20代で転職を検討されている方へ


Webディレクターの年収は?1000万超えることは可能?

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回はWebコンテンツ制作の責任者であるWebディレクターが、年収をUPさせるにはどうすればいいのかについて紹介したいと思います。

Webディレクターの平均年収は?

DODAの調査結果によるとWEBディレクターの平均年収は445万円です。需要が上がっていることから年々増加している傾向があります。クリエイティブ系の職種の中では上流工程を担当することもあり、平均年収が高くなっています。コーポレートサイトやキャンペーン系サイトの制作ニーズに現状では大きな変化はありませんが、今はSNSなどを扱っている企業が好調で、採用意欲も高く、提示条件も比較的良いものが多いこともあり、市場を牽引しています。上流工程や管理工程がある職種としては年齢層が若い傾向があり、年収についても大きく隔たりがあるため平均すると478万円ですが、1000万円を超えるプレイヤーが多いことも特徴です。

Webディレクターの需要

Webディレクターの需要は、Webサイトを通した情報発信、企業PRの重要性が認識されることで年々伸びる傾向にあります。最近ではスマートフォンでの閲覧に最適化を図るなどで一段と需要が伸びています。単純に自社のサイトを持つところが増えたため仕事量が多くなっていることと、最近はライバル企業との差別化をはかるために質の高いWebサイトを作成する必要性がある部分から需要が伸びているのです。質の高いサイトにするには、デザインを洗練したり、プログラミングやCSSなど、専門知識が必要となることからWeb制作をプロフェッショナルに外注するケースが増える傾向があります。Webサイトを作成した後も、SEO対策、アクセス解析などをして、継続的に管理が必要という面でも、Webディレクターの需要が伸びる要因となっています。

Webディレクターの将来性

自宅から洋服や日用品などをネット通販で購入することが日常になってきています。

近年、スマホやタブレットの普及や電車内での時間を有効活用するために、電子書籍やネットコンテンツの需要が増えています。今後もインターネットの普及はどんどん加速していくと思われます。それによりWeb上のコンテンツも豊富になり、より差別化が必要になるでしょう。こうした時代背景の中、Webサイトやそのサイト上に展開されるコンテンツはより専門的な知識が必要になってきています。

より魅力的なWebサイトを作成するには、プログラミング、デザインなどのスキルが必須になってきていることを受け、デザイナやプログラマ、アナリストなど、個別のスキルに特化した人材が必要になってきました。こうしたプロフェッショナルの人材をプロジェクトチームとしてまとめ、顧客と橋渡しをするWebディレクターの必要性も上昇しているのです。Web制作のプロジェクト管理に特化したWebディレクターという職種は新しい職種ですが、今後もその需要は高まるに傾向にあります。

Webディレクターが年収を上げるには

Webディレクターは、年齢の制限はなく、特別な公的資格を問われることもないので、実力次第で年収アップが望める職種です。Webディレクターの評価は、Webでの制作物そのものになります。年収を上げるには、余力的なWeb制作ができるかどうかにかかっています。自分が作業に直接携わってなくても、クライアントは全てを成果物のみで評価・判断します。

同じ会社に所属していると年収アップが望めない場合もあります。業界全体としては活性化が進んでいることもあり、業績が伸びている企業と横ばいの企業とでは年収にも大きく差が出てきます。そうした意味でも、年収アップの方法として転職も考慮に入れるべきです。また、専門家集団を取り仕切るという職業柄もあって、転職先での成果を出しやすい職種であることも転職をお勧めする要因の1つになっています。

転職を考える場合、年収は会社の規模によって変わることを覚えておいてください。企業の母体が大きいところに顧客側も大きな案件を発注するからです。契約金額も高額になり、そういう案件を取り回すWebディレクターの評価や年収も高まるわけです。会社規模が大きく収益を上げている企業は、教育に対しても積極的に投資をすることから、より母体の大きい企業を目指して転職先を探すのはよいことと言えます。

現状の実力や経歴を考えると、すぐに高年収の大手会社に転職できない場合もあります。結局は実力と成果物を言う職種であるため、まずは自分の能力を磨くことができる企業やポストに着く必要があります。実力を磨くことや、実力次第で年収が伸びやすいベンチャーや中小へ所属することも決して悪手ではありません。転職で年収が下がるケースは確かにありますが、磨いた能力を武器に、大きな案件に挑戦する姿勢を保つことが収入アップにつながるということを念頭に入れておく必要があります。より大きく、先端で、難易度の高い案件を数多くこなすことで、結果として一流のWebディレクターとして認められ、収入アップへ繋がります。年収1000万円を超えるWebディレクターとなることは夢ではありません。