20代で転職を検討されている方へ


30代の転職したい女性必見!正社員として採用されるポイント!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

30代の転職になると未婚女性でも年齢で不利になってしまったり、既婚女性は子供がいるから採用をもらえなかったり……なかなか思うのうに転職活動ができずに、行き詰まってしまっている人も多いかと思います。

今回はそんな30代女性の転職について、「30代の転職が厳しいのか」「30代女性に多い転職理由」「30代女性の転職に多い5つの失敗」「30代で転職した女性のリアルな声」「30代女性の転職を成功させるポイント」など、転職のプロである筆者がわかりやすく解説していきます。

30代女性で転職を視野に入れている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

30代の転職は厳しい?


かつては「30歳転職限界説」が出るほど、30歳になると転職が厳しいと言われていました。

30歳になると転職が厳しくなる理由には、20代と違い即戦力として活躍できるスキルや経験が求められるようになるからです。

また、20代であれば未経験歓迎の求人が豊富にあったのに対し、未経験として採用してもらえるチャンスは非常に狭まります

30代前半ならまだチャンスはあるのですが、半ば〜後半にかけてはほとんどないと思ったほうが良いでしょう。

そのため今では30歳転職限界説の年齢が引き上げられ、「35歳転職限界説」と言われるようになっています。

即戦力として活躍できるスキルや豊富な経験があれば、転職の機会はありますが、20代よりは厳しいと把握しておいたほうが良いでしょう。

30代女性の転職が難しいと言われる理由


男女を問わず30代の転職は難しいのですが、女性であればさらに難しい条件が付け加えられます。

転職が難しい理由は、大きく分けると3つあるのですが、以下で詳しく紹介していきますね。

30代という年齢が不利になる

そもそも30代という年齢が不利になります。20代であれば、ポテンシャル採用をして育てて行くことも可能ですが、30代はそういうわけにはいきません。

同じ業種・職種なら今までの経験が活かせるので問題はないのですが、未経験となると話が変わってきます。

30代は20代ほどの伸び代がないと判断されるので、年齢が不利になるのです。

また、30代は即戦力であることに加え、実務経験実績がどのくらいあるのかも重要視されます。

そのため、実績・経験がない場合、転職のハードルは大幅に上がってしまうのです。

結婚や出産・育児に対する懸念

晩婚化で結婚・出産が少しずつ遅くなっており、30代で結婚する人が増えています

転職希望者が未婚の場合、企業としては、採用してもすぐに結婚を理由に退職してしまうのではないかと懸念を抱いてしまうのです。

既婚者の場合でも、「出産・育児により勤務形態を変更されてしまうのでは?」「入社後すぐ育休申請されるのではないか」と心配しています。

もちろん、育休制度が導入されているのであれば、取得自体に問題はありません。ただ、入社後すぐ取得されることを企業側は避けたいと考えています。

離職率を上げたくない

企業側は「離職率」を気にする傾向にあります。

社員や従業員に退職をされてしまうと、引き継ぎなどの対応が必要です。

人が退職する=離職率が上がる」に直結します。だからこそ、企業側が難色を示すのです。

そのため、ライフイベントによる退職の可能性が他の年代と比較して高い30代女性は、雇いたがらないというのが現実です。

30代女性の主な転職理由

30代女性の主な転職理由は、大きく分けて3つあります。

20代の頃よりも自分のキャリアプランやワークライフバランスを真剣に考えるようになるので、転職理由もこの2つに所以するものが多いです。

どんな転職理由が多いのか、以下で詳しく説明していきますね。

経験やキャリアを考えての転職

30代になると結婚するべきか、このまま独身でキャリアを積んで行くべきかで悩む人が多くなります。

現在は生き方が多様化したのもあって、独身のままキャリアを積んでいこうと考える30代女性が増えました。

このような女性は向上心を持ち仕事熱心な傾向にあるため、今の会社では満足できず転職を考えるようです。

結婚や出産を機に転職

結婚や出産を機に子育てをしながら、今の会社に勤め続けられるかどうか考えて、転職を決意する人も多いです。

または、夫の転勤に伴って、止むを得ず転職しなければならない人もいます。

