20代で転職を検討されている方へ


30代の転職者にオススメできる転職サイトを属性別に紹介!

「たくさんの転職サイトがあるけど、どこが自分に合うのかわからない・・・」そんな風にお悩みではありませんか?

この記事では、30代の転職者におススメな転職サイト7つを、属性別に紹介します。この記事を読むと、それぞれの転職サイトの特色が分かり、自分に合った転職サイトを知ることができます。

20代の転職と何が違うのか

30代の転職が20代と異なるのは、「専門性の高さ」で評価されるという点です。

20代の転職者は経験値が無い一方、ポテンシャルで評価されます。一方30代の転職者は8~17年程度企業へ勤めているため特定の専門性を積んでおり、その専門性で評価されます。

ただし、中には飲食店の従業員などのように、長年続けていても市場価値が上がらないものもありますので注意が必要です。

また、20代は育成前提で、将来性を買われますが、30代では、いわゆる即戦力としての採用がされるということも覚えておきましょう。

【リクルートエージェント】業界最大級!全世代にオススメ


・求人数は業界No.1!
・約41万人の転職実績
・転職活動の進歩管理できるアプリあり

リクルートエージェントは、リクルートグループが運営する転職エージェントです。

特徴は、業界トップの求人数を誇っていることと、実績が豊富なことです。2017年3月期までの転職支援実績は累計41万1,000名以上となっています。

リクルートエージェントが提供する転職支援アプリでは、キャリアアドバイザーが紹介した非公開求人を簡単に確認したり、応募したりできます。

【ビズリーチ】マネジメント経験のある方向け


・ハイクラス向け転職サービス
・求職者は審査を受ける必要あり
・採用企業が人材データベースを検索し、直接スカウトする仕組み

ビズリーチは、エグゼクティブ向けの転職サービスです。求職者は審査を通過した人のみとなっており、企業に対してハイクラスな人材を保証しています。一流企業の採用担当者だけでなくヘッドハンターが在籍しており、彼らが人材を検索してスカウトを送る仕組みになっています。

他の転職エージェントとは異なり、自ら求人に応募したりスカウトに返信したりするには料金がかかります(登録は無料)。

【リクナビNEXT】とりあえず登録!求人型サイトの定番


・自ら求人情報を探して企業に直接応募する
・非公開求人はなし
・キャリアアドバイザーと面談することはなく、転職活動を自己完結したい人向け

リクナビNEXTは、リクルートが運営する転職サイトです。公開求人数は約9千件で、非公開のものはありません。キャリアアドバイザーと面談するといったことはなく、自分で求人を探し、直接応募します。

どんな人でも求人に応募できることが特徴です。

【キャリアカーバー】年収600万以上向け


・ヘッドハンターとのマッチングサービス
・ヘッドハンターから自分に合った求人を提案される
・経営幹部クラスを目指すハイクラスな人材向け

リクルートグループが運営するキャリアカーバーは、ハイクラスの求職者が自分に合ったヘッドハンターを探せるサービスです。

登録すると、全てのヘッドハンターのプロフィールを閲覧し、自分に合った人を選べます。ヘッドハンターは求職者に対し、自分が保有している企業の求人を提案します。

【DODA】30代女性はココ!


・転職サイトでありながらエージェントサービスを実施
・求人数は13万件以上
・IT・エンジニア系・技術系に強い

DODA(デューダ)は、パソナキャリアが運営する転職サイト・エージェントサービスです。

公開求人数は約5万7千件あり、自分の希望条件に合った企業に自ら応募することが可能。非公開求人は7万件以上保有しており、キャリアアドバイザーと面談後に自分に合った求人を提案してもらえます。

また、残業が少なく産休・育休が整っているなど、女性向けの求人情報を掲載したサイトも展開しているため、30代女性におススメです。

【@type】一都三県・IT業界に強いサイト


・ITエンジニアの転職に強い
・掲載されている求人は首都圏(東京・横浜・大阪など)が中心
・求人件数は3千件程度で、ほとんどが公開求人

@typeは株式会社デザインセンターが運営する転職サイトです。首都圏の求人が中心となっており、ITエンジニアの転職に強いことが特徴です。

「女の転職@type」「type転職エージェント」など分野ごとに特化した転職サイトを展開しています。

【ワークポート】未経験で飛び込みたい方必見


・転職コンシェルジュが求職者に合った求人を紹介するサービス
・IT業界やゲーム分野の求人が多い
・IT業界未経験の方も手厚くサポート

ワークポートは、人材紹介専門の転職エージェントです。転職コンシェルジュと呼ばれる、転職のあらゆることを相談できるアドバイザーと面談し、求職者に合った求人を紹介してくれます。

IT業界やゲーム関連分野の求人が多く、未経験の方でも手厚いサポートがあります。

まとめ

30代の転職にオススメな転職サイトを7つ紹介しました。それぞれの転職サイトの特色を知り、自分に合いそうなものを選択しましょう!

転職を少しでも考えている方へ

ハローワークや転職サイト以外にも、転職するにはいくつかの手段があります。

その一つが、転職エージェントです。

転職エージェントは、転職サイトには公開していない非公開求人もあり、さらにはあなたのキャリアのサポートも行ってくれます。

求人という面で、とりあえず網羅するにも転職サイト・転職エージェントのどちらか一方ではなく両方利用するのをオススメしています。

ただ、どの転職サイト・転職エージェント利用すればいいか分からないかと思います。

そこで、下記で、どの転職サイト・転職エージェントを利用すべきか分からない方に定番の転職サイト・エージェントの特徴を紹介致します。

オススメの転職サイト・転職エージェント

特徴
<メリット>

  1. 会員数800万人突破!転職者の8割が利用!
  2. 転職成功実績NO.1
  3. Web上で気軽に読める便利な転職支援コンテンツや機能が充実している。

<デメリット>

  1. スカウトメールが本当に必要として送ってきてるか不明
  2. 自分で求人を探すのに、苦労する。

こんな人がおすすめ!

  1. まずは、自分一人で転職活動を進めたい人
  2. どの転職サイトに登録すればいいか曖昧な人

特徴
<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方

特徴
<メリット>

  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる

<デメリット>

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!

  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

doda

特徴
<メリット>

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます

<デメリット>

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

リクルートエージェントと平行して登録しておくと良いかと思います。

JACリクルートメント

特徴
<メリット>

  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、DODAに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、DODA、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)

<デメリット>

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!

  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

@type女性の転職エージェント

特徴

<メリット>

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保持している
  3. 未経験でも挑戦できる職種が多数
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

<デメリット

  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかもしれません

こんな人がおすすめ!

女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!

「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人