳細につきましては、市民税課などに役所の窓口にてご確認ください。

②国民健康保険

住民票を抜くと、国民健康保険からも脱退することになります。保険料の納付をしなくてもよくなりますが、その代わりに保障がなくなってしまいます。

そのままでは、現地にて怪我や病気をした時に大変です。いざという時でもきちんと対処できるように、任意保険への加入がおすすめです。

海外で活躍してる方の中には、あえて海外転出届を提出しない方もいます。その理由は、国民健康保険を継続させるためなのです。

国民健康保険から脱退する際には、できるだけ日本で今受けておくべき治療を済ませておくのが良いです。

特に歯科治療は脱退する前に治療を済ませておくようにしましょう。任意保険の多くは、歯科治療を保険金支払いの対象外となっているためです。

比較的に現地での治療は日本とは違い、高額になっているケースが多いので注意が必要です!

③国民年金

国民年金保険料は「納付しない」「任意加入をして納付し続ける」この2つから選択可能です。任意加入の場合には、国内に親族などの協力者が必要です。

国民保険料を納付しない場合、「未納期間」が生じて将来に受け取れる年金が減少します。だからこそ、追納手続きを帰国後に行うかどうか、検討をしましょう!

ここで覚えておきたいことがあります。それは、日本と行き先の国の社会保障協定の有無、海外派遣の場合の年数により、行う手続きが異なる点です。

詳細について知りたい方は、年金事務所や区役所・市役所に問い合わせてみてください。

現地での在留届の提出

海外に3ヶ月以上滞在する際には、在留届を提出することになります。最寄りの日本大使館、総領事館に「在留届」を提出するのですが、これは海外に住み始めてからになります。

なぜこの届出が必要なのかというと、現地で事件や自然災害などの緊急事態が起きた場合、この在留届をもとに安否確認が行われるためなのです。

在留届には、到着日・住所などの記入欄がありますので、現地に着いてから提出します。 今は外務省の「ORR net」からも登録可能となっています。

海外転職英語話せないけど

海外転職がしたいと考えていても、どのくらい語学力が必要なのか気になりませんか?

TOEFLやTOEICがテストをおこない、自分がどの程度英語を理解できているのか数値化して知ることができます。海外で活躍するために必要な語学力はTOEICでは、最低でも700点以上必要だと言われています。

アジアやアメリカの方ではTOEICが、イギリスではTOEFLを面接時に質問されることがあります。

なかには語学力を気にしていないという企業もあります。その理由は「英語を話せるのは当たり前のことだから」というものです。

語学力があることを最低限に考えている企業もあるので、語学力がないと仕事をする上で大変になってしまいます。もちろん、中には完璧に英語を話せる必要はないと考えている企業もあります。

その理由は以下のようです。

  • 「英語の他に企業側が求める特殊なスキルを持っている」
  • 「日本語をベースとした仕事、日本人を対象としたビジネスに関わっている
  • 上記の理由でしたら、語学力が完璧ではなくてもOK。

    エンジニア・デザイナーなどスキルを生かす転職であれば英語を話すことができなくても大丈夫ですよね。

    日本企業の海外駐在なら、専門分野を磨けば英語を話すことができなくても、何とかなります。

    語学がダメだったとしても、半年も経過すれば何とかなってしまうことも多いです。もちろん、個人差があると思いますので慣れるまでの時間はそれぞれだと思います。

    海外でも英語を話さずともできる仕事というのはあります。それはコールセンターの仕事で、非常に有名です。

    旅行業界や通販業界まで様々な担当があります。返品・交換のお問い合わせ、発注センター内での受付受注などです。

    業務未経験、英語力不問としていることが多い理由としては、お客様が日本人だから英語を話せなくても良いということなのです。英語が話せなくても良いけれども、仕事内容があまり変わらず昇給制度もない点が少々ネックにはなります。

    現地の企業によっては、「他の仕事のオファーがもらえなかった人材」と判断して、転職しづらくなってしまうことも…。

    また、日本食レストランも英語力がなくても大丈夫なこともあります。

    シェフとしてチャレンジしたい方や、将来独立を考えている方には良い選択肢と言えます。労働環境はラクではありませんが、料理人として頑張っていきたい方やキャリアアップを望む方におすすめです。

    海外転職するにあたって必要な資格はある?年齢制限はある?

