20代で転職を検討されている方へ


未経験でも事務職に転職できる?必要なスキルや向いている人を紹介!

The following two tabs change content below.

末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

事務職は企業を影から支える大切な職種です。書類の作成、電話や来客対応、データ入力、備品の管理など、仕事内容は多岐に渡ります。

様々なことをマルチにこなす事務職ですが、非常に人気がある職種です。

今回はそんな事務職へ転職したい方向けに、「未経験でも事務職に転職できるのか」「事務職の仕事内容」「事務職に必要なスキル・知識」「事務職に向いている人・向いていない人の特徴」など、転職のプロである筆者が徹底的に解説します。

人気のある事務職に転職したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

未経験でも事務職に転職できるの?


事務職は女性に人気がある職種なので、未経験での転職は非常に難しいと思ったほうが良いでしょう。

また、今まで事務職が担当していた入力作業など、人間の手を介さなくてもできる簡単な業務が少しずつロボット化・AI化しており、事務職の正社員採用は減っています。

もちろん、営業職や売上が増えればそれだけ事務手続きが増えるので、いまだに事務職を採用している企業も多くあります。

ただ、事務職の業務は少しずつ自動化されている現実は、しっかりと認識したほうが良いでしょう。

経験者と未経験者であれば、企業は経験者を採用します。なぜなら、仕事を教える必要がなく、すぐに即戦力として活躍できることを期待できるからです。

未経験の人は、これまでの経験をきちんとアピールするようにしましょう。今の事務職はマルチに仕事をこなすので、前職での経験を事務職でも活かせることをアピールできれば、未経験でも採用される可能性はあります。

事務職の仕事内容


事務職は「誰もができる仕事」「残業が少なさそう」「専門的なPCスキルは必要ない」など、ラクな仕事だと思っている人が多いのではないでしょうか。

このようなイメージは、すべて間違っています。

事務職の仕事内容は、会社の希望や社員の数によって大きく変わってきます。

大企業であれば、総務・経理・人事といった役割ごとに分かれており、高度な知識やスキルを持ったスペシャリストが集まっていることが多いのです。

一方で、中小企業は総務・経理などを少人数でおこなっており、社内のあらゆる業務に熟知している必要があります。大企業のように高度な知識やスキルは求められませんが、様々な業務をこなせるゼネラリストが求められていることが多いです。

事務職は、基本的に非生産部門と捉えられることも多いですが、縁の下で企業の活動を支える必要不可欠な職種です。

具体的な仕事内容

事務職は担当する業務によって仕事内容が異なってきますが、以下で一般的な仕事内容をご紹介します。

事務職の一般的な仕事
・書類の作成や処理
・書類の整理やファイリング
・データ入力
・電話や来客対応
・伝票の処理や整理
・備品の管理と発注 など

上記で紹介した一般的な仕事内容に加え、業種ごとの事務業務もこなすことになります。

ちなみに、事務職の種類ですが、一般事務、営業事務、経理事務、総務事務、人事事務・労務事務、法務事務、貿易事務、医療事務などがありますね。

例えば、医療事務であれば、電話対応や接客はもちろんのこと、診療報酬請求業務といった医療事務特有の仕事もあるわけです。

事務職に必要なスキル・知識


事務職は業種によって求められるスキルや知識は様々です。

officeを使った集計作業やレポート作成、他には営業アシスタントとしてクライアントとやり取りすることもあります。

業種によって求められるスキルや知識は異なってくるため、一概に言えないのですが、どの業種の事務職でも必要とされるスキルを2つご紹介します。

基本的なPCスキル

ネット社会となった現在、どの業種においても基本的なPCスキルは必須です。

企業によっては独自の管理ソフトを使っている場合もあるので、使いこなせるだけの基本的なPCスキルが必要になってきます。

基本的なPCスキルはもちろんのこと、大量の顧客データをエクセルで管理したり、関数やマクロを組んで作業を効率化してきた実務経験があると、さらにアピールポイントになるでしょう。

事務職は新卒・中途のどちらからも人気がある職種です。当然、少ない求人には応募が殺到するため、企業としては少しでも優秀な人を採用したいと考えるわけです。

このときに「PCは苦手」「エクセルは使ったことがない」という人よりも、「前職では関数を組んで顧客データを管理してました」という人のほうを採用しますよね。

PCスキルに自信がない人は、パソコン教室に通うなどしてアピールできるスキルを身に付けると採用確率をあげることができますよ。

コミュニケーション能力はどこでも必須

実は事務職において、何よりも必要だとされるのがコミュニケーション能力です。

事務職はデスクで黙々と業務をこなしている、と考えている人が多いのですが、実際の現場では正反対です。

社内の多くの人と業務上、関わることが多い職種であると考えたほうが良いでしょう。

業務を円滑に進めるためには、普段から他部署の人とも積極的にコミュニケーションを取って、良い人間関係を築く必要があるのです。

事務職に向いている人・向いてない人の特徴


「人気がある事務職へ転職したい」と思っていても、自分が事務職に向いているのか向いていないのか気になりますよね。

どういう人が向いているのか、向いていないのか、それぞれの特徴を以下でご紹介します。

事務職が向いている人の特徴

基本的なことですが、事務職が向いている人はコミュニケーション能力が高く、周りを献身的にサポートできる人です。

事務職は様々な部署を縁の下からサポートするため、事前に書類の作成をおこなったりするので、きめ細やかな対応ができる人に特性がありますね。

そのため、男性よりも柔和な対応ができる女性が向いているとされています。

具体的にどのような人が事務職に向いているのか、その特徴をまとめてみました。

・営業など、他部署を献身的にサポートできるタイプ
・臨機応変に対応できる人
・細やかな対応ができる人
・コミュニケーション能力があって、周りと円滑に人間関係を築ける人

