20代で転職を検討されている方へ


C言語でできることとは?c ++との違いって?

C言語とは

C言語とは1972年のAT&Tベル研究所で、ブライアン・カーニハンとデニス・リッチーによって開発された、コンパイル型の汎用プログラミング言語です。他の現代的なプログラミング言語に比べると抽象度は低いが処理性能がよく、OS周りのシステムやハードウェア組み込みソフトウェアに採用されています。ビッグデータ解析や機械学習、VRといった高速処理が要求される箇所において需要があり、現代においても人気があります。

C言語は、プログラミングの基礎となる知識を身につけるのに適した言語です。高校や大学といった教育機関で題材とされることが多い言語の1つです。初学者が最初に壁にぶつかるのが「ポインタ」と呼ばれるアドレス変数の扱いです。

アドレス変数は扱い方を誤るとメモリリークやバグの温床となることから、JavaやC#、go言語といった最近の言語では直接アドレスを扱うことを避けている傾向があります。高級言語という分類であるにも関わらず、機械語に近いという評価を受けるのはポインタを扱うことができるためです。このため、最近登場した言語に比べると学習難易度は高くなります。

C言語の実用例

C言語がさまざまなところで使用されています。大別するとハードの制御・組み込み関連、ウェブ関連、ゲーム関連、パッケージソフトウェア関連と多様な分野で使用されています。具体的にどういうところで利用されているのか、身近な実例を挙げてみます。

ロボット

ロボットの搭載しているセンサーや動きそのものを制御する部分に利用されています。もちろん、C言語以外でも記載できるので、自分が得意な言語で記述することも可能です。テレビでやっているロボット大会のように競技をしたり、工業用・産業用ロボットのように競合がある環境では、より高速で精密な動きを実現するためにC言語を採用することが多いのです。

家電や電気製品

炊飯器やカーナビといったものが有名ですが、ロボットと同様の理由で各センサーの制御等にC言語が使用されているものが多いです。普段使っている家電の制御はC言語によってなりたっているものが多数あります。

車やスマホなどの制御システム

普段使っている車の制御の一部や、スマートフォンの内部の制御などでも使用しています。外見からは見えにくい場所の部品や機能の制御に使われています。

プログラミング言語

RubyやPHPといったプログラミング言語は、C言語で作っています。プログラミング言語でプログラミング言語を作るというのは変な感じかもしれませんが、それくらい基礎的なところを担うことができるということです。

金融系システム、医療系システム、製造業向けシステム

応答速度を求められるモジュールはC言語で書かれていることが多いです。全部をC言語で実装することは少ないのですが、汎用的に誰でも利用しやすい形でライブラリ化しておき、他の言語からでも呼び出せるようにようにして活用されています。画面まわりなどグラフィカルな部分はC言語よりも他言語のほうが扱いやすく、技術者の継続的な確保や保守・メンテナンスの点で流行りの言語になっていることがあります。

 

C言語の派生系について

C言語を生み出したデニス・リッチーは、UNIXの開発に携わっていたことから、OSを含めてさまざまな箇所でC言語を取り入れていったことで広がりを見せます。C言語をもとに用途に応じて特定の箇所を強化、または簡易化させた派生言語が登場してきます。

C++

C++は、1983年にC言語にオブジェクト指向を取り入れるため、クラスの概念を拡張して作られました。その後も拡張は続けられており複雑化してしまったことで、標準規格が制定されるようになります。2017年にはC++17といった標準規格が制定されており現代においても拡張が続けられています。

 

PHP

PHPは、1995年に動的なウェブページを表現するために登場します。PHP自体もC言語で開発されていることから文法がC言語に似ています。PHPをもとにしたフレームワーク基盤がオープンソースで多数提供されており、各プロジェクトでは開発のコストを下げ、スピーディに開発するためにフレームワークを使ってPHPを使用することが多いです。ウェブサービス開発において日本で最も使用されている言語の1つであり、開発案件も多く習得するメリットが大きい言語と言えます。

Perl

Perlは、テキスト処理に主に特化した言語です。文法はC言語に似ていますが、C言語にはない文法やキーワードも追加されています。CGI(Webのサーバーサイドのプログラム)として多く使用されてきましたが、現在ではPHPに置き換えられている状況です。テキスト処理が主な要件となるプロジェクトやシステムでは重宝されて現在でも利用されています。

Objective-C

Objective-Cは、C言語にSmalltalkのオブジェクト指向を融合させた言語です。Macintosh用のアプリ開発言語として使われていましたが、iPhone上のアプリ開発に必要ということで一躍有名になりました。

C#

C#は、.NET Frameworkという仮想マシン上で動作するプログラミング言語です。構文はC言語とDelphiをもとにしており、ベースはC言語となります。開発環境は主にVisual Studioで行われ、強力な統合開発環境のもとでGUIやWebサービスの開発生産性が高まる形で提供されています。

 

C言語エンジニアの年収は?

C言語エンジニアの平均年収は525万円です。もっと年収アップが見込める言語も存在していますが、時代の流行りに影響されにくく、安定した需要が見込めるところがポイントになります。

日本においては自動車産業や家電産業が強く、これらの制御系プログラムとして採用されていることが多いことからも、需要としては今後も見込むことができます。また、C言語を扱えるということは、他言語では見かけにくいメモリ管理(ポインタの扱い)を習得していること指します。これは技術的なアピールに利用でき、人材的価値を高めることができます。

オススメしたい転職エージェント

現在では未経験の求人を紹介してくれる、転職エージェントもあります。
IT業界に強いエージェントもありますので、比較しながら登録先を決めるのが良いでしょう。。

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方