    海外転職するにあたって必要な資格があるなら、知っておきたいと思うものですよね。海外転職で有利な年齢は、25〜35歳です。その理由は5つあります。

    1. 社会人経験が3〜5年あり、仕事を一から教える必要がない
    2.   
    3. これから働き盛りの年齢で体力的にまだタフだから
    4.   
    5. 柔軟性・吸収力がまだある
    6.   
    7. 年齢ピラミッドのバランス的にマネジメントがしやすい
    8.   
    9. 語学などもまだ吸収できる年齢
    10.   

    吸収力と経験値のバランスが最も良いのが25〜35歳なのです。海外で活躍する人材として、とても良い時期になリます。

    そして、海外転職できる年齢制限は40歳くらいまで。働き盛りを超えた年齢である40歳は、負の印象を企業側に与えてしまいがちです。ですから、海外への転職を希望するのでしたら、40歳までに行動に移すことをオススメします!

    40歳を過ぎても次に該当する方でしたら、海外転職できる可能性があります。

    1. 特殊な技能を持っている職人(エンジニア・電気設備士)
    2.   
    3. 日本でも引く手数多のスキル(プラントの施工管理など)
    4.   
    5. ビジネスレベルで特殊な言語が話せる(英語・中国語以外)
    6.   

    30代の転職者なら、今勤めている会社のスキルを向上させるのが良いでしょう。そのスキルをさらに磨いてから、海外転職するとよりいいです。

    一方で、持っていても海外転職に生かせないスキルがあります。

    それは以下の通りです。
    1. サービス業界での経験(製造業の職人系なら、高齢の方でもOK!)
    2.   
    3. 部下の育成・マネジメント・人事総務・企画など
    4.   
    5. 様々な業界での経験(1つのスキルを極めた方がニーズも高い)
    6.   

    海外転職には生かせるスキルと、生かすことのできないスキルがあります。この点を知っておきだけでも、見方や考え方、求人の探し方も変わってくるのではないでしょうか。

    現在、20〜30代の方で海外転職を検討されているなら、何か1つのスキルを極めることをオススメします!

    転職フェアで海外の仕事を知る

    最近では転職フェアというものが開催されているのですが、転職フェアというものをご存知でしょうか?

    様々な企業がブースを設けて、転職希望者に対し企業説明や面接を行う合同説明会のことです。開催されることが多いのは、2〜3月と9月前後です。大規模な転職フェアは、東京・大阪・名古屋・福岡の4都市を中心に行われています。

    ほとんどの転職フェアは、入場料無料で予約不要、入退場が自由なので気軽に入ることができます。また、個別企業のブースとは異なり各種セミナーや、個別相談会も実施しています。

    転職フェアの最大の魅力は、企業担当者と直接会話ができるという部分です。ネットでも色々な情報が飛び交っていますが、それが全て正しい情報とは限りませんよね?

    企業の実態を知るためにも、転職フェアに参加をしてみるというのもアリです。

    応募したい企業があるのであれば、転職フェアを行なっていないか確認してみましょう。

    転職サイト内でスケジュールを確認できるようになっていますし、ネット上で「転職フェア スケジュール」と入力して検索しても情報が出てきます。

    大手転職サイトであれば、海外企業の転職フェア情報を確実に知れると思いますよ!

    求人情報には記載されていない仕事内容・企業情報を知ることができるのでおすすめです。

    ここ数年では、「これから訪問する企業だから知っておきたい」「こんな事業が成り立っているのかという情報収集をしたい」という理由から参加している方もいます。興味深いセミナーも開催されているので、セミナー目的で参加している方もいますよ。

    転職を検討している方は、1度試しにどのようなものであるのか確認の意味も込めて、参加してみてはいかがでしょうか?

    おすすめ転職サイト・転職エージェント

    転職する時に皆さんはどのように活動されていますか?ここではぜひ使っていただきたい転職サイト・転職エージェントをご紹介します。参考にしてください。

    活動の仕方でプランが選べる!「ビズリーチ」

    まず紹介したいのが、テレビCMでもご存知の「ビズリーチ

  • 求人数:約80,000件
  • 非公開求人数:非公開
  • エリア:全国・海外
  • 料金:有料プラン・無料プランあり
  • 特徴・魅力:エグゼクティブ求人が豊富!
  • ビズリーチは、エグゼクティブ求人が豊富な点が特徴です。また、優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届くという点が大きな魅力です。