他にも突然、親の介護が必要になり、時短勤務ができる会社などへの転職を考える人もいるようです。

家族を大切にしたい

仕事も大切だけど家族との時間も大切にしたい、と考えている人が多いです。

子供がまだ幼いため時短勤務で働きたい、家事と両立させたいから残業はしたくない、など理由は様々です。

子供がいない女性の場合は、夫との時間を大切にしたいという理由から、転職を視野に入れている人もいますね。

30代女性の転職に多い5つの失敗


前職よりも良い環境で働きたい、本当にやりたい仕事をやりたいなどで、転職したものの後になって後悔する30代女性は多いです。

そんな30代女性の転職で多い失敗には共通する特徴があります。

どのような共通する特徴があるのか、以下で詳しく説明していきます。

①自己評価が市場価値よりも低いとき

自分自身で考えている自己評価が第三者視点から見た市場価値よりも低い場合、ほとんどの場合転職が失敗します。

今での会社では評価されていたスキルなどが、実は他の会社になると評価されないことがあるからです。

自己評価と市場価値にズレが生じないように、自分のスキルや知識、経験が他の会社でも十分に役立つかどうか、客観的に把握する必要があります。

自分の能力を判断するときは、以下の3点を意識して客観的に把握するようにしましょう。

・自分のスキルがどの点で貢献できるのか
・自分のスキルで企業課題を解決できるのか
・自分のスキルは転職市場で価値があるのか

②転職理由ややりたいことが曖昧な人

転職理由ややりたいことが曖昧な人は、転職で失敗しやすいです。

曖昧な人は面接で「なぜ転職しようと思ったのですか?」「入社して何がやりたいのですか?」という質問に対して、明確に答えられないからです。

自分の中で答えがないため、回答がしどろもどろになり、不採用になってしまうのです。

そうならないために「なぜ転職しようと思ったのか」「何をやりたいのか」を納得がいくまで考えてみましょう。

自分1人で考えがまとまらない場合は、友人や恋人などの第三者に話してみるのも良いです。

第三者と話すことで、「キャリアに不満があって、さらなる成長がしたい」「企業の目指している方向性が自分の考えと異なる」「福利厚生の改善を希望している」など、転職理由を明確に持つことで成功に繋がるのです。

③仕事内容のみ重視

転職先を決めるときに、やりたい仕事かどうかという部分だけで決めてしまうのは、実は大きな落とし穴です。

例えば、提示されている年収が業界相場より低かった場合、後々の不満となり、また転職をすることになってしまうことも。

転職先を決めるときは仕事内容も大切ですが、年収や福利厚生など、長期的に働いていけるのかもしっかり確認する必要があります。

④給与や福利厚生のみ重視

一方、給与や福利厚生のみを重視する場合も失敗しやすいです。

転職をするのなら今よりも待遇が良いところへ……と思うのは人の性です。

しかし、業界相場よりも給与が高い場合は注意したほうが良いでしょう。

高い理由は様々ですが、その会社がブラック企業などで離職率が高く、給与で釣っているケースが意外と多いのです。

また、給与は転職者への期待値でもあるので、入社後は給与に見合うだけの活躍を求められるため、プレッシャーを感じてしまいがちです。このときに給与に見合うだけの実力や成果が残せないと、プレッシャーに耐えられず、退職してしまうこともよくある話です。

⑤周囲と比べて転職すると失敗する

隣の芝生は青い、という言葉が示すように、今の会社よりも他の会社のほうが良いと思って、転職したけど、実は前職のほうが働きやすかった……と後悔してしまう人も多いです。

働いているときは目の前の不満だけ注目して、本当に良い面が見えていなかったというのはよくあることです。

転職してから前職のほうが良かった、と後悔しないためにも、自分が仕事で何を優先にしているのかを明確にすると良いですよ。

30代で転職した女性のリアルな声


現役の転職エージェントをしていると、30代女性から転職に関するリアルな声をたくさん聞きます。

そんな30代女性のリアルな転職事情について、成功した体験談と失敗した体験談に分けていくつかご紹介します。

転職に成功した女性の体験談

イベント業・31歳
以前は事務職だったのですが、人に関わる仕事がしたくて転職しました。

転職するかしないかすごく悩んだのですけど、今後も働き続けられるのかを考えたときに無理だなって感じて。畑違いの業界で毎日がむしゃらに頑張る日々ですが、充実しています。

