20代で転職を検討されている方へ


転職エージェントが教える!女性の転職で失敗しない方法

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職のプロがぶっちゃける形で転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

ここ近年、女性の転職者が増えてきています。
その理由の一つとして、女性活躍推進法育休制度の充実などが挙げられます。

以前に比べて少しずつ、女性にとって働きやすい環境が整備されつつあるため、転職を検討する女性が多くなっているようです。

仕事と家庭を両立させたい、もっとキャリアアップしていきたい。
女性の転職は、キャリアを優先するのか、ワーク・ライフ・バランスを重視するのかで、大きく変わってきます。

また、女性には結婚や出産というライフイベントもありますよね。
その場合、転職するタイミングはいつが最適であるのか。

気になる女性の転職について、ご紹介していきたいと思います!

女性の転職理由は?

女性が転職する理由は、男性とはまた少し変わってきますよね。
子育てや家事、スキルアップなどその理由は様々です。

では、どんな転職理由が多いのか、ご紹介していきますね。

スキルアップのため

女性の転職理由で最も多く見られるのが、「スキルアップしたい」というものです。

なぜなら、「今の仕事にやりがいがない」・「仕事の幅を広げたい」といった、専門性の高い仕事など数字として評価される仕事に就きたい、という思いがあるためです。

このことから、仕事で向上していきたいという、強い意欲を持つ方が多いというのがわかります。

また、子供を抱えている方、子供を抱えていない方ともに、自身の成長キャリアアップを目指したいと考えて、転職を検討しているみたいですよ。

ステップアップも同時に図っていきたい、というポジティブな理由だと言えますね。

もちろん、中にはスキルアップをしていくことで、収入アップを目指したいから転職するという方もいます。

女性のライフイベントのため

女性には、結婚・妊娠・出産などのライフイベントがあります。
そのため、ワーク・ライフ・バランスを重視したいと転職する方もいます。

その理由は、残業時間が多いことや、休日が少ないことで、家庭との両立ができなくなってしまうためです。

育児をしながら家事もこなし、仕事もしていくとなると、女性にとっては非常に大変で、人によっては体調を崩してしまうこともあるでしょう。

子育てをしながらも無理なく働ける環境を得たいと考え、転職したいと考える女性が多いのです。

人間関係のため

女性の転職理由の中にも多く見られる、「人間関係」。

上司からのパワハラ、同僚との折り合いが悪いなど、そういった理由で転職をする女性も多くいます。

できるだけ業務に支障をきたさぬよう、自ら歩み寄っても現状が変わらない。
その結果、体調を崩してしまったという方もいれば、精神的に辛くなってしまったという方もいるようです。

快適な環境で仕事をしていきたい、風通しが良い企業で働きたいと考えて転職を検討する女性も多いのです。

詳細につきましては、後ほどご紹介したいと思います。

スキルアップのための転職で気をつけること

スキルアップをするために転職をしたい。
そう考えている方には、いくつか気をつけていただきたいことがあります。

その注意したい部分について、お伝えしていきますね。

イメージでの転職をしない

自身のイメージだけで転職するのはやめましょう
具体的な仕事内容・やりがい・大変さ、自らの適性をしっかりと考えずに、転職してしまうと失敗してしまいます。

例えば、求人情報を見て「こんな感じの企業なんだろうなぁ」。
そう自身でイメージをしていたけれど、実際に内定をもらって入社をしてみたら、全く違っていたというケースもあります。

また、入社して働いてみたら求人内容とは異なっていた、というミスマッチが起きてしまったというケースも多くみられます。

失敗し後悔しないためにも、イメージでの転職はNGです。
きちんと企業について情報収集をして、よく考えた上で転職するようにしましょう!

スキルアップの目的を明確化する

スキルアップの目的を明確化する、これが非常に重要です。
なぜなら、明確化しなければ、面接時に理由を聞かれた際に、きちんと答えることができず、不採用にされてしまうからです。

スキルアップを考える際には、自分の価値観生き方を確認しましょう。
「どんなことがあっても譲れないものは何か」・「どんな風に生きていきたいのか」。

目的を明確化することで、自分の目指す方向が大きく変わってきます。

例えば、「将来は起業して、自分の会社を大きくしていきたい」という方と「技術者として、後世に残るテクノロジーを生み出したい」という方では、すべきことが違いますよね?