また、様々な部署と連携して業務をおこなうため、きちんと報告・連絡・相談できる人も向いています。ホウレンソウがしっかりできていないと、信頼関係にヒビが入り、業務を円滑に進めることができなくなるのです。

事務職が向いてない人の特徴

一方で、自分の仕事に没頭したい人や会社や人間関係に興味のない人は、事務職に向いていないです。

事務職は会社の内情を把握している必要があるため、会社に対して興味のない人は事務職に転職しないほうが良いでしょう。

また、様々な人と連携しながら業務を進めていく必要があるので、人間関係に興味がなく、コミュニケーションを積極的に取らない人も向いていないです。

具体的にどのような人が向いていないのか、その特徴をまとめてみました。

・会社や人間関係に興味のない人
・自分の仕事に没頭したい人
・基本的なPCスキルがない人
・大雑把な人
・電話対応が苦手な人

業務面で言えば、基本的なPCスキルや電話対応が苦手な人も向いていないですね。

上記にあげた特徴に当てはまる人は、事務職へ転職するべきなのか、本当に事務職が自分のやりたい仕事なのかなど、しっかりと考えたほうが良いでしょう。

事務職へ転職した人の体験談


実際に事務職へ転職した人の体験談をいくつかまとめてみました。

念願叶って、事務職としてイキイキと仕事をしている人もいれば、想像と違った業務内容で後悔している人もいます。

自分が本当に事務職へ転職すべきなのか、ぜひ参考にしてみてください。

一般事務・29歳
正直な話、すごく大変です。昔のドラマの影響で、事務ってラクな仕事だと思ってました。なんとなく仕事をして、お茶を飲んで、定時に退社する……

ずっとそんな仕事だと思っていたのですが、実際に事務として働き始めて思ったことは激務だということです。

残業がないときはないし、昼食は片手で食べられるもので済ませる日々。それでも、前職より充実していると思います。

前職は1人で黙々と仕事をしていることが多く、誰にも感謝されることがなかったので……今は他の部署の方から感謝の言葉を伝えられることも多くて、やりがいに感じています。

販売事務・33歳
営業事務をしていたのですが、上司に嫌われて、半ばクビのような状態で退職しました。

次の仕事をどうしようか悩んだのですが、人材派遣会社から販売事務を紹介されました。

事務職は会社によって、仕事内容が変わってくるのですけど、販売事務は私に合う仕事でしたね。

職場関係の人だけでなく、お客さまと直接関わることもあるのですが、それが逆にハリになっています。お客さまの笑顔を見ると、また頑張ろうってなるので。

事務・27歳
転職して後悔しています。私はアパレル関係の仕事をしていたのですが、長く働ける事務へ転職をしました。

業務内容は書類作成や電話対応など、難しいものはない面接の時に説明されていて、私もそう思っていました。

実際に入社したら、書類作成や電話対応はあるものの、雑務のようなことも私の仕事だったのです。小さい会社だったし、まあ、仕方ないのかな?って思わなくもないのですが……モチベーションが上がらず、また転職しようか考えています。

事務職への転職に有利な資格


資格は自分には、どのようなスキルがあるのかを客観的でありながら、的確に示すことのできるものです。

事務職はPCを使うので、office系の資格を持っていると有利になるでしょう。データをまとめたり、分析する必要があるので、とくにExcelAccessなどのニーズが高いようですね。

業種によっては有利になる資格は変わってきますが、以下でニーズの高い資格をいくつかご紹介します。

転職が有利になる資格
・簿記1級または2級
・宅地建物取引士
・秘書技能検定
・MOS
・社会保険労務士 など

希望する業種で有利になる資格は変わってくるので、自分が伸ばしたい分野の資格やスキルを積極的に身に付けることで、転職時に有利になりますよ。

また、資格があることで、仕事の幅を広げたり、年収アップにも繋がります。

事務職へ転職するコツ


事務職への転職を成功させたいのなら、転職エージェントを活用したほうが良いでしょう。

コーポレートサイトから直接応募することはできますが、人気のある職種なので募集していないことが多いです。

企業のコーポレートサイトには求人がなくても、企業が転職エージェントのみに求人を依頼している場合があります。これは非公開求人と呼ばれ、転職エージェントに登録しないと見ることすらできない求人なのです。

また、担当のキャリアアドバイザーがどのような資格が必要なのか、的確なアドバイスをしてくれます。ほかにも履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、スケジュール管理、年収交渉など、転職に関わる様々なことをサポートしてくれます!

ツライ転職活動を一緒に乗り越えてくれるので、事務職へ転職したい方はぜひ転職エージェントを活用してみてください!

以下で、事務職の求人を多数取り扱っている転職エージェントをいくつかご紹介しますね。

type 女性の転職エージェント

【メリット】
・女性のアドバイザーが担当

・女性にオススメの求人を多数保持している

・未経験でも挑戦できる職種が多数

・女性の転職に10年以上のノウハウ

【デメリット】

・40代以上の求人が少なく感じる

【こんな人にオススメ】

・女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメ!

・「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

 

doda

【メリット】
・国内第2位の求人数を保有

・面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い

・マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれる

・女性のアドバイザーが担当

【デメリット】
・求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性がある
【こんな方にオススメ】
・「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

 

マイナビエージェント

【メリット】
・大手の転職エージェント

・営業系の転職先を多数掲載

・若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート

・20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有

・20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案をしてくれる

【デメリット】
・大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性あり

【こんな方にオススメ】
・20代で転職を考えている方

・異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方