20代で転職を検討されている方へ


ITエンジニアが独立するために知っておきたいこと

フリーランスエンジニアの平均年齢は?

一つの働き方でもある、「フリーランス」

一度は憧れるのではないでしょうか?

フリーランスとして、独立したいと思っているエンジニアの方も多いのではないでしょうか?

では、何歳からフリーランスを始めるのがよいのでしょうか?

フリーランスエンジニアの年齢の比率を見てみましょう。

 ・24歳以下   2%

 ・2529 14%

 ・30~34歳 26%

 ・35~39歳 26%

 ・4044 19%

 ・4549 9%

 ・5054%    3%

 ・55歳以上   1%

レバテック社調べ

フリーランスエンジニアの平均は、30代が52%を占め、中心となっているのが分かります。

30代に、フリーランスとして独立する方が多いのが分かります。

フリーランスエンジニアの年収

フリーランスを始める時に、「年収の増収をしたい」という理由で始める方が多いです。

とはいっても、本当に増えるのか、減ってしまうのではないかと不安になると思います。

では、首都圏における年齢別に、フリーランスエンジニアの年収例を見てみましょう。

年齢 最高年収() 平均年収() 最低年収() 正社員年収
2529 900 696 420 378
3034 960 780 420 475
3539 1080 816 480 572
4044 1140 840 660 635
4549 1080 876 600 670
5054 1200 660 540 690
5559 1200 600 540 684

SE HACK社調べ
※正社員年収は、厚生労働省労働統計要覧参照

この統計から、正社員から独立し、フリーランスになると、ほぼ増収が見込めることが分かります。

フリーランスとして、増収するには、
1:案件の切り替えのタイミングでより単価の良い案件を探すこと
2:単価交渉をする
この2点が重要となります。

また、資格を取ることにより、より案件受注をしやすくなり、増収を見込めるようになります。

フリーランスエンジニアの労働時間

一言に、「フリーランス」といっても、就労体制は幾つかあります。

代表例4例から考えてみましょう。

1:副業
2:パラレルワーカー(正業を持たず、かといってフリーランス1本でなく、幾つかの仕事を掛け持ちしている人)
3:自由業(ライフイベントをきっかけに、やりたいことの実現や生活とのバランスを考えてフリーランスを選ぶ人)
4:専門職(自前の知識や技術を頼りに独立し、プロとして生活する人)

 ・1(副業):週6.4h

 ・2(パラレルワーカー):週13.6h

 ・3(自由業):週15.4h

 ・4(専門職):週33.3h

ランサーズ株式会社「フリーランス実態調査2018」参照

副業は土日に3hずつ、パラレルワーカーや自由業は平日3h程度、専門職は平日に6-7hという計算になります。

月収で考えてみましょう。

一例として、副業は月6万、パラレルワーカーや自由業は13万、専門職は30万円という試算があります(ランサーズ株式会社「フリーランス実態調査2018」参照)。

時間によって、収入が変わります。

ちなみに、時間給で考えると、どれも平均一時間当たり2000円となります。

フリーランスと正社員で異なる税金の話

正社員の例で考えてみましょう。

正社員のみの収入で、他からの収入を得ていない場合は、確定申告の必要はありません。

その代わりに、毎年年末に年末調整を行います。税金の処理は会社が行ってくれます。所得税は毎月の給料から源泉徴収されます。

フリーランスは事情が異なります。

ほとんどの人が確定申告をする必要があります。その為、確定申告の書類の作成や税金の計算が必要となります。

また確定申告に係る書類を保管する義務も生じます。

フリーランスと正社員の兼業の場合、給与以外の所得が20万円を超えた場合、確定申告の必要が生じます。

この場合、両方の所得の申告をする必要があります。

本気で転職するなら転職エージェントを

フリーランスで働きたいと考えている方も、転職エージェントが利用できます。
自分がどんな風に活躍していきたいのか、相談をしながら決めることができますよ。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20