20代で転職を検討されている方へ


どれがいいの?オススメのWebフレームワークについて

 いまや、Webアプリケーションは様々なところで使用されています。Webアプリケーションを構築するためには、「Webフレームワーク」というのが必須となっています。では、「Webフレームワーク」とは、ナニモノなのでしょうか?

1.     Web系言語について

 「Web系言語」と言っても、様々な言語があります。オブジェクト指向型言語であるJavaや、サーバ側言語のRubyPythonPHPや、Webブラウザで動くJavaScriptが代表的です。Rubyの代表的なフレームワーク、Ruby on Railsは、Cook Pad等、有名なサイトにて導入されています。PHPのフレームワーク、CakePHPは、現在世界規模で最も多くのWebアプリケーションに導入されております。Webブラウザで動作するJavaScriptにもフレームワークがあります。Bootstrapというものです。Webデザインを行うフレームワークです。レスポンシブ対応が容易にでき、様々なテンプレートが紹介されています。

 このようにサーバサイトやブラウザサイト等の動く場所によって、言語やフレームワークが異なるのです。

2.     フレームワークを選ぶポイント

 フレームワークを選ぶ際に、ポイントとなる要素は3点です。1:いかにコストダウンできるか、2:いかに開発を効率化できるか、3:いかにメンテナンスがしやすいか、です。では、なぜそれぞれの要素が重要なのか、考えましょう。

2.1.     いかにコストダウンできるか

 フレームワークは、有料のものもあれば、無料のもの、オープンソースのものがあります。無料でオープンソースなら、金銭的なコストはかかりませんが、有料のものを使う時には、フレームワークを使うメリットをしっかり考える必要があります。

 加えて、「勉強する」というコストも考えなければなりません。分かりやすく開発できる(コミュニティやドキュメントが充実している等)フレームワークなら、勉強するコストも軽いですが、そうでないフレームワークを使う時には、その意義を十分に考える必要があります。

2.2.     いかに開発を効率化できるか

 フレームワークを使う最大の目的は、「いかに開発を効率化できるか」です。自動でコーディングしてくれる機能があるフレームワークもあります。コーディングするたびに再起動やコンパイルが必要かなども重要な要素です。フレームワークは、多くの人に用いられる機能を纏めてもいます。イチイチ必要な機能を書く必要はないのです。そのようにいかに時間短縮が図れる要素があるのかを考えるのも大切です。

2.3.     いかにメンテナンスがしやすいか

 フレームワークを使う以上、フレームワークの「脆弱性」に付き合うことになります。フレームワークの開発者側が、脆弱性の対応しているのかも重要なキーポイントになります。また、フレームワークの更新が必要な時に、しっかりと更新できなければいけないのです。フレームワークの更新が止まっていたとしても自力でメンテナンスする力があるのか、それともバージョンアップができる体勢を取っておくか、よく考えなければなりません。

3.     Ruby

3.1.     言語の概要

 Rubyは、まつもとゆきひろ氏によって開発された、オブジェクト指向スクリプト言語です。可読性を重視しており、全ての型がオブジェクト型となっています。

3.2.     オススメフレームワーク

 Webサービスを作る上で、Rubyのフレームワークといったら、「Ruby on Rails」と言ってもいい位です。ベンチャー界隈で最も用いられています。

 Ruby on Railsは、ライブラリが豊富で、試作がしやすく、Webアプリへの理解を深めるのに、役立ちます。

4.     Python

4.1.     言語の概要

 Pythonは、汎用プログラミング言語です。コードがシンプルで分かりやすく設計されており、C言語と比べて分かりやすく少ないコード行数でかける特徴があります。

4.2.     オススメフレームワーク

 様々なフレームワークがありますが、「Django」を紹介します。Djangoは、基本的なWebの機能である、ユーザ認証、サイトマップ、RSSフィードなどの機能を備え、Webシステム開発を容易にしてくれます。またSQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング対応等、セキュリティもしっかりしています。更にドキュメントも多く、開発もしやすいです。

5.     PHP

5.1.     言語の概要

 PHPは、コミュニティベースで開発されている、オープンソースの汎用プログラミング言語です。特にサーバサイドで動作するWebページの開発を行う時に用いられます。

5.2.     オススメフレームワーク

 PHPにも様々なフレームワークがあります。今回は、前述のRuby on Railsの影響を受け、日本で人気のフレームワーク、「CakePHP」を紹介します。CakePHPは、キチンとしたルールの中でコーディングします。また軽量です。日本語に訳されたチュートリアルもあるので、学習も容易です。また、エラーメッセージも親切なため、コーディングやデバッグにストレスを感じにくくなっています。