20代で転職を検討されている方へ


知っておきたいプログラマーの種類と年収について

爆発的に普及するIT化に伴い、私たちの生活において”プログラムで動く機器“に触れない日はありません。

日常的にスマートフォンやパソコンを使っている人は、もちろんWebサイトやスマートフォンアプリといったプログラムされたソフトウェアを利用しますが、普段の生活でも、冷蔵庫に食料を保管したり、お米を炊いたりお風呂のお湯の温度を調整したりと、日常生活に必要な家電製品全てがプログラムで動いているのです。

プログラマーってどんな種類があるの?

プログラマーといえば、主にインターネットを利用したサービスを作っているというイメージがあるかもしれませんが、生活に密着する全ての機器にプログラマーの技術が詰まっているのです。

プログラマーには大きく分けて、以下の5つの分野が存在します。

  • Webプログラマー
  • アプリケーションプログラマー(アプリ開発者)
  • ゲームプログラマー
  • 組み込み系システムプログラマー
  • 汎用系システムプログラマー

Webプログラマーは、インターネットを利用したサービスのシステム開発を行います。プログラマーと聞いた時に一般的にイメージされる分野ではないでしょうか。

Webプログラマーには、HTMLやCSS、Java、C+、C++、PHPやPerlなどといった主要なプログラミング言語の修得が必要です。もちろんWeb画面(フロントエンド)だけではなく、サーバサイド(バックエンド)との連携など、トータルな動きを意識した技術が必要です。

アプリケーションプログラマー(アプリ開発者)は、パソコンやスマートフォンなどの機器上で動くアプリケーションの開発者です。アプリケーションには、単体(ローカル)で動作するアプリケーションから、都度インターネットに接続をして結果を得るWebアプリケーションまでが含まれます。

ですので、アプリケーションプログラマーには、JavaやC+、C++など、開発するアプリに合わせたプログラミング言語はもちろんのこと、ネットワークやデータベースにおける知識も必要となります。

ゲームプログラマーは、ゲーム内容やキャラクター動作、音楽に至るまでをプログラムします。プログラミング言語に関しては、対象がソーシャルゲームならばC#であったり、コンシューマ向けゲームならばC++などが利用されます。

組み込み系システムプログラマーは、冷蔵庫やテレビなど、家電などに搭載されるプログラムを開発します。今後はIoTによりほとんどの家電がインターネットに繋がって行きますので、これまでのようにC言語やアセンブラと言った言語だけではなく、ネットワーク接続を意識したプログラミングが必要になります。

汎用系システムプログラマーは、商用や科学技術の計算などに使われ、金融業界などの特定の範囲(オープンでは無いシステム)に使われるプログラム開発です。利用されるプログラミング言語もCOBOLやFORTRANといった機械語に近いモノが多いのも特徴です。

未経験にオススメのプログラマーは?

これから未経験でプログラマーを目指す方にオススメのプログラマーはアプリケーションプログラマーです。特にWebアプリ開発においては、SNSなどの普及から爆発的に需要を伸ばしている分野でもあるからです。

また、需要のあるプログラミング言語は、インターネットや書籍での情報が多い上に、自身がプログラミングした作品をすぐに動かして”実感する“事ができ、非常に学びやすい環境でもあるからです。

未経験でも応募可能な求人も多い事から、未経験からプログラマーを目指すには手応えを得やすいのではないでしょうか。

プログラマーの需要はあるの?

近年、IT業界の人材不足が問題視されており、経済産業省の調査においても、深刻なIT人材不足が懸念されているのです。日常生活の中にIT化が進む現在、IT技術者の需要は今後更に高まります。

プログラマーに関しても、Web開発から組み込みソフトウェア開発に至るまで、未経験からのプログラマー採用が積極的に行われているのです。

プログラマーの年収っていくら?

プログラマーへ転職する際に気になるのは、やはり年収ですよね。年齢や性別によってもバラつきがみられますので、以下のそれぞれの平均年収を参考にしてください。

  • プログラマー全体:414.6万円
  • 男性:425万円
  • 女性:372万円
  • 20〜24歳:305.9万円
  • 25〜29歳:389万円
  • 30〜34歳:422.45万円
  • 35〜39歳:455.4万円

また、プログラミング言語によっても平均年収に違いがあります。

  • Python:651万円
  • Perl:633万円
  • Ruby:606万円
  • C:597万円
  • JavaScript:555万円

このように、年収には差がありますが、常に発展する技術を把握し習得する事や、仕様書通りのプログラミングだけでなく、要求定義に関わるポジションを目指す事で確実に年収を上げる事が出来るのがプログラマーの醍醐味でもあります。

未経験からの転職でも、自身の“学ぶ意欲”によってスキルアップを図り、自身のスキルによって年収アップを目指すことの出来る職種なのです

転職エージェントの活用

プログラマーへの転職を検討している方は、ぜひ転職エージェントをオススメします。
書類の添削や面接対策など、きめ細やかなサポートで成功へと導いてくれます!

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20