20代で転職を検討されている方へ


覚えることがいっぱい!フロントエンジニアに必要なスキルは?

フロントエンジニアとは

フロントエンジニアとは何でしょうか?フロントエンジニアとは、Webコンテンツのフロントエンド開発関わるエンジニアのことです。現場によっては、ディレクションや、デザインに関わることもあります。広範囲に活動するポジションです。昔はなかったこのポジションですが、最近はWebコンテンツにとって非常に重要なポジションとなっています。

フロントエンジニアの需要・将来性について

フロントエンジニアの需要はまだまだ高いと言えるでしょう。何故でしょうか?一例として、パソコンやスマートフォンの普及によって、近年の告知方法としてのWebサイトは一般的となり、様々なサイトが作られます。作られるということは更新も必要です。製作後、数年経過すると大きな改修がある為、需要はまだ多いです。

将来性はどうでしょうか?フロントエンジニアはまだまだ安泰でしょう。ですが、例えばWebの世界で考えてみても、常に新しい技術が誕生しています。そのことを、念頭に置きましょう。

近年ではHTML5の登場がありました。動画やアニメーションなど、表現が多種多様になります。素人目でも最近更新されたか、旧時代かは見当がつきます。スマートフォン対応も大切です。

今後も様々な技術が塗り替えられていきます。流行も塗り替えられます。一度見につけたスキルだけで安泰という訳ではありません。

フロントエンジニアもあくまで一エンジニアであることを忘れず、次々に出てくる技術に関心を持ちましょう。積極的に新しいスキルを身につければ、必要とされるエンジニアになり、活躍することができるでしょう。

フロントエンジニアの年収は?

年収はスキルによって、大きく変わってきます。まずは300万円程度から始まり、スキルアップすることで400万、ディレクターになると    500万円以上になるでしょう。企業も、実力第一で年収を決めるケースが増えております。

求人サイトを見ても、450万円から1200万円と幅があり、実力次第で更に保障してくれるところもあります。実力主義なのです。専門スキル以外にもスマートフォンやタブレットサイトの構築や、新規事業の立ち上げ、フルリニューアル企画の企画力提案力が求められていきます。そうすれば、それに見合った収入を手に入れることができます。

フロントエンジニアに必要とされるスキルとは

フロントエンジニアに要求されるスキルとして、誰でもわかりやすい設計ができる能力や、Web標準やアクセシビリティに準じてコーディングできる力が求められます。HTMLCSSJavaScriptといったマークアップ言語は欠かせません。また、設計や可読性が疎かにならないよう注意を払い、保守性や読みやすさに配慮して書く必要もあります。

チームによっては、バックエンドやデザインの業務も兼任になることがあります。そのため、バックエンドやデザインの知識も必要となります。一例として、コーポレートサイト製作では、ブランディング、CIIRCSR、広報、PRといった知識が要求されます。ECサイトでは、データベースの知識や商品管理、顧客管理、定性、定量データ分析に関する知識や経験が必要となります。

このように、チームによって、必要とされるスキルはバラバラです。フロントエンジニアとして成功するには、企業の現状やニーズをしっかり把握し行動するかがカギとなります。

また、コミュニケーション能力も必須です。サイトの仕様について、クライアントや社内外の関係者と打ち合わせをすることも当然想定されます。また、チーム全体の底上げをすることも求められるため、コミュニケーション能力は必須です。

今後はどうでしょうか?近年のWeb関連は大きく環境が変化しています。CMSを使ったサイト管理、JavaScriptを使った動きのある魅力的なインターフェイスが主流となっています。実現できる表現が増えたので、どれを選択するかが難しくなってきています。

フロントエンジニアとしては、動向を注視し、キャッチアップが必要です。またクライアントがWebを使って何を表現しアピールしたいのかを見極め、それを実現するために適切な手法や表現を導き出せるスキルが要求されるでしょう。

フロントエンジニアのキャリアプラン

未経験から、どのようにキャリアアップできるでしょうか?まずはHTMLコーダやWebデザイナーから始めましょう。現場で仕事を覚え、専門的な知識を覚えます。そして、正式にフロントエンジニアになります。なってからも、培ってきたコーディング技術を、コーダ上位職として、全ての作業を実行できるまでレベルアップする必要があります。

転職エージェントがあなたの力に

一人で転職活動をするより、転職エージェントを利用すれば、安心して活動が行えます。
あなたの希望などをしっかり把握した上で、求人の提案や面接対策でのアピールポイントを教えてくれますよ。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20