20代で転職を検討されている方へ


転職すべきでない人の4つの特徴!それでも転職したい場合のコツ!

The following two tabs change content below.

末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職のプロがぶっちゃける形で転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

年収が増える労働環境の改善単調な業務で得られなかった成長の機会など。今までの職場では、実現できなかったことや解消できなかったことが、転職することで可能になると考えている人は多いです。

ただ、必ずしもすべての人が希望を叶えられるわけではないのです。中には、転職したことで、より状況が悪くなることもあります。状況が悪くなる要因には、実は今転職すべきではなかった、というケースがあるのです。

今回は転職すべきでない人の特徴転職したほうが良い人の特徴についてご紹介します。また、どうしても今すぐ転職したい人向けに、転職が成功するコツを説明していきます。

転職すべきでない人って?


現役の転職エージェントとして、色々な方のお話を日常的に聞いていると「この方は今転職しないほうが良い」と思うことがあります。

今は売り手市場でどこの業界も求人が増加しているので、転職するのなら今なのでは?と思う人が多いのです。

転職すれば収入が増え、今よりも生活がラクになる、残業が少なくなってプライベートが充実する……などと転職に希望を抱いている人ばかりだと思いますが、中には今と状況が変わらなかったり、逆に悪くなってしまうこともあります。

そこで、今転職をすべきではない人の特徴をまとめてみました。転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

①現状に満足している人

今の会社で働くことに対して、とくに不満を感じていない場合は、転職するのは控えましょう。

現在の環境に満足しているのであれば、転職する必要はありませんよね。
また、変化を好まない人も、控えた方が良いです。

転職にはリスクが付き物なので、転職したことで年収が下がったり、残業が増えてしまったり。または、思ったような仕事ができない、など生活が一変してしまうこともあるからです。

②不満を誰かの責任にしている人

自分の退職理由を考えたときに、「会社の業務内容が悪い、上司が悪い。でも、私は悪くない」といったネガティブな理由が思い浮かんだ人は、転職するのを考え直したほうが良いでしょう。

面接で上記のような転職理由を話した場合、面接官が「うちでも同じようなことを思って、辞めてしまうのでは?」と懸念を抱いてしまうからです。

ですので、転職すべきではないと言えるでしょう。

③問題を改善しようとしていない人

2つ目の特徴に続くことですが、業務内容や会社への不満があるものの、自ら改善策を考えなかったり行動しない人は転職しない良いでしょう。

自分の理想がすべて当てはまる会社は、この世にはありません。そのため、業務内容や会社、上司に対する不満は転職後にも、発生する可能性があります。

また、問題が発生する度に転職を繰り返してしまうと、自分のキャリアにも傷がついてしまいます。

会社のどういうところに不満があるのか」・「どうしたら働きやすくなるのか」を考え、改善するために動いたものの、それでも良くならない場合には転職を考えるようにしましょう。

④具体的なキャリアプランがない人

ただ現状から逃げ出したくて転職する人は、具体的なキャリアプランがない人がほとんどです。キャリアプランがない人は、「どのような働き方をしたいのか」・「将来はどうしたいのか」を考えていないので、採用選考を突破しにくいです。

仮に突破できても、具体的なキャリアプランがないので、転職後にまた転職を繰り返す可能性があります

キャリアプランを明確にすると、転職先の会社で目的を持って働くことができます。目的があれば、それに向かって努力ができるので、長く勤められるようになるのです。

転職したほうが良い人の特徴って?


転職すべき人に当てはまらなかったけど、本当に転職しても良いのかな?と悩む人もいますよね。

そこで、転職したほうが良い人の特徴を以下にまとめてみました。すべてを紹介しているわけではないのですが、おおむねポジティブな理由がある人転職で有利に働くことが多いです。

企業としても、ポジティブな理由で転職し、積極的に仕事をしてくれる人を採用したいと考えているからです。

①明確なキャリアプランがある人

未経験の業界や職種に挑戦してみたい」・「マネジメント経験を積みたいが、現在の会社ではできそうにない」・「具体的に携わりたい仕事がある」など。現在の会社では挑戦する機会がない、もしくは非常に限られている場合は転職したほうが良いでしょう。

将来、どうしたいのか」・「どういう仕事がしたいのか」など、明確なキャリアプランを持っている人は、実現に向けて転職するべきです。訪れるかも分からないチャンスをただ待っているのは、時間が非常に勿体無いです。

