20代で転職を検討されている方へ


サーバーエンジニアになるには?仕事内容と年収について

サーバーエンジニアとは

ITシステムにおけるサーバーは、ネットワークを介してあらゆるサービスや情報、機能などを他の端末に提供する役割を果たします。

システムの稼働には欠かせないこのサーバーを構築、及び運用する役割を果たすのがサーバーエンジニアです

サーバー機器の構築からサーバーソフトの設定、セキュリティ対策に至るまで様々な業務を担うため、サーバーエンジニアには、OSやネットワーク、セキュリティなど幅広い知識が求められます。

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーの構築

「サーバー イラスト」の画像検索結果

サーバーエンジニアの仕事は大きく2つに分けられ、そのうちの一つが、サービスを稼働させるためのサーバーの構築です。

新たなシステムの開発には、まずそのシステムに沿ったサーバー構成の設計が必要です。

その設計に従って、サーバーのラッキングや配線といった物理作業から、OSやサーバーアプリケーションのインストール・設計などの初期作業が行われます。

サーバーの稼働までに必要なこの一連の行程をサーバーエンジニアが担当します。

サーバーの運用・保守

サーバーエンジニアのもう一つの仕事が、稼働しているサーバーの運用や保守といった管理業務です。

サーバーを構築して無事にシステムがリリースされた後にも、システムへのアクセス数の変動に応じた設定の変更、OSのバージョンアップ、セキュリティチェックなど、多くのメンテナンス作業が必要になります。

また、サービスの稼働中にサーバーで障害が発生した場合、その対応もサーバーエンジニアが行います。

サービスを支えるサーバーを安定して良好な状態に保つことも、サーバーエンジニアの重要な仕事です。

サーバーエンジニアの年収

関連画像

サーバーエンジニアの平均年収は、20代で400万円、30代で500万円、40代で600万円程度と言われています。中には40代で年収が1000万円に届く場合もあり、IT系の他の職種と比べて平均的にももやや高い年収と言えます。

この理由としては、仕事の内容的にも残業が多く勤務時間が多いこと、障害発生時には基本的に曜日や昼夜を問わずいつでも対応が求められることなどが挙げられます。

現在では障害発生時などは出社せずにリモートでの対応が可能な場合もありますが、それを考慮しても他の職種に比べて仕事に費やす時間が長くなります。

また、サーバーエンジニアとして経験を積んでいくと、技術的な守備範囲が広まることと併せて、管理職となってその分収入が増えるケースも多くあります。これも年収が比較的高くなる背景の一つと考えられています。

サーバーエンジニアが年収をUPさせるには

専門知識や技術のレベルを上げる

やはり、他のエンジニアと同様、まずは自身の知識や技術のレベルを上げることが大切です。

知識や技術が身についていけば、様々なサービスのサーバー構築や保守に対応できるようになり、実務で扱える領域も広がります。

OSやセキュリティなど、サーバー周りの技術を積極的に学習し、新しい技術にも意識して目を向けていきましょう。

そこから更に、サーバーの設計、提案までできるレベルになるとサーバーエンジニアとしての人材価値も上がり、評価の向上も見込めます。

ネットワークエンジニアとしての技術を身につける

ネットワークエンジニアとは、システムのネットワークの設計、構築、運用及び保守を行う職種です。

サーバーエンジニアと同様OSやセキュリティ、ネットワークの知識が求められ、共通して必要な知識が多くあります。

サーバーもネットワークも、いずれもシステムを正常に稼働させるためになくてはならない要素であり、仕事内容の類似性から両方の職種を経験してキャリアアップにつなげるエンジニアも決して少なくありません。

実務経験がなくても、ネットワークエンジニアの登竜門的資格に位置付けられるCCNAやその上位資格のCCNPを取得しておけば、スキルの証明としてアピールすることもできます。

一人のエンジニアとしてサーバーエンジニアとネットワークエンジニアの二役をこなせるようになれば、かなりの年収アップが期待できるでしょう。