キャリアのすごろく意識してますか?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

キャリアのすごろく意識していますか?

キャリア相談面談にて

こんにちは。自立型人材の転職・キャリア支援を行うアクシス・代表コンサルタントの末永雄大(すえながゆうた)です。

転職をすべきか等、キャリアに悩む20代の方から多くご相談をいただきます。

昨日・今日も、弊社にて合計4名の方のご相談に乗りました。

そこである悩みとしては大まかに言えば、以下の5点に分かれます。

  1. そもそも今感じている課題・悩みは客観的に妥当?転職するべき?
  2. 転職の相場・仕組みってどんな感じ?自分の市場価値は?どんな選択肢があり得る?
  3. 将来どうなっていきたいかのビジョンが曖昧・整理できない
  4. ビジョンが明確になったとして、どのようにそこに近づけていけるのかわからない
  5. 選考を突破するための準備・ノウハウについて知り合い

中途採用は、現職の経験でほぼ決まる

その中でも、本日のキャリア面談の相談者は、4点目についてのご相談でした。

中途採用市場においては、スゴロクのようなもので、新卒の就活人気企業のようにどの会社に在籍していたかは大事ではなく、どの業界でどの職種の実務経験を積んでいたかで、次に進めるマス目、つまり求人の選択肢がほとんど決まっているのです。

3点目の「将来どうなりたいかのビジョン」が定まってる場合、そこにたどり着くための方法は、実はある程度のレベルで特定できるのです。

将来の目標への道筋をきちんと把握しよう

プロの転職エージェントであれば、こうした知識・ノウハウがあるのは当たり前なのですが、人材業界経験者ではない場合はどのようにその道順を情報収集・調べれば良いのでしょうか?とご質問いただいたので、そこでお答えした内容について共有させていただきます。

  • 将来就きたいと思う業界・職種の求人概要をいくつか集め、それらの求めるスキル(必須要件・歓迎要件)を調べる
  • 将来就きたいと思う業界・職種の仕事をしていてる知人に、それまでの実務経験や現職入社時に、評価されたと思われる経験・スキルをヒアリングする ※ただし、ヒアリング対象者は、新卒の場合は総合職採用で配属次第であるため、必ず中途入社者に限る。

上記2点を行う事で、将来就きたいと思う業界・職種で求められるスキル・実務経験がある程度わかります。

あとは、20代・30代前半までに、それらのスキルを高められる業界・職種の求人を企業規模・知名度などにとらわれず、実務経験・スキルを身につける事と割り切り、飛び込んで、とにかく3年間はやり切る事です。

もちろん、入社すればそれだけで自動的に実務経験・スキルを得られるのではなく、そこで努力・研鑽を行い、高い成果を出し続ける事は言うまでもありません。

キャリアに近道なし

これらは、当たり前の事ではあるのですが、転職活動を考えている方は現職の課題や不満に感情的になっている事が多く、近視眼的になりがちなため、こうした事を実践できている方は非常に少ないのが現実です。

むしろ、実務経験・スキルがなくても、なんとかなるのでは?というご期待をお持ちだったりするのですが、残念ながら、中途採用市場はシビアです。そう甘くはありません。

スポーツで例えさせていただくとわかると思うのですが、普段から練習・準備をしている選手と、全く練習・準備をしていない選手、監督はどちらをレギュラーとして抜擢するでしょうか?

しっかりと必要となる実務スキルを学ぶ事は、遠回りなようで、実際にはしっかりとした前進なのです。

キャリアに奇策はありません。