20代で転職を検討されている方へ


「ブロックチェーン」って何? 徹底紹介!! 

近年、ITの進化によって我々の生活は便利なものとなりました。

インターネット上で本が見れたりダウンロード可能なので、ペーパーレスの時代といわれています。実は、それ以上に普及し始めているのがキャッシュレス、つまり現金を持たない時代になりつつあります。

これは、電子マネーや仮想取引の普及によって現金がなくても商品やサービスの売買取引が可能になったからです。

仮想通貨

もはや世界中でおなじみとなっている仮想取引。仮想取引は仮想通貨が誕生したため、急速に発展しました。

仮想通貨とはデジタル通貨の一種で紙幣や硬貨といった形が存在しないものです。

現在は色々な銘柄があり、ビットコインやリップル、ネムといった仮想通貨は耳したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

仮想通貨がもっとも使われているのは投資です。株のように特定の銘柄が安いときに買い、値上がりしたところで売りに出すことで資産を増やすことができます。

他にも現金の代わりに銀行への送金や、ECサイトや飲食店などで現金の代わりに決済することが可能です。

とても便利な仮想通貨ですが、インターネット上でやり取りするために様々なテクノロジーが使われています。中でも有名なのがブロックチェーンと呼ばれるものです。

ブロックチェーンとはいったいどんなものなのでしょうか。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、ブロックと呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、

(チェーン)のように連結していくことによりデータを保管するデータベースのことです。

ブロックチェーンは以下のような特徴があります。

・中央集権化を防ぐ

 管理団体がいないため、発行量の増減がありません。円やドルなどと違い、過剰発行によ り通貨の価値が急激に下がるといったことがありません。

・低コストで送金が可能

 金融機関を介さないので、手数料が最小限で済みます。

・データの改ざんができない

ブロックチェーンは暗号化され、分散されているためデータを複合し改ざんすることが実質できません。

ブロックチェーンの仕組みと理論について

ここではブロックチェーンの仕組みについて詳しく説明します。

・P2Pによる監視

ブロックチェーンとはデータベース(台帳)のことで、取引記録を記録したものです。

取引記録は世界中で絶え間なく生まれていますので、記録数は膨大なものとなります。

そのため、記録をある数でまとめてブロックにします。それを鎖でつなげているのがブロックチェーンです。

この取引記録を利用者で共有します。ある一部の取引記録が改ざんされたとしても、

他の利用者も同じ取引記録を持っているので、データの不一致により改ざんがわかってしまうのです。ユーザー同士で監視し合う仕組みをPeer to Peer(P2P)と呼びます。

・ハッシュ関数による暗号化

この取引記録は常にハッシュ関数で暗号化され、データだけみても分からないようになっています。

ハッシュ関数とはある値に規則性のない固定長の値を生成することです。

例えば、Aと入力すると「ghijeifi」という値で生成され、bと入力すると「i57og83h」という値で生成されるように、生成されたデータから元のデータを読み取る事ができなくなります

・マイニング

取引の整合性を取とる作業をマイニングと呼びます。ブロックチェーンは取引記録を台帳に追記していきますが、データの整合性を確かめるためにコンピュータによる計算を行います。ただ、記録数も多いため計算量は膨大なものとなります。

そのため、この計算をやってくれる人(マイナー)が存在します。

正確にはやってくる人のPCに専用のソフトをインストールし、そのPCが計算を行います。

なぜこのようなマイナーが存在しているかというと、マイニングに成功すると報酬がもらえるからです。一番早く取引の整合性を確認した方に報酬が与えられます。

ブロックチェーンのメリット・デメリット

ブロックチェーンを使う場合、安全性が高いというメリットがあります。

データの改ざんが難しいということ以上に中央でデータを管理している物が無いというところが一番の安全性といえると思います。

銀行のシステムなどは取引記録やデータはサーバーで管理しているので、仮にサーバーがハッキングされてしまうと甚大な被害が予想されますが、ブロックチェーンにはそれがありません。

ただデメリットとして、取引承認が遅い点があります。

取引する際にデータの整合性を確認して承認してもらう(マイニング)必要がありますが、

計算数が多いため時間がかかる場合があります。PCのキャパシティーをオーバーしてしまう場合もあるため、取引が増えれば増えるほど時間がかかってしまいます。

ブロックチェーンの応用例

ブロックチェーンの技術は現在、色々なサービスに使われています。

日立ソリューションズではECサイトなどで利用するポイントを管理するシステムに実際に利用されており、他にも不動産取引や農業の分野でも使われています。

また外国のエストニア国では、インフラとしてブロックチェーンが使われています。

課税システムや医療記録など国をあげてブロックチェーンの利用を行っています。

まとめ

今回はブロックチェーンについてご紹介しました。

ここ数年で急速に普及し、今後も様々な分野でブロックチェーンは使われていく事と思われます。そのためブロックチェーンを使えるブロックチェーンエンジニアの需要も増えていきそうです。

ブロックチェーンエンジニアになる場合は、限定的な技術はあまりないため、Javascript

C++といった言語やDBWeb、暗号化の知識を習得するとよいです。

世界的なテクノロジーですので、エンジニアの皆さんも是非ブロックチェーンを学んでみましょう。