20代で転職を検討されている方へ


javaエンジニアに転職するには?

この記事では、javaエンジニアの転職に関する情報や案件の探し方について解説します。

javaエンジニアの方で、転職を検討されている人にお役に立つ情報ですので、ぜひご一読ください。

javaって何?

javaとは、1995年に米企業Sun Microsystems(サンマイクロシステムズ)社が開発したプログラミング言語です。

古くからあるプログラミング言語のひとつであるjavaは、現在はAndroid端末のアプリ開発に利用されることが多くなっています。

また、サーバーサイドの開発案件にも利用されています。java言語で開発されたシステムは、中堅から大手企業まで幅広く利用されているため、javaプログラマーは常に企業から求められています。

javaエンジニアの需要って?

javaで開発する案件が非常に多いため、他のプログラミング言語のエンジニアと比べてjavaエンジニアの需要は高いです。

javaの開発案件が多い理由は、さまざまな開発環境で動作し汎用性が高い点と、スマートフォンやタブレットの普及により、WEBアプリケーションやAndroidアプリの開発需要が高い点です。アプリがないとシステム自体が使われないような流れになっているため、今後もjavaでの開発ニーズは高いままでしょう。

javaエンジニアの年収

javaエンジニアの年収については別の弊社の記事で詳しくまとめておりますので、以下のリンク先の記事をぜひご参照ください!

 javaエンジニアの年収ってどのぐらいなの?

java エンジニアの仕事内容

javaを利用しての基本的な仕事は、javaを使用したさまざまなアプリケーションの開発です。

WEBアプリの開発やサーバーのシステム開発、Androidアプリの開発などさまざまな分野の開発案件があります。

また、javaは他のプログラミング言語と共通点が多いため、「他のプログラミング言語で書かれたアプリケーションをjavaに移行する」案件があります。既存のプログラムを新しい環境で利用したいのに、既存の言語での開発が難しい場合、javaへの移行が検討されます。

javaエンジニアの案件の探し方

javaエンジニアの需要が高いことはお分かりいただけたと思います。

では、どのようにしてjavaエンジニアの案件を探せばよいのでしょうか?

ここでは、フリーランスのjavaエンジニアが案件を探す方法を解説します。具体的な探す方法は、以下のとおりです。

・クラウドソーシングサイトやSNSなどインターネットを活用する

・地域の個人事業主や企業に対して営業する

・エンジニア専門のエージェントを利用する

もっともお手軽な方法は、クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトに登録し、案件に応募することです。

日々新しい案件がアップされているため、自分好みの案件に応募することができます。ただし、相手の顔が見えない分トラブルになることもあるため、取引相手を慎重に選ぶことが大切です。

また、TwitterなどのSNSで他のエンジニアと交流し、そのつながりから仕事をもらうこともできるでしょう。この場合は、ほかの人が受注した案件を手伝うという形になります。

実際に相手と顔を合わせ、営業をかけることも良い手法です。ITを強化したい地元企業の社長と出会えれば、長く付き合える可能性も高いでしょう。また、実際に顔を合わせるため、ネットと比べて信頼関係を築きやすいことはメリットと言えます。

ITを強化したい企業とフリーランスを仲介するエージェントを利用する方法もあります。

自分にぴったりな案件を紹介してもらえ、企業との交渉はエージェントが代行してくれます。自ら営業を掛けずに企業の案件を受注できるのは大きなメリットです。

java の案件が選べない人へ

フリーランスのjavaエンジニアが案件を探す方法は、インターネットを活用したり、地域で営業活動したり、エンジニア専門のエージェントを利用したりする方法があることはご理解いただけたと思います。

では、上記のような営業活動を行ってもなかなか案件を獲得できないときはどのようにすればよいのでしょうか?

フリーランスの場合は、単価の相場を知り、自分の実務経験に合った単価の案件に応募することが大切です。以下は、実務経験年数と案件の単価相場を一覧にしたものです(週5日常駐勤務として)。

・プログラミングスクールを卒業したて・・・月20~25万円

・実務経験半年・・・月25~30万円

・実務経験1年・・・月30~40万円

・実務経験2年・・・月40~50万円

・実務経験3年以上・・・月50万円以上

エンジニアのスキルを測る基準として、実務経験年数を見る企業の採用担当者は多いものです。例えば、実務経験が半年なのに月30万円以上の案件を受注しようとしていた場合、スキルが足りないとみなされて不採用になる場合が多いでしょう。

また、エンジニアの働き方は、派遣会社に所属する派遣SEよりもクライアント企業と直接契約するフリーランスのほうがおススメです。

なぜなら、スキルが身につきやすく、中間手数料が差し引かれないため収入も高いからです。さらに、在宅可の案件であれば、自分の好きな時間に働くことができます。

派遣であれば、派遣会社に依存してしまいスキルを身に着けようとする意欲が失われてしまいます。そして、40~50代になったときに最新の技術が身についていない場合、派遣切りに合ってしまうリスクも高いでしょう。

先述したように、案件を獲得できる方法はさまざまありますので、不安がらずぜひチャレンジすることをおススメします。

まとめ

ここまで、javaエンジニアの転職に関する情報について解説しましたが、いかがでしょうか?

改めておさらいしますと、以下になります。

・javaエンジニアの仕事は、アプリ開発と他の言語で書かれたシステムの移行等があり、需要は高い

・案件を探すには「クラウドソーシングサイトやSNSを利用」・「地域の会社へ営業する」・「エージェントを利用する」等がある

・派遣よりもフリーランスがおすすめ

転職を迷っているjavaエンジニアの方は、ぜひフリーランスになることをご検討ください。

もし案件や転職の紹介をお考えの方は、ぜひエンジニア転職の業界最大手、レバテックキャリアをおすすめさせていただきます。