20代で転職を検討されている方へ


女性がワーク・ライフ・バランスに意識した転職をするには?

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職のプロがぶっちゃける形で転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

女性の転職者の中には、ワーク・ライフ・バランスを重視している方や意識している方がいると思います。

家事や育児などを抱える女性にとって、ワーク・ライフ・バランスはとても大切な部分ですよね。

仕事と両立させるために転職をするには、どうしたら良いのでしょうか。
今回は、そんな悩みを持つ方のために、気になる転職についてご紹介していきたいと思います。

女性の転職理由は?

育児・介護をするために「ワーク・ライフ・バランスを重視したい」。
これが女性の転職理由の中で、最も多くなっている理由です。

なぜなら、家庭環境が変化した際に、働き方を調整するケースが多いためです。

子育てをしながらも無理なく働ける環境で、長期的に働いていきたいと考えていることも挙げられます。

ワーク・ライフ・バランスを重視する時に注目するポイントは?

ワーク・ライフ・バランスを重視しての転職は、注目しておきたいポイントがあります。
それは「残業時間」と「制度の充実」の2つです。

この2つのポイントについて、ご紹介していきます。

残業時間が少ないか?

残業時間は、ワーク・ライフ・バランスを重視する上で、必ずチェックしておきたい部分だと言えます。

募集項目を確認する際に「みなし残業」の記述があるかどうか、このチェックも忘れないようにしましょう。

自分で転職口コミサイトを参照したり、転職エージェントに直接尋ねてみたり、残業時間の頻度・時間を確認してみてください。

制度が整っているか?

育児や介護に関する「休暇制度」や「在宅勤務制度」など、制度が充実しているかどうかの確認も重要です。

積極的にワーク・ライフ・バランスに取り組んでいる企業の場合、独自の制度を設けているケースが多いです。

気になる企業の募集要項などを確認し、自分に適した制度が導入されているかどうか、基準に選ぶのもアリですよ。

転職の時に気をつけることは?

転職する時に気をつけておきたいことも、いくつかあります。
それは「転職率」と「転職後、元の職種に戻りづらい」こと。

なぜ、上記2つに気をつけるべきなのか、ご紹介していきますね。

離職率はあてにならない

ワーク・ライフ・バランスを意識した転職をするなら、離職率ではなく既婚率の高さをチェックしましょう。

既婚率と労働時間の因果関係があるというデータはありませんが、既婚者がいるということは、既婚している方も働き続けられる環境にされているということです。

一方、離職率は法的な定義がないため、正しい数字を算出しているかどうか見極めることが難しいです。

面接時に既婚率について、質問してみることもおすすめです。

転職すると元の職種には戻りづらい

転職後、元の職種に戻りづらいのは、「ブランクができてしまう」ためです。

他にも「面接の質問にうまく回答できていない」ことも理由に挙げられます。

なぜ辞めた職種に、もう一度転職しようと思ったのか」という質問を企業は必ずしてきますし、重要視します。

それは、企業にとって辞められてしまうと、マイナスにしかならないからです。

自分にはこの職種しかない」という熱意を伝えることで、採用してもらえる確率をアップさせるのが良いです。

転職を成功させるには?

ワーク・ライフ・バランスを意識している女性転職者は、転職エージェントに頼るのが良いと思います。

自分がどんな環境で働きたいのか、残業時間の希望や休日数などについて、コンサルタントに相談しながら活動できます。

もちろん、転職しようか悩んでいる方もお気軽に利用できますので、まずは相談だけしてみる、というのもオススメですよ。

type 女性の転職エージェント

type 女性の転職エージェント

<メリット>

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保持している
  3. 未経験でも挑戦できる職種が多数
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

<デメリット

40代以上の求人が少なく感じられるかもしれません

<こんな人にオススメ>

女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!

「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

DODA

doda

<メリット>

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます
  4. 女性のアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

マイナビエージェント

マイナビエージェント

<メリット>

  1. 大手の転職エージェント
  2. 営業系の転職先を多数掲載
  3. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  4. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  5. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

<デメリット>

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方