20代で転職を検討されている方へ


CRAへ転職(中途採用・求人)するには?

CRAってどんな業界?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

CRAという仕事があります。

普段の生活ではあまり聞くことのない仕事かも知れませんが
CRAとは、Clinical Research Associateのことで「臨床開発モニター」とも呼ばれる仕事です。
臨床開発とかモニターという言葉は、どこかで聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

複雑な取り決めの多い「製薬」において薬事法を遵守しているか、
ルールに則って正確に行われているかを治験が実施されている医療機関を訪問し
作成した手順書をもとにモニタリングを行う仕事です。

ちなみにCRAの業務をするのに資格は不要ですが
仕事柄、医療系の業務経験を持つ方が多いようです。

似たような言葉でCROというものがあります。
これはContract Research Organizationのことで、「開発業務受託機関」という意味です。

新しい医薬品が実用化されるまでには多大な時間と労力が必要です。
CROはスピード・品質を高めるために、製薬会社から依頼を受け、様々なサポートを行います。
CRAの多くはCROに所属し、職務にあたります。

CRAの仕事のやりがい

製薬はとても時間と労力がかかるものです。
つまり、仕事の成果が認められるまで時間がかかるということです。

仕事なので苦しく、大変なこともあるのに成果としては認められにくい、
だからこそ、携わった薬剤が市場に出て高い評価を得た時の喜びは格別でしょう。

また、超高齢化社会を迎える日本において
CRAの仕事は今以上に社会的意義を持つことになるでしょう。

CRAに求められるスキル・適性

医薬品に携わる仕事なので、薬剤や薬事法に関する知識が求められます。

また、被験者とのコミュニケーション能力や説明のわかりやすさ
症例報告書等、レポーティングの機会も多いため、ある程度のOAスキルも求められます。

このような適性があれば未経験でも採用される可能性があります。

CRAの平均年収・給与制度・賞与

未経験で転職した場合、月収だと25万円~27万円、賞与が2ヶ月~4ヶ月程度になることが多く
年収換算では350万円~450万円ほどになります。

スキルの向上によって年収が上がる事例が多く、頑張りが収入に反映されやすい職種と言えます。

治験案件の取りまとめができるようになり、役職につく
もしくは英語力を生かして海外との共同案件に携わるなどし、
年収1000万円を超えるようなCRAもいます。

CRAの面接・SPIなどの選考難易度

面接では、一般的な退職・転職理由、前職での経験等を聞かれることが多いでしょう。
英語力の有無、出張可否、などCRAならではの質問や
未経験者に対しては、そもそもCRAとはどういう仕事か?といった質問をされることもあるようです。

しっかりと準備をして臨みましょう。

転職エージェントの紹介

転職活動をするにあたり、ご自身で直接応募してもいいですが転職エージェントのサポートを受けることをお勧めします。
仕事の紹介に留まらず、キャリアの棚卸や今後のアドバイスを受けることができます。

案件保有数が特に多いのは、業界大手のリクルートパーソルキャリア(doda)JACリクルートメントです。
他に知名度は低いもののメディカル業界に特化したエージェントもいます。

いずれにせよ会社名より自分にピッタリ合うコンサルタントに出会えるかが非常に重要です。
面談を複数予約し、やり取りをしながら転職のパートナーを探しましょう。

まとめ

いかがでしたか。
なかなか見慣れない業界でイメージも湧きにくいかもしれませんが間違いなく今後、注目が集まる仕事の一つと言えるでしょう。

今は景況感の後押しもあり、未経験者にも門戸が開かれているためご興味がある方は、チャレンジをするにはいい時期です。