20代で転職を検討されている方へ


[女性必見]転職エージェントが語る!ベンチャー企業に転職をするメリット・デメリットは?

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職のプロがぶっちゃける形で転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

「現在勤めている企業では裁量を多く持つができないから、ベンチャー企業に転職してバリバリ働きたい」

「自分のキャリアアップのためにも転職したい」という方は多いのではないでしょうか?

今回は、ベンチャー企業に転職することについて、お話をしていきたいと思います。

ベンチャー企業に転職するメリットは?

①裁量が大きい

金融や商社、メーカーなどの年功序列が残っている企業では、自分が裁量を持って働けるようになるには 30歳を超えてしまうということがあります。

女性の場合、結婚や出産というライフイベントもありますので、「若手の間からバリバリと働いて力をつけたい!」という方が多いのではないかと思います。

ベンチャー企業では構造上、裁量が多いというよりは、人が足りないので裁量を持って働かざるをえないということが多いです。

②様々なスキルを身につけることができる

大企業では、部門が細分化されているために、様々な仕事をするというよりは、1つの仕事を極めることが多いかと思います。

一方で、ベンチャー企業では、1人が扱うことができる業務の種類が多いので、営業と採用、営業とマーケなど幅広いスキルの経験をつける可能性があります。

③意思決定のスピードが早い

ベンチャーならではのスピード感は、大企業ににはない魅力ですよね。

裏返すと機動力がないと会社が傾いてしまうという事でもありますが、そこにやりがいを見いだせる人は、面白いかと思います。

ベンチャー企業のデメリットは?

①環境が整っていない可能性がある

待遇面(給与や福利厚生)に関しては、前にいた企業や業界と比較すると下がってしまう可能性があります。

女性特有のライフイベントである出産や育児に関しての制度が整っていないケースもあります。

もちろん働いていく中で制度が整っていく可能性はありますが、大企業で福利厚生などが充実していた企業で働いていた人は、転職をして、労働環境が整っていないことに関して当惑してしまう人が一定数存在します。

②自分から主体的に動かないと何も進まない

大手企業では、経験のある社員や社内でのナレッジ共有が行われているので、「困ったときは先輩を頼ればなんとかなった」という風に問題を解決することができるかもしれません。

しかし、ベンチャー企業では、ノウハウや経験値がないケースがあるので、自分から進んで人1倍勉強したり、社外でのコミュニティを作るなど、自分で問題解決をするために主体的に動く必要があるでしょう。

研修の制度などがなく、「実戦で仕事を覚える」という傾向があるので、合わない人には合わないでしょう。

③ベンチャーだからやりたいことができるとは限らない

意味でも悪い意味でも多くの業務を担当することになるので、自分が本当に希望する業務以外の物を任される可能性もあります。

また、事業責任者をやりたいと思っても、やはり結果を出せる人材であると思わせないと、転職してもやりたい仕事ができないという可能性があります。

ベンチャー企業に向いている人は?

自分のキャリアアップのために1度しゃがむことができる人

転職には2つのパターンが存在します。

①より良い環境で働くための転職

②自分のキャリアアップのための転職

ベンチャー企業への転職は②のキャリアアップのために行う人が多いです。

自分のキャリアアップのための転職をすれば、給与や待遇などは、転職前と比べると下がってしまうかもしれません。

しかし、ベンチャー企業での経験が将来的なスキルアップになるということを理解して転職しているので、結果的に転職を成功させることができます。

転職はトレードオフであることを理解している人

部屋を探すときに、「六本木駅から徒歩3分、新築の3LDKで家賃が4万円の物件に住みたい」という人はいないと思いますが、転職となると、多くの人が無い物ねだりをしてしまうものです。

「年収は落としたくないけど、キャリアアップのために年収は下げたくない、、」

「ベンチャーでやりたい仕事をしたいけど、手厚い福利厚生も欲しい、、」

もちろん、要望が見たせるケースもありますが、未経験であったり、前職で結果をよほど出していないと結果を出すことは難しいです。

転職で一番譲ることのできない条件は何かを明確にしておくことで、転職を成功に導ける可能性が高くなります。

まとめ

いかがでしたか?

現在、大手の企業で働いている女性は、「結婚や出産もしたいけど、自分が裁量をもって仕事ができるようになるまでには何年かかるのだろう」

「休職をした後に自分のポジションはあるのだろうか?」と悩むかと思います。

そんな方には転職エージェントに相談していかがでしょうか?

もちろん、無闇に転職を進める訳ではありませんが、転職エージェントにメリットは3つです。

①現在の自分の市場価値が分かる

②自分が譲れない転職のポイントが明確になる

③面接対策になる

女性にオススメの転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ登録してみてくださいね!

type 女性の転職エージェント

type 女性の転職エージェント

<メリット>

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保持している
  3. 未経験でも挑戦できる職種が多数
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

<デメリット

  1. 40代以上の求人を少なく感じる可能性
  2. サポートエリアが1都3県に限られます

    希望勤務地が上記のサポート対象外の場合は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントdodaへの登録がおすすめです。

<こんな人にオススメ>

女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!

「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

DODA

doda

<メリット>

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます
  4. 女性のアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

マイナビエージェント

マイナビエージェント

<メリット>

  1. 大手の転職エージェント
  2. 営業系の転職先を多数掲載
  3. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  4. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  5. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

<デメリット>

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方