    もちろん自分が気になる求人に自ら応募することも可能です。即戦力採用を積極的に行う求人が多いので、スキルをお持ちの方やキャリアアップしたい方に向いています。

    登録する際に2つのプランから選ぶことができます。

  • 「プレミアム会員(有料)」
  • 「スタンダード会員(無料)」
  • 「プレミアム会員(有料)」は、さらに「タレント会員(月額2,980円/税抜)」「ハイクラス会員(月額4,980円/税抜)」に分かれています。どちらも積極的に転職活動したい人に向いているプランです。登録した内容を元にして「現在の年収」を含む、ビズリーチ独自の審査基準によって判断されます。

    スカウトを受けることができますし、秘匿性の高い求人に自ら応募することも可能です。

    「スタンダード会員(無料)」は、まずは試しに利用してみたい人におすすめです。転職を検討しているという人にも良いですし、スカウトを受け取ることで自分の市場価値の確認もできます。

    また海外勤務求人の特集ページもありますから、海外を拠点にして働きたいという人にも非常におすすめ。

    人事・管理・セールス・現地マーケティングなどの職種を取り扱っています!

    「ビズリーチ」には、管理職・スペシャリスト・グローバル人材向けの求人が多くあるのが魅力です。

    20〜30代の転職者はもちろんのこと、40〜50代の転職者の人も成功しています。

    ビズリーチに無料登録する

    外資系企業カルチャーに強い!「JACリクルートメント」

    次にご紹介したいのが「JACリクルートメント」です。

  • 求人数:約6,000件
  • 非公開求人数:非公開
  • エリア:全国・海外
  • 料金:無料
  • 特徴・魅力:外資系企業や海外への転職に強く、イギリス・アジアを中心にグローバルネットワークあり!
  • あまりご存知ないという人もいると思いますが、JACリクルートメントは業界第3位の転職エージェントで約25,000社と取引がありあらゆる業界・職種の企業から多数の求人を預かっています。

    ハイクラスな求人を約15,000件取り扱っています。部長・役員クラスの求人、課長・マネージャークラスの求人、その他の職種から選べます。

    そのうちの60%は非公開求人となっており、中には「JAC」だからこそ紹介できる独占求人もあるそうです。1988〜2017年での登録者数は60万人、その満足度は93%(2016年度)となっています。

    ミドル・ハイクラスの転職支援に強みを持ち、1人のコンサルタントが企業と転職者の双方を担当してくれます。

    「無料 転職サポート」に登録をすると、求人サイトには掲載されていない非公開求人を含んだ幅広い求人を経験に合わせて紹介してもらえます。

    無料で利用できる理由は、入社をした時点で求人企業からコンサルティング料金を受け取っているためです。

    「JAC」は外資系企業のカルチャーを熟知しているからこそ、外資系企業への転職に強いです。

    アジア・英国計9ヶ国とのグローバルネットワークを活用した経験豊富な紹介実績があるのが大きな魅力。

    グローバル人材を求めている外資系企業から多数の求人を預かっています。外資系企業特有のカルチャーに詳しいコンサルタントが初めての転職でもサポートしてくれますよ!

    高年収層に特化した転職がしやすいという点が、JACリクルートメントの大きな魅力です。

    今よりもさらに年収を増やしたい、ハイクラスの役職につきたい、海外で活躍したい、と考えている人におすすめです!

    JACへの無料登録はコチラから

    豊富な情報量を誇る!「doda」

    テレビCMでもよく見かける「doda」は、魅力的なサービスを提供しているのが特徴です。

  • 求人数:約44,200件
  • 非公開求人数:約125,500件
  • エリア:全国・海外
  • 料金:無料
  • 特徴・魅力:8〜9割が非公開求人で、大手求人が豊富!
  • 取り扱っている求人数は10万件、その中には非公開求人も含まれています。豊富な情報量を誇っているという点が、利用者からの信頼度を高めているのかもしれませんね。

    こちらで提供している「エージェントサービス」は、色々な転職のプロがいます。

    「キャリアアドバイザー」

    転職を成功させるまで1対1でサポートしてくれます。求人の紹介・応募書類・面接のアドバイス・日程調整などは当然のこと、キャリアアドバイザーならではの意見や提案を提供してくれます。

