20代で転職を検討されている方へ


セールスエンジニアに転職するには

The following two tabs change content below.
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

最新記事 by アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大 (全て見る)

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職のプロがぶっちゃける形で転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は、IT企業が開発の技術職の現場と、営業職が分業して業務を行う中でセールスエンジニアがどのような役割を果たしているのかをするのか考えていきたいと思います。

セールスエンジニアへの転職を検討されている方は、ぜひ参考にされてください。

セールスエンジニアとは

セールスエンジニアとは何でしょうか?

セールス(営業職)+エンジニア(技術職)で、主に営業の現場で活躍し、技術的な専門知識を活かして営業をサポートする職業です。
「FAE(フィールドアプリケーションエンジニア)」とも呼ばれます。

ソフトウェアやシステム開発、OA機器などを商材として扱う企業で営業と協力して自社製品を販売していきます。

その際、セールスエンジニアは主に知識や経験を活かして技術的な側面からの説明やサポートを行っていきます。
大規模プロジェクトになると客先に常駐してクライアント企業の開発者と一緒にシステムや製品の導入などを進めていくこともあります。
また、商品の提案、紹介、販売時だけでなく、導入時や導入後のサポートも行います。

セールスエンジニアの仕事内容

では、セールスエンジニアは具体的にどのような仕事を行うのでしょうか?

具体的には以下のような仕事が含まれます。

・商材の導入前:紹介や提案、販売契約時の商談、営業へのサポート
・商材の導入時:導入関連のサポート
・商材の導入後:メンテナンス関連の窓口

セールスエンジニアの重要な仕事は、営業に同行しクライアントに対して提案やアフターフォローを行うことです。

商材の導入前には、営業職がまずクライアントの要望や抱えている問題を直接聞き出して仕事に結びつけていきます。

その後、そのタスクに対してどのように技術的にアプローチをすることで改善できるのかについて、セールスエンジニアがクライアントに対して分かりやすく説明していきます。
時には営業に対してレクチャーを行い技術面で営業をサポートすることも含まれるでしょう。

また、場合によっては営業の見積書の作成にも協力し、時には営業戦略を練り営業活動に携わるため、会社の売り上げにも直接貢献できる仕事です。

また、商材を導入する際や導入した後も、その商材がトラブルなく運用されているかを見届け、さらに顧客のニーズや状況の変化に応じて商品をカスタマイズしていくよう提案することもあります。

セールスエンジニアには相応の知識と経験が求められ、クライアントとの面談時にどのように技術的に対応できるかを判断できる技術的な知識が必要です。
また、いくつかの技術を組み合わせたり、既存の製品をカスタマイズしてクライアントに提供できる幅広い知識が要求されます。

さらに、そうしたソリューションについて顧客に分かりやすく伝えられるコミュニケーション能力も必要です。

セールスエンジニアのやりがい

セールスエンジニアは人と技術の両面に常に触れられる、というところが最大の魅力でしょう。

常にクライアントに対して最善の提案をわかりやすく伝えるよう求められるため、最新の技術や製品、サービスに対して常にアンテナを張り、クライアントに提案できるレベルまでに知識を深める必要があります。

さらに、顧客のリクエストは様々な範囲に及ぶため技術職として視野や知識を広げ、どんな要望にも対応できるスキルを身に着られます。

また、営業の現場ではクライアントと交渉しコミュニケーションする機会が多いため、人脈を広げ自分自身の知見を広げられるのもこの仕事の魅力です。

セールスエンジニアの年収

セールスエンジニアの平均年収は、約661万円となっているようです。
男性の場合なら668万円、女性の場合なら545万円です。

年代別の平均年収では、20代は380〜430万円、30代は平均年収は550〜600万円、40代は590〜640万円で、他のエンジニア職と比べても全体的に高額の傾向です。

セールスエンジニアとして専門的な知識やスキルやコミュニケーション能力が問われており、エンジニア経験者なら誰でもできる仕事ではないため平均年収が高くなっています。

まとめ

このようにセールスエンジニアは成長できる機会の多い仕事ですが、豊富な知識と経験が求められる仕事でもあるため未経験者からいきなりこの仕事に就くことは難しいでしょう。

一方、すでに開発の現場で働いている人にとってはセールスエンジニアという仕事も自分のキャリアパスを考えていくうえで考えてみたい方向性と言えるでしょう。

また、営業職と技術職の両面から企業に貢献し、営業戦略という視点からクライアントと接する機会が多いため、将来会社経営に関心がある人にとっても一度は経験しておきたい仕事の一つと言えます。

人と接するのが苦にならず成長の機会とみなせ、好奇心旺盛にいろいろな技術やサービスについての知見を積極的に取り入れたいエンジニアにとっては魅力的な仕事の一つです。

ABOUTこの記事をかいた人

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド