20代で転職を検討されている方へ


【エンジニア・デザイナー向け】サイバーエージェントに転職するには

サイバーエージェントってどんな企業?

サイバーエージェントは、多くのインターネットサービスを提供する企業であり、有名なサービスとしてはブログサービスの「Ameba」や、ゲーム事業の「Cygames」、インターネットTVサービスの「AbemaTV」などがありますね。

どれも、私たちが手軽に利用出来るサービスで、インターネットサービスの中でも中心的なコンテンツだと言えるでしょう。

そこで今回は、インターネットサービス大手企業のサイバーエージェントが募集している職種について、それに必要なスキルや、エンジニアの業務環境、そしてキャリアパスを交えながら、サイバーエージェントへの転職方法を紹介します。

サイバーエージェントの募集職種について

サイバーエージェントの募集職種は多岐に渡りますが、エンジニアやデザイナーの仕事内容や必要スキルについて見ていきましょう。

エンジニア

サイバーエージェントが必要とするエンジニアには、次のような種類があり必要なスキルも様々です。

  •        UnityエンジニアUnityC#)を使用したネイティブゲームの開発経験、オブジェクト指向プログラミングの基本知識
  •        フロントエンジニアHTMLコンテンツのマークアップ、CSSでのUI構築、JavaScriptの理解、バージョン管理システム(gitなど)の概念や仕組み
  •        サーバサイドエンジニアWebサービスのシステム設計および開発経験3年以上、Go言語での開発経験1年以上、Webサービス開発に必要なインフラ、ミドルウェア、通信、ブラウザの知識
  •        社内インフラSEADActive Directory)の設計・構築および運用経験、シェルスクリプト、Pythonなど経験、システム導入の上流工程経験、AWSのパブリッククラウドの知識および経験
  •        テクニカルクリエイターPhotoshop/IIIsutratorの実務経験3年以上、スマホアプリやWebデザインの経験、SketchPixateなどの知識、アニメーション作成経験(FlashAfterEffectなど)、HTMLの知識とアプリ開発への興味

デザイナー

デザイナーは主に、サイバーエージェントが提供するサービスの中で、ユーザーが最も接する部分のUI/UXデザインを担当します。

必要となるスキルは以下のようなものです。

  •        Photoshop/IIIsutratorの実務経験3年以上
  •        スマホアプリやWebデザインの経験
  •        SketchやPixateなどの知識
  •        アニメーション作成経験(Flash、AfterEffectなど)
  •        HTMLの知識

これらは、サイバーエージェントが提供するサービスの中でも、ユーザーが最も触れる部分ですので、いわばサイバーエージェントの顔といっても過言ではありません。

サイバーエージェントのエンジニアは激務なのか

サイバーエージェントのエンジニアは、深夜にまで及ぶ業務も多かったようですが、近年は改善されています。

社内の雰囲気も個性的な環境で開放的な空間が用意されていたり、個別デスクやエンジニアの要望に合わせたスペックの開発環境を取り揃えたオフィスもあります。

育児・介護を考慮したリモート開発環境も導入されるなど、一人一人に合った働き方も用意されています。

もともと激務を想定して入社するエンジニアも多いのですが、21時には業務を終えることがほとんどですし、労働時間が長くてもここで働きたいと思わせる社風であると言えます。

サイバーエージェント のエンジニアのキャリアパス

サイバーエージェントのエンジニアには若い社員が多いことも特徴の一つです。

さまざまなサービスを展開する中で、常に変化する環境では、自ら宣言し行動する力が求められますので、技術的スキルはもちろんのこと「実行力」や「企画力」といったものも学べる環境です。

中長期を見据えたキャリアパスを確認するために、「月イチ面談」も実施されており、社員一人ひとりが自身のキャリアパスを意識出来る環境づくりが成されています。

サイバーエージェントのエンジニアに転職するには

サイバーエージェントがエンジニアに求める人材は、「あらゆるものを素直に吸収」し、「早いサイクルでアウトプットできる人」であることが、様々なメディアでも公言されています。

環境の変化スピードが速いインターネットサービス業界の最先端を行くサイバーエージェントでは、新しい技術の吸収力はもちろん、常に新しいことにチャレンジし、それを自ら発信できる人物が求められているのです。

転職エージェントを活用しましょう

サイバーエージェントに転職するなら、転職エージェントの活用がおすすめです。
専任コンサルタントがあなたをしっかりサポートして、転職成功へと導いてくれますよ!

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20