20代で転職を検討されている方へ


ネットワークエンジニアの志望動機のポイント

1.     志望動機を書く前に

大切な点は、会社の志望動機です。これは、必須項目です。事前の企業研究が大切になります。「何故、この会社なのか?」を、しっかり考えましょう。これを怠るのは危険なことです。

企業研究は、会社のWEBサイトを見る、求人内容をよく観察する、または転職サイトに登録して、エージェントに登録して話を聞くということができるでしょう。

事前の研究がないと、会社とのミスマッチが生じかねません。経営方針や社風が、自分の希望と合っていない、解離している際、仕事を続けるのは困難で、直ぐに辞めてしまう事態になるでしょう。これは避けなければなりません。

志望動機を書く際にも、重要な点となります。曖昧に書いてしまう、万が一抜けてしまった場合、採用担当者へ意欲が伝わらず、より条件の良い会社があったら、自社の採用をけるのではないかと考えてしまう可能性もあります。

2.     志望動機を書く上で重要なポイント

まず、伝えるべき重要な点は、何故プログラマやシステムエンジニアではなく、「ネットワークエンジニア」を志望したかという点です。ネットワークエンジニアを志望するのですから、何かしらの思いがあるはずです。この点を、採用担当者の方にアピールしましょう。

未経験者の場合は、ネットワークエンジニアの仕事の上流から下流までの全体を分かっていないことも採用担当者は理解してくれます。

 まずは、ネットワークエンジニアに興味を持っており、キャリアをスタートさせ、将来的に設計や構築ができるエンジニアになりたいという、自分の進んでいきたい道を伝えましょう。

 勿論、ネットワークエンジニアとしてのスキルも要求されるでしょう。

スキルがあまりない方は、いかにスキルアップをすることに貪欲であるかを表すことが重要になります。何か資格を取るために勉強していますか?そのことも書きましょう。

 ネットワークエンジニアとして実際に採用されても、勉強は続きます。スキルアップは必須なのです。勉強中のことでもいいので、意欲があることをどんどんアピールしていきましょう。向上心があることを示しましょう。

また、論理的に考えること、接続相手と調整ができること、マクロ的にも全体的にも見渡せるスキルが必要になります。

3.     ネットワークエンジニア 志望動機例

 エンジニアの志望動機は、担当者の質問=「なぜ」に答えるに注意を払いましょう。それで十分な志望動機になります。志望動機のコピペは絶対に避けましょう。採用担当者の心に訴えるような情熱的なものにしましょう。

気を付けなければいけない点として、「抽象的な表現」をしないことです。一例として、「御社の○○に魅力を感じ…」という場合でも、何故そう思ったのかという肉付けがないと何も意味がありません。抽象的な表現を避けましょう。

 以下に例を上げます。

 現在、派遣社員としてIT関連会社のヘルプデスクの業務をしております。パソコンやIT、ネットワークに興味があったためです。 ある時、障害対応に現れた、ネットワークエンジニアの人たちの活躍を見て心を打たれ、社会インフラを支えるネットワークエンジニアになりたいと思いました。その後、ネットワークエンジニアになるために、CCENTの勉強を始めました。 御社は業界の中でも公共事業に力を入れており、目指している社会インフラを支える仕事がしたいため応募しました。

転職エージェントを利用しましょう

ネットワークエンジニアへの転職を希望する方は、転職エージェントを利用しましょう。
業界に精通しているコンサルタントが、採用してもらえる書類作成の添削、面接対策を徹底的に行ってくれますよ。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20