20代で転職を検討されている方へ


Web APIの活用方法について紹介

私たちが何気なく使用しているWebサイトやサービスにはAPIと言われるものが動いています。もはやITビジネスには重要不可欠といっていいほどのAPIですが、聞いたことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はAPIWebAPIについてご紹介したいと思います。

APIとは

APIとはアプリケーション・プログラミング・インターフェースの略で、外部アプリケーションソフトウェアの機能を共有するインターフェースです。

インターフェースとは、機能の呼び出し手順や記述方法を定めた仕様のことです。例えばPCを使う場合、私たちは何気なくキーボードやマウスで操作をしてWindowsMacといったOSへ指令を送っています。

本来OSの機能の呼び出しなどはOS独自のプログラムのため、OSのプログラミングを理解し外部から操作するのは難しいのですが、APIのおかげでマウスなどのインターフェースからOSのプログラムを実行できるようにサポートしてくれています。

このAPIは開発を効率的にできるというメリットがあります。APIを公開することでプログラムの2次使用が可能になります。同じプログラムを1から作る必要がなくなるため、開発側の負担は楽になり、無料のためコストも削減できます。

現在のAPIWebで利用されているものが多数を占めています。

これをWeb APIと呼びます。

WebAPIとは

WebAPIとはWeb(オンライン上)で利用できるアプリケーションです。GoogleYahooAmazonFacebookなど有名WebサービスがAPIを公開しています。

例えばFecebookTwitterなどSNSで投稿した記事をWebサイトやブログにそのまま同じ内容のものを表示されるといったことが可能になります。

他にも自社のサイトにYouTubeの動画を埋め込んで再生できるようにしたり、linebotを作ったりすることができるようになります。

このようにユーザーは各社のAPIを利用する事で、各サービスのデータを検索したりサイトで利用したり出来るようになりとても便利です。

また、APIを公開する企業側にとっても、外部サービスを連携することで自社サービスの利用者拡大が望めます。まさにWebAPIはユーザー側、企業側の双方にとってメリットがある仕組みと言えます。

WebAPIがなぜ今注目されているのか

WebAPIのおかげで外部アプリとの連携が早くなります。特にSNSとの連携が可能になることでビジネスの幅が格段に広がり注目されています。

APIを通してビジネス連携が容易にできるとともに、大手企業が公開したAIなどの独自機能と、自社機能を組み合わせ、新しいサービス開発ができるようになります。

WebAPIにより当たり前のように使われているシステムがSNSのアカウントを使って、Webサイトに会員登録するシステムです。

これまでは、各社サイトごとに会員登録が必要でしたが、FacebookTwitterAPIを利用することで、利用者側はSNSの利用許可をするだけで会員登録が容易にできるようになりました。

WebAPIの活用方法

自分のアプリケーションからWeb APIを利用する際は、Web APIを提供する企業のWebサイトから利用登録を行い、APIキーを取得します。取得したAPIキーをWebサイトやアプリに実装すれば、Web APIを利用できます。

APIはプログラムなので、使用する際はプログラミングの知識が必要となってきます。

WebAPIWeb上でAPIを呼び出すため、HTMLCSSJavaScriptの知識はあった方がよいでしょう。

WebAPIの導入自体はそこまで難しいものではないので、ある程度プログラミングの経験がある方であれば、容易にできると思われます。

まとめ

Web APIはさまざまなWebサイトやアプリで利用されている身近な技術となりました。

APIの技術進歩はめまぐるしく、ここ数年で一気に発展を見せています。

ほんどの大手企業はビジネスにおいて活用するようになり、今後もますます進化していくジャンルと言えます。特に、AIIoTの分野にもどんどん進展していくでしょう。

このようにIT社会にとっては、ベターなものとなったAPI

Webの知識があれば活用することも容易なので、WebAPIを使ってみたい方や、これからWebAPIを使ったサービスを作ってみたい方は、プログラミングの知識も習得しながら、WebAPIの活用にチャレンジしてみて下さい。

転職エージェントを使って成功させましょう

IT業界へ転職を希望するなら、転職エージェントを使うことをオススメします。
登録から内定まで、バッチリ進めてもらえますよ。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20