20代で転職を検討されている方へ


よく聞くけど詳しくは知らないSAPについて

SAPとは

SAPとは世界で最も有名なERPパッケージで、ドイツのSAP社が開発しています。正式には「エスエーピー」と読みますが「サップ」と呼ばれることもあります。

30種類以上の言語をサポートしており、世界で高いシェアを獲得しています。サポートしている業務範囲も非常に広く、外部システムとの連携も可能です。主に規模の大きな企業を中心に導入が進んでいます。

ERPパッケージってなに?

ERP(Enterprise Resource Planning)とは、企業の情報を一元管理して経営戦略や業務効率化に役立てようとする仕組みのことです。そして「ERPパッケージ」とは、企業の業務を一元管理するシステムを指すことが多いです。

ERPパッケージは企業の基幹業務だけでなくそれに付随する業務までサポートできるようになっている製品も多く、導入に少なくとも数年はかかる非常に大規模なシステムになります。

SAPのメリット・デメリットについて

SAPのメリットとしてはまず、他のERPパッケージと比べ高品質であるということが挙げられます。

実績が少ない他のERPパッケージだと、導入終盤で大きな不具合の発覚などが原因となり訴訟に発展したケースもありますが、SAPは全世界で20万社以上が導入していて、十分に実績があり大きな不具合の心配は少ないと言えます。

そしてサポートできる業務範囲も非常に広く、販売管理、購買管理、在庫管理、輸出入管理、財務会計、資産管理、管理会計、固定資産管理、連結管理など、多くの経営に有益な情報をリアルタイムで管理することで、経営課題を可視化することができます。

またフルスクラッチで開発したシステムと比べると、ERPパッケージなのでシステムを一から作る必要が無いのでコストが削減できる点も大きなメリットの一つです。

逆にデメリットとして、SAPに詳しいエンジニアやコンサルを集めるのが大変であるということが挙げられます。

SAPエンジニアになるには専門的な知識と経験が必要なため非常にハードルが高くなっています。導入プロジェクトには過去にSAPを業務で利用した経験を持つエンジニアやコンサルを集める必要がありますが、そのような経験がある技術者はあまりいないのが現状です。

SAPの需要・将来性は?

SAPは世界中で利用されており、日本でも2016年の8月時点で40%近くの企業が導入しています。

他のERPパッケージと比べると非常に実績があるため、今後もシェアが伸びていくことが予想されています。そのため、SAPエンジニアは現在非常に魅力のある仕事と言えるでしょう。

SAPは需要が高くそのエンジニアの数はハードルが高いこともあり少ないため、SAPエンジニアの給料は非常に高くなっています。収入は多く仕事に困ることも無いので、SAPエンジニアは今後人気の高い職業になっていくことが予想されます。

転職エージェントのご紹介

自分自身で転職活動するのが一般的かもしれませんが、転職エージェントを利用するのもありです。
各業界に精通したコンサルタントがいますので、安心して転職活動が行えますのでおすすめです。

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方