人工知能(AI)関連の仕事に転職するには?

The following two tabs change content below.
アクシス(株)代表  末永雄大

アクシス(株)代表  末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

昨今、人工知能を取り入れたサービスが様々な業界で相次いでスタートしています。

ほぼ毎日の様に人工知能を生かしたサービスやプロダクトのニュースが舞い込んでいきています。

欧米では人工知能を積極的にビジネスに活用する動きがあり、日本はこの分野で遅れていると言われています。

しかし、今後日本でもビジネスの世界においては、これから10年は人工知能がメインストリームになると言われています。

急速に実用化が進み出した人工知能は今後ビッグデータの登場と情報処理技術の急速な発展により、人工知能が今後のビジネス環境に歴史的な変曲点をもたらすのは間違いないと言われています。

転職市場でも近年AI(人工知能)を生かしたサービス、プロダクトの開発求人が急激に増えています。

弊社にも大手IT企業複数社から、人工知能や機械学習技術を活用したサービスの研究・開発の研究案件や、予測・最適化の分析アルゴリズムやビッグデータ分析アルゴリズムなどの開発の求人依頼が来ております。

特に大手のIT企業でもAI(人工知能)に関する研究や技術、人材がほとんど不足しているので、今後のビジネスの主流となる人工知能関連のサービスに携わっていることによって、キャリアアップに繋げたい方には最適な仕事だと考えています。

追記 2016年1月20日

2016年1月19日にサイバーエージェントは、アドテクノロジ事業の拡大とより最適な広告配信技術の研究・開発を目的として、人工知能や機械学習を研究する「AI Lab(エーアイ ラボ)」を設立したと発表しました。

人工知能(AI)を活用したビジネスは、ECのレコメンド機能の活用など、IT領域を中心に増加しているようです。

今後IT企業を中心に、AI(人工知能)関連の研究所の設立の増加や、人材獲得競争が過熱していくのではないと思います。

これからのビジネスはAI(人工知能)がメインストリームになる!

大企業から、できたてホヤホヤのスタートアップまで人工知能を研究している方々の転職支援をアクシスでは行っています。

【無料】人工知能(AI)関連の仕事への転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!