20代で転職を検討されている方へ


プログラミング言語Perlとは?需要はあるのか?

PerlとはWebアプリケーションの開発などでよく利用されるサーバーサイドでの処理を実装できるプログラミング言語です。UNIXやLinuxでは標準インストールされておりそのまま使えますが、Windowsでは「ActivePerl」というソフトウェアをインストールする必要があります。

perlの特徴は

PerlはWebアプリケーション開発に利用することができ、テキスト処理にも優れています。また、インタプリンタ方式の言語であるためコンパイルの必要が無く、実行までの速度が速いことも特徴です。

ライブラリも豊富に用意されていて、CPAN(Comprehensive Perl Archive Network)というPerlで書かれたソフトウェアが保管してある場所からインストールすることができます。同じくWebアプリケーションを開発できるPHPと比較すると、Perlはやや古い言語でPHPほど簡単に学習できる言語ではありませんが、開発は現在でも続いている実績のある言語です。

perlの需要・将来性ってどうなの?

Perl開発者の年収は現在300~700万円ほどの案件が多くこれはPHPとあまり変わらない水準ですが、Perlによるシステム開発案件は現在減少傾向にあると言われています。

Webアプリケーション開発用の言語としてはPerlよりもPHPの方が人気があり、indeedでそれぞれの言語の求人数を調べてみるとPHPの求人数はPerlの4~5倍となっています。しかし、だからといってPerl言語やその開発者の需要が無くなるわけではありません。

Perlで開発されてきたシステムはもちろん現在も利用されており、運用・保守開発で利用されます。また、他の言語を利用してのプロジェクトでも、「Perl言語の経験者であるということ」を評価してくれる案件も少なくありません。

たとえば「PHP、Javascript、Perl、Ruby等のプログラム言語を扱える方」という応募条件の案件などがあり、Perlでプログラムを書いた経験があれば、他の言語にも応用可能であるため、応募することができます。Perlは、新規システムの案件では今後利用が減っていく傾向にありますが、需要は今後も続いていくことが予想されます。

perlの学習難易度は?

Perlは現在システム開発でよく利用される言語の中ではやや古い言語で、学習難易度は少し高めです。JavaやPHPなど他の人気言語は書き方が似ている部分が多いですが、Perlはやや書き方が独特な部分があります。

他の言語に慣れていると、Perlのソースを見た時に少々可読性が低いと感じるでしょう。

たとえば、他の言語の「=(イコール)」はPerlでは「eq」だったり、「<」が「lt」だったりします。そのため、これからプログラミングを学ぼうとする方にはあまりおすすめできません。初心者の方はまずJavaやPHPなど最近の人気言語に慣れてから、必要であればPerlも学んでみると良いでしょう。

オススメの転職エージェント

現在では、エンジニア系に強みを持つ転職エージェントもあります。
コンサルタントが最後までサポートしてくれるため、大きな安堵感がありますよ。

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方