20代で転職を検討されている方へ


未経験からでも可能?将来性のあるiotエンジニアになる方法

そもそもIoTとは何か?

 そもそも「IoT」とは何でしょうか?IoTとは、「Internet of Things」の略です。直訳すると「モノのインターネット」となります。最近まで、インターネットといえば、人がパソコンや携帯電話から使うものでした。

 IoTは、「あらゆるモノをインターネットに接続し、便利に使えるようにするための一連の技術」を指します。IoTの特徴としては、「1:何らかのセンサが内蔵されている、2:インターネットと接続されている、3:インターネット先のコンピュータと繋がり何らかの処理を行う」があります。

 IoT自体は以前からあり、例えば警備会社の監視カメラの監視があります。ではなぜ最近IoTと叫ばれるようになったのでしょうか?それは、通信手段としてのインターネットやサーバ側の施設、クラウド、センサ端末としてのスマートフォンといったIoT技術を容易に使えるようになったからです。

 IoTエンジニアは、モノにソフトウェアを組み込む組み込み技術、インターネットに接続させるネットワークの技術、専用のスマートフォンアプリの開発知識、集められた情報を解析する人工知能の開発など、仕事内容は多岐に及びます。それぞれが非常に専門的な知識が要求されるので、一人でこなすのはおそらくできないでしょう。そのため、チームを組み、他の企業と協力しつつ開発を進めていきます。

IoTエンジニアの年収は

 IoTエンジニアの年収はどれくらいになるのでしょうか?求人サイトから推測すると、システムエンジニアやネットワークエンジニアと同じ水準、年収400万から600万円程度が多いようです。IoTだからといって、即高収入という傾向ではないようです。募集企業は、SIerより、機器、部品研究開発が中心となります。これらの企業はハードウェア開発には長けているのですが、ネットワークには弱く、弱点強化のために募集するという意味合いが強いです。最近では、大手自動車部品製造企業や、医療機器メーカー等、企業規模も大きく、安定収益を上げている優良企業も多いので、年収アップだけでなく、将来性や安定性、そして福利厚生の面でもよいといっていいでしょう。

IoTエンジニアになるのにどのようなスキル・資格が必要なのか

IoTは、様々な既存のネットワークシステム技術を組み合わせて実現します。まずは、ネットワークの基礎技術を理解しましょう。前述の通り、様々な分野の人がIoTには参画します。所属する分野でしか使わない専門用語もあるでしょう。そのような専門用語を詳しく説明できることや、相手の専門用語を分かりやすく解釈するスキルは、IoTエンジニアにとって必須となる要素です。

では、どのような資格が必要なのでしょうか?IoTの開発に必要とされるエンジニアであると証明するために、「エンベデッドシステムスペシャリスト試験」を受験するのはどうでしょうか?

この試験は、情報処理技術者試験に分類される国家資格です。試験内容は、組み込みシステムをハードウェアとソフトウェアに適切に組み合わせて構築し、クライアントに求められる情報システムを作り出せるかというものです。この資格を取得すれば、IoT技術者として必要とされるエンジニアになれるでしょう。

未経験からIoTエンジニアになるために

IoTエンジニアには、どんな求人があるのでしょうか?一例をあげます。

①    分類:アプリ開発

  • OSAndroid/iOS
  • 言語:AndroidJavaJavaScript
  • 月収:2150

②    分類:インフラ

  • OSLinux
  • 言語:JavaPHPPythonShellScriptSQL
  • 月収:2741

 未経験者は、IoTエンジニアになれるのでしょうか?なれます!既存の技術領域と別領域がクロスオーバする展開になりますが、未経験者を募集する動きは今後進むとされています。また、新しい事業の成功には、異業種での成功経験や知識が求められることも多いのです。また首都圏だけでなく、地方もビジネスチャンスとして狙っているので、未経験でも大いにチャンスはあります。

 では、何をすべきでしょうか?IoTエンジニアになるためにソフトウェアだけでなく、ハードウェアの知識やスキルも身につけましょう。システムエンジニアやネットワークエンジニア以上に勉強することはあります。入社後すぐにIoTエンジニアになれるわけではありません。業務の中で段階を踏んで、プログラミングスキルや実務経験を積んで、IoTエンジニアの座をつかみ取りましょう。

転職エージェントにお願いしましょう

エンジニア業界へ転職を強く希望する方は、エンジニア業界に強みを持つ転職エージェントをオススメします。
応募書類の添削から面接対策、面接日程調整まできめ細やかなサポートが受けられますよ。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20