営業・33歳
仕事を転々としていて、このままではまずい!と思って転職を決意しました。

30代ということもあって、面接では結構キツイことも言われましたが、こんな私でも良さを認めてくれる会社があって、今はそこで営業をしています。年収も上がりました。

飲食業・38歳
制作会社から飲食業界へ転職しました。異業種で最初は戸惑いましたが、お客さんの喜ぶ顔が直接見られるのでやりがいを感じます。

以前は働くモチベーションが保てなかったのですが、直接ありがとうって言ってもらえると「また頑張ろう!」って気持ちになります。

転職に失敗した女性の体験談

アパレル・37歳
結婚を機に正社員として働いてた会社を退職、その後はアパレルショップでパート勤務をしていたのですが……旦那の会社が倒産しました。

次の仕事が見つからず、家計は火の車に。パートでは家計が回らず、正社員として働ける仕事を探しているのですが、年齢も年齢でなかなか雇ってもらえず。あのとき会社を辞めなければ良かったって思います。

営業・32歳
キャリアアップを目指して転職しました。年収も良い営業職を選んだものの、前職よりも残業は多く、時には休日出勤もあって……精神的に辛くなってきました。

私は結婚もしていないので、不安な気持ちを誰にも相談できなくて……今ではなんでキャリアアップしようと思ったのかすらよくわからないです。

教育関係・34歳
結果から言えば、転職は失敗。年収は大幅に下がった。

職場の人間関係もよくなく、毎日出勤するのが億劫なくらい。しっかりと企業研究をすれば良かった。

30代女性が企業に求められていることって?

ズバリ「即戦力」と「働き方の明確化」を企業は、30代女性に求めています。

経験や実績、これまでのスキルを活かして活躍してほしい、企業はそう考えているのです。

積極的にミドル世代の女性の転職募集を行っている企業では、会社にいられる時間を短くする分、その他の部分で融通のきく30代女性だと、ありがたいと考えている企業も多いようです。

30代女性が転職を成功させるポイント

30代女性の転職は、年齢や結婚・出産などがデメリットになり、転職しにくくなってしまいます。

即戦力と働き方の明確化が企業から求められているため、自分がどんな働き方をしたいのか明確にする必要があります。

また、未婚女性と既婚女性で転職難易度も変わってくるので、今後のことをしっかり考えてから、本当に転職すべきかどうか決めましょう!

30代が転職を成功させるためのポイントを以下でご紹介していきます!

既婚女性の場合

30代で既婚しており、子供を抱えている女性の転職の場合は、育休・産休を取得した女性社員が多くいる企業を狙うのが良いです。

なぜなら、子供がいると日常的に起きてしまう学校行事、または子供の病気などで欠勤することを理解してもらえる可能性があるからです。

他にも、経験やスキルを重視している企業を狙うのもオススメです。経験やスキルがあれば、30代で子供がいるというデメリットを打破できる可能性があります。

未婚女性の場合

独身女性の転職の場合は、結婚の予定がしばらくない人であれば、企業側が採用してくれる確率が高まります

キャリアアップをしたい、プライベートよりも仕事を優先したいと考える未婚女性の転職なら、成功しやすいと言えます。

ただ、未婚であっても結婚を予定している女性は、妊娠予定が企業側にとって懸念点になるため、採用されにくくなってしまいます

30代女性の転職におすすめな転職エージェント

30代女性は、年齢だけではなくライフイベントによるデメリットが生じてしまいます。だからと言って、転職することを諦めたくはありませんよね!

育児・家事と仕事を両立できる働き方がしたい人も、未婚だけど結婚などを視野に入れた上で転職したいという人も、転職エージェントを利用すれば、自分が希望する企業を紹介してもらえますよ。もちろん、家族との時間を大切にしたいと思っている人にも、おすすめです!

また、自分の転職市場がどうなっているのかなど、転職に役立つアドバイスや面接対策もしてくれるので、転職エージェントを活用して損はないです。

以下で女性の転職に強い転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ検討してみてください。

type 女性の転職エージェント

<メリット>
・女性のアドバイザーが担当

・女性にオススメの求人を多数保持している

・未経験でも挑戦できる職種が多数

・女性の転職に10年以上のノウハウ

<デメリット

・40代以上の求人が少なく感じる

<こんな人にオススメ>

・女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメ!

・「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

 

doda

<メリット>
・国内第2位の求人数を保有

・面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い

・マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれる

・女性のアドバイザーが担当

<デメリット>
・求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性がある
<こんな方にオススメ>
・「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

 

マイナビエージェント

<メリット>
・大手の転職エージェント

・営業系の転職先を多数掲載

・若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート

・若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有

・キャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案をしてくれる

<デメリット>
・大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性あり

<こんな方にオススメ>
・若年層で転職を考えている方

・異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方