20代で転職を検討されている方へ


女性がベンチャー企業に転職をする際に気をつけること

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職のプロがぶっちゃける形で転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

現在では、ベンチャー企業へ転職する女性も増加してきています。

しかし、中には入社してみたら制度が整っていなかった、安定した環境ではなかった…。

なんていう失敗をしてしまったという方も見られます。
今回は女性がベンチャー企業に転職する際に気をつけたいことを、お伝えしていきます。

女性がベンチャー企業に転職する際に気をつけることは?

ベンチャー企業に転職したいと女性が考えた時。
どのような点に気をつけるべきなのか、知っておきたいですよね。

気をつけておきたいポイントについて、ご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね!

自分の働き方にあっているか

ベンチャー企業は指示されたことだけをするのではなく、自分で何をしたら良いか考えて行動できる人材を求めています。

様々な役割を一人の社員が担うことはよくある話です。

自由で働きやすそう、人間関係が良さそう。
そういった軽い気持ちで転職してしまうと、後悔してしまうことになります。

まずは、自分がベンチャーに適しているかどうか、きちんと確認することが重要だと言えるでしょう。

自分でスキルアップをする意志はあるか

業務の中や自分で社外に学びに行く側面が強いため、自分でスキルアップしていく意志が必要になります。

なぜなら、ベンチャー企業は一般企業と比較して、研修制度が整っていない傾向にあるからです。

自分で資格取得したり、外部研修に申し込んだり。
自ら学ぶ意欲意識があるかどうか、自己分析をしておきましょう。

安定ではなく挑戦する意志はあるか

各社員が担う役割が大きく、大手企業と比較してベンチャー企業は倒産のリスクが高いです。

夜遅くまで働かなければならないこともありますし、プライベートを犠牲にして仕事をすることもあります。

自分は仕事に挑戦し続けたい」と、挫折や失敗のリスクを受け入れることができるのかどうか。

本心から頑張っていきたい、挑戦していきたいと思えるのか、見極めましょう!

制度が整っていない場合がある

会社として歴史が浅いベンチャー企業は、働きやすい環境が整っていない可能性があります。

例えば、育児休業制度生理休暇など、女性を働きやすくさせるための制度が挙げられます。

近々出産する、子育てをしながら働きたいと考えている方は、それが可能なのかどうか、きちんと判断するようにしましょう!

大企業とベンチャー企業の違いは?

上記で大手企業とベンチャー企業の違いについて、少しだけ触れましたが、こちら2つの違いとは何なのでしょうか?

次は、大企業とベンチャー企業のメリットデメリットについて、ご紹介していきたいと思います。

大企業のメリット

大企業のメリットは、大きく分けて4つ挙げられます。

①社会的信用がある
②福利厚生が充実している
③大規模な仕事がある
④人が多い

上記が、大企業のメリットです。
やはり大きなメリットは、安定感があるという点ではないでしょうか。

大企業のデメリット

一方、大企業のデメリットはどうでしょうか?
気になるデメリットは、下記の通りです。

①職種が選べない
②上司が選べない
③勤務地が選べない
④成果が給与に反映されない

上記が、大企業のデメリットです。
会社に守られている部分が大きい反面、全般的に制限が多いというのがネックだと言えるでしょう。

ベンチャー企業のメリット

続いて、ベンチャー企業のメリットは3つあります。

①裁量権がある
②昇進しやすい
③結束が強く、チームワークが感じられる

上記が、ベンチャー企業のメリットです。
実力主義・成果主義の世界なので、裁量権があって昇進もしやすいです。

ベンチャー企業のデメリット

一方、ベンチャー企業のデメリットはどうでしょうか?
気になるデメリットは、下記の通りです。

①社会的信用が低い
②労働時間が大きい
③責任が大きい

上記が、ベンチャー企業のデメリットです。
社会的信用が低いため、ローンが組みにくいという点はネックですね。

まとめ

ベンチャー企業へ転職する際、女性はライフイベントなども考慮する必要があります。

上記でお伝えしたように、制度が不十分である企業も、残念ながらまだ多いのが現実です。

そんな時にこそ活用していただきたいのが、転職エージェントです。

転職のプロが、企業の詳細情報を共有してくれるので、事前にどのような企業であるのか、知ることができて安心できます。

オススメの転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ登録してみてくださいね!

type 女性の転職エージェント

type 女性の転職エージェント

<メリット>

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保持している
  3. 未経験でも挑戦できる職種が多数
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

<デメリット

40代以上の求人が少なく感じられるかもしれません

<こんな人にオススメ>

女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!

「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

DODA

doda

<メリット>

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます
  4. 女性のアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

マイナビエージェント

マイナビエージェント

<メリット>

  1. 大手の転職エージェント
  2. 営業系の転職先を多数掲載
  3. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  4. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  5. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

<デメリット>

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方