    「採用プロジェクト担当」

    採用プロジェクト担当は、担当企業の採用計画・求める人材をトータルに理解しているので、その企業の人事担当者と同じ目線できめ細やかな情報を提供してくれます。求人情報の提供、選考日程の調整、応募書類や面接のアドバイスなどを、電話やメールでタイムリーに行います。

    「エグゼクティブ専門コンサルタント」

    役員・事業責任者・ゼネラルマネージャーなど、重責を担うエグゼクティブ層に特化したコンサルタントです。ハイクオリティーなサポート提供、転職ノウハウなどを提供してくれます。

    「バイリンガル専門コンサルタント」

    バイリンガル・トリリンガル・外資系企業でご活躍されている人など、語学が堪能な人に対してサポートを行うコンサルタントです。

    外資系企業特有の選考ポイントや効果的なアピールの仕方などについて、細やかなサポートをしてくれます。

    「クリーデンス キャリアアドバイザー」

    デザイナー・パタンナー・バイヤー・店長など、ファッション業界専門のキャリアアドバイザーです。国内アパレルメーカーをはじめとし、海外ラグジュアリーブランド、セレクトショップなど幅広い業態での転職をサポートしてくれます。

    また、グローバル求人の取り扱いもあります。語学力を生かせる仕事、グローバル企業、外資系企業などが用意されています。

    こちらでは、グローバル人材の採用動向やインタビューのコラム・レポートも掲載。

    初めての海外転職、海外転職で悩みを抱えている方などは、ぜひ1度目を通してみてください!

    「doda」では、その希望する職種に合わせてコンサルタントの選択が可能なので、転職を成功させられると思います。

    海外への転職を検討している人は、ぜひ「バイリンガル専門コンサルタント」・「クリーデンス キャリアアドバイザー」に依頼してみることをオススメします!

    dodaへの無料登録はコチラから

    業界トップクラスの求人数!「リクルートエージェント」

    最後にご紹介したいのは「リクルートエージェント」。

  • 求人数:約52,800件
  • 非公開求人数:約166,900件
  • エリア:全国・海外
  • 料金:無料
  • 特徴・魅力:業界最多の非公開求人数!
  • こちらは転職成功実績No.1となっており、扱っている求人数は10万件以上あります。 そのうちの80%が非公開求人となっています。

    登録・利用は無料となっているため、転職をしようかな…と悩んでいる人でも気軽に利用できるのが嬉しいポイント。

    業界最多の求人数を誇っており、各業界に精通した実績豊富なアドバイザーがいます。

    転職者一人ひとりのスキルや希望に沿った求人を紹介してくれるのが特徴です。

    履歴書・職務経歴書といった提出書類の添削、面接対策、企業情報の提供など転職サポートが充実しているのも魅力。

    公式HPでは、キャリアアドバイザーが写真付きで紹介されています。利用する前にアドバイザーがどんな方であるのか知れるのは大きなことだと思います。

    プロフィール詳細も用意されていますので、利用前にチェックしておくと良いですよ。

    こちらでは、海外の転職者向け求人の公開を行なっています。海外に精通した専任のキャリアアドバイザーが、転職のプロとして転職を最後までサポートしてくれます。

    もちろん、こちらも非公開求人が数多く用意されていますよ!

    初めての転職でも丁寧にサポートしてもらえる、業界トップクラスの求人件数という部分が魅力的。

    転職実績が良いところにお願いしたいという人におすすめです!

    リクルートエージェントへ無料登録する

    まとめ

    海外転職を検討されている人は、転職エージェントの利用をオススメします。自分で行動するのも悪くないのですが、エージェントに依頼することで転職がより効率的に進められます。

    自身に合った求人を一緒に探してもらえますし、応募書類の添削もしっかりサポートしてもらえます。

    プロがその企業情報を調べて教えてくれるという点も大きなメリットです。何より1人ではないという心強さが大きいですよね。

    無料で登録をして利用できるサイトもありますし、有料のサイトもあります。そこはご自分の希望や活動の仕方によって選択するのがベスト。海外転職を成功させるためにも、転職エージェントを上手に利用していきましょう!

    年収500万円以上の転職を目指す人向け

    ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

    年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

    登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

    ポイント

    1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
    2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
    3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

    ビズリーチ(転職サイト)に
    相談する

    国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
    外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

    ポイント

    1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
    2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
    3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
    ※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

    JACリクルートメントに
    相談する

    この記事とあわせて読まれている記事 Related

    おすすめ人気記事 Popular

    運営会社

    Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

    人気の転職エージェント