他にも専門的なスキルを身に付けたい人も転職したほうが良いでしょう。

ちなみに、スキルの獲得にも適した環境があります。自分がどういうスキルを身に付けたいのか、その方向性が明確になっている人は、転職するのも1つの手です。むしろ転職したほうが自分の希望するキャリアプランへ早く辿り着けます。

②年収や待遇が相場よりも低い人

自分の年収や待遇が、その職種・業界の相場よりも低い人は転職するべきです。

転職することで年収が上がり、待遇が良くなることが多いからです。

年収や待遇に不満がある人は、職種・業界の相場をまず調べてみましょう。もし低いようなら、転職に向けて動き出すことをおすすめします。

③転職でしか不満を解消できない人

職種・業種などの慣例や体質など、自分1人では解決できない不満を抱えている場合は、転職したほうが良いでしょう。

不満を感じながら業務をおこなえば、仕事が疎かになりやすいです。また、いつまで続くか分からない不満を抱えていると、強いストレスになってしまい、身体的・精神的な不調が生じやすくなります。

例えば、上司との折り合いが悪いという理由も、ここに含まれるかと思います。
自分なりに歩み寄ってみたけれど、それでもダメだった、難しい。

そういうことであれば、転職を視野に入れるべきかもしれません。

④このまま働いてたら体調を崩す人

残業が多くて過労死ラインを超えそうな人は、自分の命を守るためにすぐに転職をすべきです。

過労死ラインを超えるほどの残業ではないけど、3ヶ月以上45時間を超えている場合は健康障害が発生しやすくなります。

体調を崩して、長期間働けなくなる前に、転職を考えたほうが良いでしょう。

転職者の成功談・失敗談


実際に転職をした人の中には、無事成功したという人もいれば、失敗してしまったという人もいます。
成功談・失敗談について、いくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職に成功した人の体験談

営業・29歳
●<残業時間が減ったのに、収入が増えた!>
あまりにも残業が多くて、自分の時間が取れないどころか、体調まで崩して大変でした。

社風や環境を重視し、思い切って転職をして、今では残業時間が2割減ったにもかかわらず、収入は2割増しになりました!

転職した結果、働き方だけじゃなくて、収入も増えたのは予想外ですが、とても嬉しいです。

医療関係・27歳
●<キャリアプランをしっかり伝えたら内定がもらえた!>
転職回数が多くて、面接時に退職理由を聞かれるのが、正直とても不安でした。
これまでも回数については質問され、うまく答えられず不採用ばかり……。

ですが、キャリアプランについても熱く伝えたところ、内定がもらえました!
現状のみならず、今後数年先どのようになっていたいのか、どんなことを目指しているのか、その熱意がうまく伝わってよかったです。

5年後、10年後のこともきちんと考えておくことが大事なんだと、この面接をきっかけに改めて思いました。

教育関係・26歳
●<一人では解決できない悩みを転職で無事解決!>
どうしても衝突してしまう上司がいたんで、自分から歩み寄り改善しようとしたけどダメで…。結局、上司の態度は変わらないし、私は体調を崩しちゃって、転職することに。

一人だと不安だから、エージェントを利用して、社風や環境を調べた上で今の会社に入社。

面接対策とか応募書類の添削とかサポートしてもらって、相談にも乗ってもらえたのが嬉しかった!
今ではすごく過ごしやすく、業務もはかどって楽しい。

転職に失敗した人の体験談

美容関係・30歳
●<ノルマが嫌で転職したけど…>
売上のノルマが厳しく、毎月達成できず嫌になってしまったんですよね。
そんな苦しみから早く逃れたくて、転職をしたんです。

でも、入社してみたらブラック企業にも近い会社。
ノルマがあっても、前職の方がずっと働きやすくて、正直転職しなければよかったと思いましたね。

転職したことを後悔し、その中でも入社前の下調べが甘かったことが、何よりの後悔でした。

IT業界・27歳
●<スキル不足が露呈して、肩身が狭くなった…>
今の仕事を辞めたい気持ちが強く、転職活動をしました。
その結果、内定をもらうことができたんですが、入社後に実力不足が露呈…。

スキル不足で足を引っ張ってしまい、現在では後輩に役職を追い抜かれ、自分が指示される側に。
会社にいるのも肩身が狭く、転職する前の方がマシでした。

営業・32歳
●<高給料にはなったけれど、生活が変わってしまった>
給料が低いことに不満を持っており、高給与の会社に転職。

残業時間の多さや休日出勤もいいと思っていたけれど、実際に働き出してみたら、その考えが間違いだと気付きました。

確かに給料は上がったけれど、家族との時間も少なくなってしまい、生活が以前と変わってしまった。

それでも転職したいのなら?


