20代で転職を検討されている方へ


Webデザイナーの仕事内容|やりがい・労働環境まで徹底解説!

The following two tabs change content below.
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

最新記事 by アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大 (全て見る)

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職のプロがぶっちゃける形で転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

Webデザイナーは、具体的にどのような仕事を任されるのでしょうか?
今回は、これからWebデザイナーを目指したい方向けに、仕事内容ややりがい、労働環境などについてご紹介していきます。

Webデザイナーとは

Webデザイナーとは、文字通り「Webサイトのデザインを行う」職種を指します。

Webサイトは、簡単に説明すると以下のような流れで制作が進みます。

1、Webサイトの企画

主にWebプロデューサーやWebディレクターが担当します。制作するWebサイトの目的やターゲット層、機能などの仕様を決める段階です。外部から委託したものであれば、クライアントと打ち合わせを重ねて各項目を決定し、企画としてまとめます。

2、設計図の作成

ここからがWebデザイナーの出番です。Webディレクターと共に「ワイーヤーフレーム」と呼ばれるWebサイトの設計図を作成します。

3、デザインの作成

Webデザイナーが主に担当するフェーズです。前段階で作成した設計図の通りにデザインを図として作成します。

4、Webサイトの実装

デザインが完成したら、いよいよ実装作業です。Webデザイナーは、画像やアイコンを作成したり、HTMLやCSSを使ったコーディングを行います。

5、リリース(納品)、保守

Webサイトの全ての実装が完了し、チェックが済んだら一般公開されます。外部からの受託案件の場合には、クライアントへ納品して完了となります。これ以降も、Webサイトの保守にあたっては、デザインの改修やサポートなどでWebデザイナーの作業が必要な場合もあります。

この流れからもわかるように、WebデザイナーはWebサイト制作において大きな役割を果たす存在です。

Webデザイナーの仕事内容

Webサイトのデザインを行う

Webサイト制作において、Webデザイナーがまず行うのがやはり全体の構成、レイアウトを含めたデザイン作業です。まず、全体のボリュームを考慮しながらサイトの構成や大まかなレイアウトを設定していきます。次に、サイトの色合いや装飾を決め、グラフィックソフトを使ってロゴやアイコン、画像などを美しくレイアウトし、実装した時の完成図のとしてデザインを作成していきます。

バナー、ロゴ、画像の作成

サイトに掲載する画像素材を作成するのもWebデザイナーの仕事です。画像処理ソフトを使用して、デザインに基づいたバナーやロゴ、背景画像などのグラフィックを作成、加工します。

コーディング

作成したデザインを元に、インターネット上でWebページとして正しく表示されるように書き出す作業がコーディングです。HTMLやCSS、JavaScriptなどを使ってページを実装していきます。

Webデザイナーのやりがい

Webサイト制作の大きな部分を担うWebデザイナーは、モノづくりのやりがいを感じることができる仕事です。

最初に設定した目的やクライアントの要望に沿ったものを完成させることができた時の達成感は大きなものでしょう。
デザインのみならず、素材の作成やコーディングを経て、自らの手で一つの成果物が完成していくのを直に見ることができるので、モノづくりが好きな人には向いている職業です。

そして、Webサイトがリリースされた後、ユーザーから大きな反響が得られれば、さらに製作時の苦労が報われた実感を味わうことができます。

また、Web制作技術は現在も発展しており、今後も新しい技術に触れる機会が多くあります。
常に新しい技術に触れ、それを自らの制作物に応用できるのも、Webデザイナーの魅力です。
現在ある技術だけでなく、新しく開発された技術をうまく使ってよりクオリティの高いWebサイトを制作することもできるでしょう。

Webデザイナーの労働環境

Webデザイナーと一口に言っても、会社員として働く場合、その労働環境は会社によって大きく異なります。

基本的にIT業界は、夜型の企業が多く、フレックス制を導入している企業も多数あります。

そして、仕事の内容上、Webデザイナーは納期によって残業時間が多くなったり、休日出勤の必要も出てくる場合の多い職種ではあります。
どうしても労働時間が長くなりがちな仕事ではありますが、残業の多い会社もあれば、定時終了が当たり前な会社もあり、あくまで会社の方針によるところが大きい、と言えます。

フリーランスとして働く場合は、決められた曜日、時間帯に出勤する会社員とは違い、仕事をする時間帯は割と自由に調整することができます。
場合によっては、作業をしない日、2~3時間だけ作業をする日、長い時間作業をする日を作るなどの調整が可能ではあります。
Webディレクターなど、直属の上位職から直接の指示があるわけではないので、作業も自由に進めることができます。

その反面、Webデザイナーとしての仕事の他に、顧客側の納期に合わせた調整や交渉なども自身が窓口になって行う必要があります。

ABOUTこの記事をかいた人

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド