20代で転職を検討されている方へ


あなたに合ったエンジニア職に特化している転職サイト・転職エージェントをご紹介!

エンジニア職で転職先を探していて、どうやって探すか、どこを利用したらいいのか迷ってるのではないでしょうか?
探す方法として、主に3つほどありますが、今回はエンジニア職に特化した転職サイトと転職エージェントを使った転職の仕方について詳しく解説したいと思います。

この記事では、エンジニア職の求人に特化している転職サイトを紹介します。エンジニアへの転職を考えている方にお役に立つ記事ですので、是非ご覧ください。

この記事で分かること

エンジニア職に転職するための3つの方法を理解し、どれを利用すれば転職への一歩目を踏み出せるか分かるようになる。

エンジニア職に転職するための3つの方法

エンジニアに転職するには、以下の3つの方法があります。

  1. 知人から求人を紹介してもらう、または企業へ直接応募する
  2. 転職サイトを使って自分で企業を探す
  3. 転職エージェントを利用する。

それぞれ詳しく見てみましょう。

①知人からの紹介、直接応募

直接応募や知り合いからの紹介

1つ目の方法は、転職サイトやエージェントといった仲介業者を利用せず、企業へ直接応募したり、知人から紹介したりしてもらうものです。

直接連絡して面接まで行えるため、スピーディーに活動を進めることができますが、書類作成から金額交渉まですべて自分で行う必要があるため、ある程度の交渉力が必要になるでしょう。

また、知人からの紹介では、知人を介して信頼関係が築きやすく、内定がもらいやすいメリットがありますが、信頼関係がネックとなり金額面での交渉がしにくくなる可能性もあります。

②転職サイト

転職サイトは、地域や職種、条件面で企業の求人を検索できるサービスです。求職者は1つまたは複数の転職サイトへ登録し、自分の希望条件に見合った求人を探し、応募します。

転職サイトを使うメリットは、掲載求人数が多いため、たくさんの企業を比較して選べることです。転職サイトを利用する流れは以下のとおりです。

  • 転職サイトへ登録する
    転職サイトへ登録します。
  • サイト内で求人を検索し、応募する
    希望条件を入力し、求人情報を検索します。応募したい企業を見つけると、転職サイトから直接応募できます。
  • 面接し、内定をもらう
    転職サイト内で企業へ連絡し、面接の日程を調整します。内定をもらえた後の入社日程や給与面での交渉は自分で行う必要があります。

エンジニア定番の転職サイト

Green

Greenは、ITやWeb業界に特化した求人サイトです。特にベンチャー企業やスタートアップ企業の求人が多いため、これらの企業に転職したい人におすすめです。

paiza転職

Paiza(パイザ)は、IT/WEBエンジニアに特化した求人サイトです。

プログラミング言語や、受託か自社製品かといったクライアント形態などから細かく条件を絞ることができ、プログラマーにとって検索しやすいことが特徴です。

エンジニア未経験にオススメの転職サイト

ENTRY

ENTRY(エントリー)は、エンジニア向け求人サイトpaizaが提供する、未経験者向けの求人サイトです。「未経験者歓迎」の求人情報が多いことが特徴です。

Tech Camp

プログラミングスクールTech Campが提供する学習コースの中には、転職サポートが付いたものがあります。

どういうものかというと、専属のキャリアアドバイザーがおり、プログラミング学習者が転職を決定するまでサポートするというものです。
「転職に成功しなかった場合には受講料を全額返金する」としています。

フリーランス向けの転職サイト

engineer factory

Engineer factoryは、フリーランスエンジニア向けの求人サイトです。担当コンサルタントと面談し経歴や希望条件を伝えると、希望条件にあったプロジェクトを紹介してくれます。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、フリーランスエンジニアの求人サイトの中でも直請けの案件が多く、単価が高いことが特徴です。キャリアアドバイザーと面談し、案件を紹介してもらうという流れになります。

work ship

Work shipには、エンジニアやデザイナーなどのプログラマーだけでなく、ディレクターやマーケター、人事、広報、ファイナンス分野の案件が掲載されています。

③転職エージェント

転職エージェントとは、人材を求めている企業から依頼を受け、採用条件に見合う人材を企業に紹介するサービスを行う企業のことです。

求職者にとっては、一般に公開されていない求人に応募出来たり、キャリアアドバイザーへ相談できたりすることがメリットです。

転職エージェントを利用する流れは以下のとおりです。

  • 転職エージェントへ申し込む
    転職エージェントのWebサイトから、自分のプロフィール等を入力し、応募します。
    転職エージェントを利用する際にお金はかからず、無料で利用できますので気軽に応募できます。
  • キャリアアドバイザーと面談し、求人を紹介してもらう
    職エージェントから連絡が来て、面談する日程を決定します。面談時には、求職者のこれまでの経歴や希望の職種・条件などをヒアリングします。

    もしもはっきりとした希望条件や職種が決まっていない場合でも、キャリアアドバイザーへ相談することで自分の気持ちを整理できたり、方向性を定めたりできるでしょう。

    希望の職種や条件が明確になったら、転職エージェントがあなたの希望条件に当てはまる求人を紹介してくれます。企業の内情を教えてくれますので、応募企業についてより深く知ることができます。

  • 求人へ応募し、面接
    応募する企業を決めると、転職エージェントが企業に連絡し、面接の日程を調整してくれます。
    また、履歴書の書き方や面接対策についても、エージェントがアドバイスしてくれます。
  • 内定、入社
    内定後、入社日の調整や給料の交渉などを転職エージェントが行ってくれます。入社したら事前に聞いていた条件と違うといったトラブルについても転職エージェントに相談できますので安心です。

転職サイトは、自分で転職を進める必要がありますが転職エージェントはあなたのキャリアプランに沿ってアドバイスをくれ転職活動の手助けをしてくれます。

一人での転職活動を少しでも不安に思っている方は一度、転職エージェントに相談するだけでもその後のキャリアプランが大きく変わる機会になるのではないでしょうか?

次で、エンジニア職に特化した転職エージェントをご紹介したいと思います。

エンジニアに特化した転職エージェント

マイナビIT

マイナビエージェントITは、ITエンジニア専門の転職エージェントです。
マイナビITが抱えている求人の8割が非公開求人であることが特徴です。また、ベンチャーから大手企業まで幅広く求人を取り扱っています。

下記でマイナビITのメリット・デメリットの特徴とオススメな人をご紹介します!

特徴
<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります。

こんな人がおすすめ!

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという方

レバテックキャリア

レバテック キャリアは、ITエンジニアとWebクリエイターに特化した転職エージェントです。
特徴は、キャリアアドバイザーだけではなく、現役エキスパートエンジニアから職務経歴書の添削を受けられること。

職務経歴書でアピールするポイントを企業ごとに変える施策を打ち出しており、高い内定率を誇っています。

下記でレバテックキャリアのメリット・デメリットの特徴とオススメな人をご紹介します!

特徴
<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 専門用語はもちろん最新技術の話が通じるキャリアアドバイザー

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

エンジニアやクリエイターの転職に特化したエージェントは正直多くありません。
なので、IT・Web業界にエンジニアやクリエイターとして転職したいという方は、レバテックキャリア・マイナビITの両方に登録しておく事をオススメします。

まとめ

ここまで、エンジニア職に特化した転職サイトについて解説しましたが、いかがでしょうか?

転職サイトだけでなく転職エージェントを利用し、あなたが転職活動をする上で相性の良い方法を自分で組み立て活用できると転職の幅も大きくかわるのではないでしょうか?