20代で転職を検討されている方へ


[未経験の方も必読]女性エンジニアの転職事情について

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は女性エンジニアの方が転職の際に気をつけなければいけないことをまとめました。今まさにエンジニアの方、これからエンジニアを目指そうと思っている方の両方に対応した内容となっております。

女性エンジニアって今どれくらいいるの?

エンジニアは男性に比べて女性が少ないというイメージの強い職種ですが、実際には女性エンジニアはどれくらいの割合で活躍しているのでしょうか。経済産業省が発表した「2014 年版情報サービス産業 基本統計調査」において、回答が得られている365社の企業でエンジニア全体で女性の占める割合は15.4%という結果が出ています。やはり女性のエンジニアはまだまだ少数派なのが現状です。

現役女性エンジニアが抱える悩み

労働環境

女性エンジニアを取り巻く労働環境としてまず挙げられるのは、同僚に同性が少ない職場が多いということです。男性の多い職場では、どうしても女性としての悩みが話せる人が限られてしまうこと、あるいは女性ならではの体調不良などで休暇を取ることが理解されにくいこともあります。そのため、働きにくいと感じている女性エンジニアも多くいるようです。

また、企業やプロジェクトによっては長時間労働や休日出勤を余儀無くされるパターンも多々あります。男女関わらず体力的に辛く感じてしまうような勤務状況においては、特に育児中の女性エンジニアにとっては仕事と私生活の両立が困難なケースが見られます。

年収、キャリア

基本的にエンジニアの業務はデスクワークが中心であり、体力や筋力が求められることはないため、男性と比べて年収に差がつくことはありません。しかし、結婚や出産などでの退職や休職を懸念し、女性エンジニアには重要な仕事を任せない企業もあるようです。そのような職場に限って言えば、女性エンジニアの業務経験やキャリアアップのチャンスはどうしても男性エンジニアより少なくなってしまうでしょう。その結果、同じ経験年数の男女エンジニアの間に年収やキャリアの差が生じてしまうこともあります。

待遇

待遇面では、女性エンジニアでも気になる人が多いのが産休・育休制度です。特にIT業界はまだまだ女性の少ない業界であり、産休や育休の制度が整っている企業も決して多くないのが現状です。制度がないために、女性エンジニアが出産や育児のために退職せざるを得ないケースも残念ながら少なくありません。

女性エンジニアが転職の際に気をつけなければいけないこと

女性の転職において大きなポイントになるのが仕事とライフイベントとの兼ね合いです。特にまだ男性が多数派であるエンジニアの世界では、経験を積んだ女性エンジニアでも、結婚や出産ですぐに休職・退職をしてしまうのではないかという心配から、男性が有利に扱われてしまうケースも見られます。

入社後にすぐ育休や産休を取得する可能性があるのか、あるいは育児中のエンジニアであれば子供の体調不調などで急に欠勤せざるを得ない場合があるのか、などについて、面接の段階で質問されることもあります。このような質問を受けた場合に備えて、自分の年齢や状況で心配がないか、どのように考えているかなどを明確にしておくと良いでしょう。

また、結婚や出産、育児などとの両立を望むのであれば、転職の際に企業の方針や待遇などを確認しておくことも重要です。実際にその会社に入社した後、出産などの女性特有のライフイベントを経ても仕事と私生活を両立できる環境で働けるのか事前に確かめておくことをお勧めします。面接で育児をしながら活躍している女性エンジニアがいるのか、などの質問をしてみることも、実際の会社の様子を知る材料になります。

未経験からエンジニアに転職することは可能?

男女問わず、未経験からエンジニアになることは不可能ではありません。エンジニアになるためには、やはりプログラミング言語の習得がスタートとなります。本やWebサイトで独学で勉強する、またはプログラミングスクールに通うなどでプログラムを習得します。それと同時にIT系の資格取得を目指して勉強するのも有効な手段です。そのような知識を身につけながら、未経験OKのエンジニア求人を探しましょう。未経験OKの求人では、入社後も一定期間はエンジニアとしてのスキルを身につけるための研修が用意されている企業も多くあります。

未経験者をエンジニアとして受け入れる企業は現状少なくないため、自分でまず学習をして新しいスキルを身につける意欲があれば、未経験からエンジニアになるのはそこまで難しいことではないでしょう。ただし、特に女性の場合には、転職のタイミングには留意しておいた方が良いかと思われます。未経験から転職して、一人前のエンジニアとして仕事ができるようになるまでは、研修を含めて時間を要するため、ある程度仕事を続けられる期間が必要です。今後出産を検討していたり希望がある場合には、一度キャリアプラン及びライフプランを立て、タイミングを考慮した上で転職に望むことをお勧めします。

ただ、転職エージェントを利用する際気をつけなければいけないことがあります。キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録する必要があるのです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

業界大手の転職エージェント

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15