だからこそ、スキルアップの目的を明確化することが大事なのです。
明確化できれば面接の際、自分の考えを面接官にしっかり伝え、理解してもらえるはずです。

人間関係が原因で転職をする場合

人間関係が原因で転職する女性もいます。
その理由は、上司や同僚との折り合いが悪い上司の言っていることがコロコロ変わる、といったものです。

確かに苦手な人がいると、仕事のモチベーションも下がってしまいますよね。
しかし、だからと言って人間関係を理由に転職をする場合には、ストレートに答えてはいけません

その理由としては、「また人間関係を理由に、退職されてしまうリスクがある」と判断されてしまい、マイナス評価に繋がってしまうためです。

逆に自分が面接官だった場合、人間関係についてストレートに言われると、「また同じことを言って退職するんじゃないかな…」と不安になりませんか?

マイナス印象を与えないためにも、なるべくポジティブに捉えてもらえるような、転職理由にするのがベストです。

アドバイス①
不満に感じている部分に触れながらも、これまでの社内の人間関係でプラスになったことを述べると、マイナス印象を避けることができるでしょう。

アドバイス②
前職での人間関係の不満を伝えず、今後期待したいこととして考えを伝えるのも効果的です。

例えば「社内での連携でさらに大きな成果を上げられるような、そんな仕事に挑戦したい」など。

人間関係がより良い環境で働きたいと言ったポジティブな理由にするとGOOD!

転職のタイミングで気をつけること

女性の転職で気をつけたいのは、ズバリ転職するタイミングです。

ライフイベントがある女性は、しっかりとタイミングを見極めて転職しなければなりません。
中にはタイミングを見誤り、不採用にされてしまったという失敗談も多く見られます。

では、「結婚前・後」「出産前・後」の、どのタイミングでの転職が望ましいのか、その詳細についてご紹介していきますね!

結婚前に転職する場合

実は、女性が転職する際に最も良いと言われている転職のタイミング時期は、結婚前なのです。

結婚前に転職するメリットとして、柔軟に転職活動ができることや、出産・育児の前に新しい職場で貢献できる時間が作れることが挙げられます。

実際に、女性のための転職サイトでのアンケートによりますと、結婚前に転職をすればよかったと後悔する女性も多くいました。

逆にデメリットとして挙げるとすれば、結婚後の手続きが面倒であることです。

役所の手続きには時間もかかってしまいますが、転職を安定させてから結婚するのが、最も良い転職タイミングだと言えるでしょう。

結婚後に転職する場合

結婚後に転職する方も、結構多く見られます。
結婚後に転職をするメリットとしては、勤務条件の優先順位が立てやすいことや、職場を選ぶ際の判断軸が明確になっていることが挙げられます。

すでにライフスタイル・優先順位の条件が決まっているため、働きやすい職場なのかどうか、その判断がつきやすくなります。

一方、デメリットとして挙げられるのは、ブランクを指摘される場合があることや、条件に見合う求人が見つからない可能性があることです。

高い専門スキルや資格を持っている方であれば、そこまでハードルは高くなりません。
ただ、スキル不足や経験不足、ブランク期間が長期の場合、正社員での転職はハードルが高くなる傾向にあります。

また、結婚したばかりで間もない女性の場合は、妊娠・出産の可能性がありますよね。

ですから、「採用しても退職されてしまうのでは?」と捉えられてしまうことがありますので、注意が必要です。

出産前に転職する場合

女性が転職する際、出産前に転職するのがベストです。
現実問題として、子育て中も働きやすい企業に転職し、環境を整えておく方が賢明だと言えます。

新しい職場でしばらく仕事に集中をして貢献し、優秀な人材であることを周囲にアピールしておくことで、育休後の職場復帰もスムーズに進められる可能性があります。

有給休暇の取得も考えると、やはり出産前に転職しておくのが良いでしょう。

出産後に転職する場合

出産後に転職するのは、正直あまりオススメできません
なぜなら、育児休暇を取得するためには、一般的に「同一事業主に引き続き1年以上雇用されている」という条件。

そして、「子が1歳に達する日を超えて引き続き雇用されることが見込まれる」という2つの条件を満たさなければならないからです。

労使協定が締結されていれば、転職後1年以内は育休の取得ができないので、頭に入れておくようにしておきましょう!

