20代で転職を検討されている方へ


「RPA」が未来社会を作る!?今からRPAエンジニアを目指すために必要なこと

企業に徐々に浸透しつつある「RPA」は、私たちのこれからの仕事の在り方を激変させます。

RPAを導入した社会では、対人交渉を行う営業や、RPAと人を繋ぎ管理をする仕事、そしてクリエイティブな仕事に限定されていきます。RPAの社会進出は、同時に人間の働き方改革を担う役割を果たすのです。

そして、今RPAを扱うエンジニアになる事は、未来社会を作る人材になると言っても過言ではありません。

そこで今回は、「RPA」とは何なのか、そして「RPA」の需要や将来性を確認しながら、今”RPAエンジニアになるための方法を紹介します。

rpaRobotic Process Automation)とは何か

RPAとは「Robotic Process Automation)の略称であり、広義では業務用のロボットの事を指します。ロボットとは言え、私たちの想像する機械仕掛けのモノと言うよりは、主にソフトウェアです。

業務用PCや大型サーバにRPAを導入する事で、業種に関わらず労働量とコストの削減、更には作業時間の大幅な短縮を実現できます。

ルーティーン化された業務はもちろん、AIや機械学などの認知技術を含む RPAは、人間が行う判断よりも正確でミスが無く、より効率的な業務を24時間365日休む事なく続けるのです。

受発注業務の自動化や顧客の管理、マーケティングを行うロボットまでが既に実用化されています。

今後、RPAが浸透する事で、エンジニアの立ち位置も「複雑な処理を行うプログラミング」ではなく、RPAと業務を繋げたより高度な自動化システムの提案・設計を行うエンジニアから、業務全体の効率化をコンサルトするエンジニアといった、これまでの経験をフルに活かした仕事内容へと変化していきます。

RPAは、業務内容の大幅な効率化だけでなく、エンジニアに求められるスキルや立ち位置すら大きく変える存在なのです。

rpaの需要・将来性は?

今後の日本は、超高齢化に伴い労働力の低下が著しいものとなります。それは、外国人労働者を増やしても追いつかない程です。

そのような将来を見越した上で、RPAはあらゆる業種への需要と将来性が見込まれています。

また、RPAは既に企業による導入が徐々に進められており、その効果として「コスト削減」や「稼働効率の上昇」といった導入実績にも現れ始めているのです。

これらを加味しても、既に現時点でも需要があり、その将来性は大きく期待されています。

rpaを扱う企業一例

RPAソフトウェアを取り扱う代表的な企業には、以下のような企業があります。

  •        大和ハウス工業

基幹業務にRPABizRobo!」を導入し、データ収集頻度の向上や大幅な業務コストの削減を実現しています。

  •        三菱東京UFJ銀行

RPAを導入する事で、年間1万時間の作業削減に成功しています。また、2023年度までに約9500人に相当する労働量削減も目指しています。

  •        オリックス・ビジネスセンター沖縄

RPAを営業事務に導入し、予約業務を中心とした関連業務を「BizRobo!」が担う事で、繁忙期の業務量の3割削減を実現しています。

RPAを扱った職種について

RPAを導入する事で、営業職においても業務改善が成されています。

営業職の中でRPAが担う業務は、主に営業アシスタントです。

RPAは営業アシスタントとして人を雇うリスクや、コストの問題解決に大きな効果を発揮します。

ロボットソフトウェアであるRPAならば、人を雇った際のヒューマンエラーを始め、24時間休む事なく業務可能なRPAは、急な欠勤による業務への支障を未然に防ぐことも可能です。

また、人を雇った際の教育コストや給与といったコストも大幅な削減が実現できるのです。

RPAエンジニアになるには

今後大きく将来性が見込まれるRPAは、普及と共にエンジニアの需要も高まります。

RPAエンジニアを目指すには、プログラミング能力があるに越した事はありません。しかし、それ以上に必要となるのがRPAに対する向学心と、RPAをお客様に導入する際のコミュニケーション能力です。

RPAを導入するお客様の一番の目的は業務改善ですので、改善したい業務内容を聞き出す「コンサルティング能力」と、業務フローを正確に理解する「要件定義」が必須となります。

RPAエンジニアに求められる能力は、高度なコーディング能力ではなく、システムや業務を把握するための「豊富なコンサルティング経験」が優遇される能力となるはずです。

まとめ

RPAは既に、人間が行う仕事の中に徐々に導入されています。

そこで必要となるのは、RPAを利用した業務改善のコンサルティング能力です。

そのためには、プログラミング知識からコミュニケーション能力に至るまで幅広い経験が必要ですが、何よりも「RPAエンジニアを目指す」という意思こそ、今必要なモノなのです。