「転職すべきでない人の特徴に当てはまっているけど、それでも転職したい!」という意思が強い人向けに、転職するためのコツをご紹介します。

自分のキャリアやスキルを把握する

本格的に転職活動をする前に、自分にはどのようなスキルやキャリアがあるのか棚卸ししましょう。

スキルやキャリアを棚卸しすることで、「自分には何ができるのか」・「今の自分の市場価値」を把握できるようになります。

しっかりと棚卸しした段階で、「どういう仕事をしたいのか」・「将来、どうしたいのか」を考え、もしスキルが足りないのであれば、「目標のためにはどういうスキルを身に付ければ良いのか」が分かるようになります。

将来の自分がどうなりたいのか、そのためにはどうすれば良いのか。この一連の考え方はキャリアプランを立てるのにも役立ちます。

「なぜ転職したいと思ったか」を言語化する

人間関係がうまくいかないから」・「嫌な仕事ばかりだから」という理由だけで、仕事を辞めてしまうと転職が失敗しやすいです。

「なぜ転職したいのか」を自分に問いかけ、転職理由を明確にすることで、「転職してどうしたいのか」・「どういう仕事がしたいのか」が自分でも分かるようになります。

上手く言葉にできない場合は、紙に書き出してみるのもおすすめです。

1つ1つ、なぜ転職したいのかを書き出せば、転職理由を言語化できるようになります

紙に書き出しても言語化できない場合は、転職エージェントを活用するのも1つの手です。転職エージェントでは、転職が成功するように様々なサポートをしてくれます。

転職エージェントを活用する

どうしても転職したいのなら、転職エージェントを活用することをおすすめします!

転職エージェントではプロのキャリアアドバイザーが、スキルやキャリアの棚卸し転職理由の言語化など、転職に関わる様々なことをサポートしてくれます。

初めての転職で勝手が分からないキャリアプランの考え方についても、専任のキャリアアドバイザーがアドバイスをしてくれるので、転職の役に立ちますよ。

他にも履歴書の添削面接対策非公開求人の紹介をしてくれるので、1人で転職活動をするよりも効率的に進めることができます。

転職すべきでない人に当てはまった人でも、転職エージェントを上手く活用すれば転職の成功率は高くなります

転職したい人におすすめの転職エージェント


転職したい人におすすめの転職エージェントを3社ピックアップしました!

それぞれ特徴や強い分野が異なるので、自分に合いそうな転職エージェントに2〜3社登録してみて、相性を確認してみてください。

1番、親身になってサポートしてくれそうなエージェントと一緒に、転職活動を進めるのが転職を成功させる鍵です!

Type女性の転職エージェント

【メリット】

・女性のアドバイザーが担当
・女性に人気がある求人を多数保持
・未経験でも挑戦できる職種が多数
・女性の転職に対する10年以上のノウハウ

【デメリット】

・40代以上の求人が少なめ

【おすすめの人】

・女性の転職に特化しており、すべての女性におすすめ!
・結婚や出産など、女性ならではの悩みに関しても相談したい人

  • Type女性の転職エージェントが気になる方はこちら

doda

【メリット】

・国内第2位の求人数を保有
・面接・書類作成などのサポートが手厚い
・マッチングにこだわり、キャリアアドバイザーが求人を絞って提案!

【デメリット】

・求人の絞り込みの精度が、キャリアアドバイザーによって異なる可能性がある

【おすすめの人】

・多くの求人を網羅的に閲覧したい人
・自分に合った求人をプロ視点で絞り込んで提案してほしい人

マイナビエージェント

【メリット】

・大手の転職エージェントの1つ!
・営業系の求人を多数掲載
・20代向けの未経験業界や職種の求人を多数保有
・若手向けサービス“マイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の転職活動も手厚くサポート

【デメリット】

・大手なのでキャリアアドバイザーの数が多く、質にばらつきがでる可能性がある

【おすすめの人】

・20代で転職を考えている人
・異業界や異職種へのキャリアチェンジを希望している人

  • マイナビエージェントが気になる方はこちら