ゲームプランナーになるには?仕事内容と年収について

The following two tabs change content below.

ゲームプランナーとは

ゲームプランナーとは、大まかに言えば「ゲームの企画をする人」のことを指します。

会社によってはゲームクリエイター、あるいはゲームデザイナーとも呼ばれる職種です。

ゲームの企画書や仕様書の作成から、ゲームシステム、キャラクター、シナリオなどの細かい仕様設定などまで、ゲーム全体に関わる仕事を担います。

家庭用ゲーム機でプレイするコンシューマーゲームに加え、パソコンや携帯電話、スマートフォンでプレイするオンラインゲームやアプリゲームの隆盛に伴い、ゲームプランナーの役割も多様化してきています。

今回は、そんなゲームプランナーの仕事内容や年収についてまとめてみましたので、転職を検討している方は是非参考にしてしてほしいと思います。

ゲームプランナーの仕事内容

企画立案

「会議 イラスト」の画像検索結果新規ゲーム制作のスタートとなるのが、この企画立案です。

ディレクターやプロデューサーと共に市場のユーザーニーズを分析し、そのニーズに沿った企画案を作成していきます。

企画書を作成した後にはそのゲームの良さや市場で売れる根拠などをプレゼンして企画を通し、制作開始まで持っていくこともゲームプランナーの仕事です。

制作進行

企画書が通れば、いよいよゲームの制作開始となります。

制作にあたって、ゲームプランナーはゲーム内の様々な要素の細かい設定を記載した仕様書を作成します。

その仕様書に沿ってデザイナーやプログラマーが制作を進めていくので、自身の考えるゲーム像が的確に伝わるように、きちんとした仕様書を作成することが求められます。

仕様書が完成すれば、プログラマーやデザイナーなど各職種のメンバーが制作作業を開始します。

ゲームプランナーは、制作期間中に仕様上で曖昧な点や問題点が出てきた場合に適宜指示を出したり、各職種の制作スケジュールを管理したりするなど、ゲーム制作全体を通して多岐にわたる業務をこなしていきます。

そして、一通りβ版としてゲーム完成したら、デバッグやテストプレイを通してバグや修正点を洗い出し、クオリティを高めるよう対応を行うのもゲームプランナーの役割です。

分析、運用

「分析 イラスト」の画像検索結果ゲームが完成して無事にリリースできた後も、ゲームプランナーの仕事は続きます。ゲーム制作時の反省点やリリース後の売り上げ、ユーザーの反応など複数の要素を分析し、次回作での改善点や今後の運用方針を固めます。

特に、オンラインゲームやアプリゲームなどではサービス開始後にも運用業務が続いていくので、ゲームプランナーの手腕がゲームの存続に影響します。

ゲーム内イベントやその他の施策の効果測定や収益実測、それを反映しての新たな施策を立案し、より良いゲームを提供して収益をあげていくこともゲームプランナーが担う重要な仕事です。

ゲームプランナーの年収

ゲームプランナーの平均年収は400万円程度と言われており、リリースしたゲームが大ヒットとなれば1000万円に届く例もあるようです。

ゲームプランナーは、20代から30代前半程度の年齢層が多くを占めており、他職種に比べても若い人が多いことを考慮すると平均年収としては決して低くはありません。

また、ゲーム制作会社には年功序列よりも実績を重視する風潮のある企業が多く見られます。

故に、若い世代でも高い年収を狙うことができる反面、経験年数が年収にそのまま反映されることはあまり期待しない方が良いでしょう。

ゲームプランナーが年収をUPさせるには

「年収 イラスト」の画像検索結果前項でも少し触れましたが、ゲームプランナーとして年収を上げるには、売り上げ実績を出すことが一番の近道です。

率直に言ってしまえば、「出来の良い・クオリティの高いゲーム」よりも「売れる・収益のあげられるゲーム」を作る方が、会社でのゲームプランナーとしての評価は高くなります。

オンラインゲームやアプリゲームの運営に携わっている場合には、リリース後に打ち出した施策でサービス改善や集客数増加を達成し、結果的に収益増加の実績を出すことができれば、「売り上げを出せるゲームプランナー」として評価に繋がり、年収アップが見込めるでしょう。

「売れるゲームを新たに作る」、あるいは「既存のゲームの収益を増やす運用をする」ためには、その時の市場で多くのユーザーのニーズに合うゲームはどのようなものかを見極めることが重要です。

そのためには、根本的な姿勢として、日頃から市場調査としてユーザー目線で様々なゲームをプレイし、ユーザーニーズやトレンドを把握することを意識すると良いでしょう。

ゲーム業界に転職するなら転職エージェントの活動がオススメ

ゲーム業界へ転職したい方は、転職エージェントを活用してみることをオススメします!

転職エージェントは、各業界・企業に精通している転職のプロです。転職エージェントに相談し、自分がゲーム業界やゲームプランナーに向いているのか、転職することができるのかを相談してみるのがベストです。

自分だけでは分からない部分を転職エージェントに相談し、不安な部分を減らして転職活動を進めていきましょう!

オススメの転職エージェントを下記にまとめましたので、自分に合っていると感じた転職エージェントにご相談してみて下さい。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!