ただ、出産休暇につきましては、このような条件はないので安心してください。

転職した女性のリアルな声とは?

女性転職者がどのように転職活動を進めて、どんな結果だったのか気になるところですよね?

今回は、実際に転職をして成功した方、失敗してしまった方の口コミをご紹介していきます。
転職する上で参考にしてみてくださいね!

転職に成功した女性の体験談

保育関係・29歳
子供の頃から保育士になるのが夢で、その職業に就きました。
実際に働いてみると、職員同士の人間関係がつらく、上司とも考え方が全く合わなかったんです。

先輩職員の中には仕事に対してやる気のない人もいて、子供たちが可哀想に思えました。

実際に色々なところを見学させてもらい、気に入ったところに応募・面接をして、新しいところに決まりました。

見学をしてから決めたので、とても人間関係が良いですし、私の考えをわかってくれる上司もいます。
あの時、ちゃんと見学をしてどんな職場なのか確認して良かったです。

通信関係・32歳
以前から子供が欲しいと思っていましたが、転職エージェントのコンサルタントから、転職後の方がベストだと言われました。

本当はすぐにでも子供が欲しかったのですが、ぐっとその気持ちをこらえて転職を最優先しました。

無事内定をもらうことができて、入社してから1年半がたった頃、子供を授かり産休制度の申請をしたら、無事もらえました。

今では会社の人たちの理解もああり、職場復帰の話もきちんと通してあるので、今回の転職は成功だったなと思います。

転職に失敗した女性の体験談

飲食関係・31歳
当時は20代半ばでしたので、アパレル関係に興味を持ってはじめてみたものの、拘束時間が長く忙しい時期が多く、彼氏と休みも合いませんでした。

給料は安かったのですが、仕事は楽しかったので続けていたけれど、彼氏に結婚を切り出され、そのまま退職して結婚。

IT関係で働いていた彼氏の給料がそこそこ良かったので、扶養家族になるためにアパレル業を辞めて、パート職になりました。

その途端に旦那の会社が倒産してしまい、転職もうまくいかずアルバイトになってしまいました。

自分のやりたい仕事を辞めてまでついて言ったのに、今では二人で働いてギリギリの生活に…。
若いうちにやりたい仕事をもっとしておけば良かったです。

公務員・27歳
仕事が忙しいことを心配した母の勧め、そして市役所の求人があまりに魅力的で惹かれたため、転職をしました。

休みも増えるし給料も増えるし、いいことだらけだと思ったからです。

でも、職場で私は浮きました、転職前にウェディングプランナーとして働いていた環境とはあまりに違いすぎて。

上司が頭の固い人で融通がきかず、その度何度か上司と衝突してしまいました。

そのせいで上司とうまくいかず、毎日嫌味を言われるようになりました。

休みも多くて仕事内容も落ち着いているから魅力的に見えましたが、大事なのは給料や休みの日数ではないのだと思い知らされました。

女性の転職で失敗しないためには?

女性はライフイベントを控えていますし、家事と仕事の両立もあります。

仕事・家事をしながらの転職は、とても大変なものだと思います。
時間が多くあるわけではないので、焦って転職してしまう方もいれば、先延ばしにしてしまっている方もいるでしょう。

そんな忙しい女性の強い味方となってくれるのが、転職エージェントです。
転職のプロであるコンサルタントが、あなたの転職活動を成功へと導いてくれます。

もちろん、転職エージェントにもよりますが、基本的に無料で利用できます。
転職を決意せず、相談だけしたいという方でも利用できますよ。

ぜひ、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか?

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18