第二新卒で転職成功している人には2つの特徴があった!

The following two tabs change content below.

末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

第二新卒で転職を考えている人の中には、勤続年数が短かったり、スキルや経験が少なかったりで本当に転職して成功するのかな?って不安に思っている人も多いかと思います。

そんな人のために、そもそも第二新卒での転職は成功するのか、実際に成功した人の例を紹介していきます!

また、転職して成功しやすい人の特徴も合わせて解説していくので、是非目を通してみてください!

第二新卒で転職しやすい人の特徴

第二新卒で転職を考えている人は、今のタイミングで転職して本当に成功するのか?って不安に思う人は多いかと思います。

結論、第二新卒でも転職を成功させることは可能です。しかし、一方で失敗してしまう人もかなり多いです。

これまで多くの第二新卒の方の転職相談に乗ってきて、実際に転職を成功させている人には共通する特徴が2つあります。

成功する人の特徴
  • 転職後のビジョンをしっかり持っている
  • 仕事選びの条件が整理されている

転職後のビジョンをしっかり持っている

後ほど紹介する体験談でもあげているのですが、「将来のビジョン」を持っているかどうかは非常に重要になってきます。そこをしっかり決めていないと、仮に転職先が決まったとしても仕事に対する不満が出てくると、モチベーションが下がり再び転職したくなる可能性が非常に高くなってしまいます。

ただ漠然と「今の会社が嫌だから」や「3年ぐらい働いたし、そろそろ転職しようかな」くらいの気持ちでは、転職することがゴールになってしまい、将来のビジョンなんて見えてきませんよね。

また、面接時に将来のビジョンをしっかり言えると、採用の確率が高まります。なぜなら第二新卒は、まだ社会人歴が浅く、スキルや実績が重要視されないことが多いからです。

第二新卒は、主にポテンシャルや仕事への熱意を見られていることが多いんですよね。だから、将来のビジョンを明確にし、その会社でどうなりたいかという点を言えれば、仕事に対する熱意が伝わりやすいです。

将来のビジョンが明確にあるかどうかは、転職後のモチベーションを維持するだけでなく面接の合否にも関わってくるので、転職が成功するかどうかの大切なポイントになります。

仕事選びの条件が整理されている

仕事のやりがい、ワークライフバランス、収入、職場環境、福利厚生など、仕事選びにおいて大切にする軸は人それぞれです。

しかし、全ての条件を満たすような仕事・職場というものは存在しません

「年収も高くて、やりがいもあるけど、残業は少ない仕事がいい!」といった仕事選びをすると、そもそもそういった求人がないので、「転職先がない」ということになります。

自分にとって譲れない条件は何か、優先順位をしっかりと整理した上で企業選びをすることが重要です。

「残業が多すぎてツラかったから、次の職場はワークライフバランスが取れるところがいい!」と今の仕事で感じている不満の裏返しで、その条件だけを満たすような仕事選びをしてしまう方も多いのですが、これも危険です。

「将来のビジョンを実現できそうな会社なのか?」「今の職場の不満のうち、自分がどうしても嫌だった部分や譲れなかった部分はどこなのか?」をしっかり自己分析した上で転職活動をするようにしましょう。

今後のキャリアビジョンが決まらない……という方は以下の記事も参考にしてみてください!

【必読】WHAT(何をしたいか)にとらわれた転職は失敗する!!
転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由って?

転職市場では第二新卒の採用が活発化

2019年1月時点で、転職市場の求人倍率が1.63倍という高い水準を記録し、それに関係して若い人材を求めている企業が増えて来ています。

ちなみにリーマンショック前の求人倍率は0.68倍で、現在の1.63倍と比べると、約1倍も違っています。

リーマンショック時は、採用する人材の幅を狭めたり、即戦力となる30代を積極的に採用する企業が多かったのですが、景気が上がってきた現在では、逆に人手が足りない企業が増えています。

そういった企業は基本的に新卒を採用することが多いのですが、中にはなかなか良い人材に巡り会えず、人手不足を解消しきれない企業もあります。そのような企業が、若手である第二新卒を積極的に採用しているケースが非常に多いです。

さらに言うと、新卒者の採用が間に合っていない企業の中には、普通に大手企業もあります。まだ若い、業界未経験の第二新卒でも積極的に採用して、これから育成して行けば良いという考えで採用していることが多いです。

第二新卒から大手企業への転職を考えている方は、以下の記事も合わせてご覧ください!

第二新卒でも大手に受かる?内定をもらえるコツをプロが解説!

企業が第二新卒を積極採用する理由

第二新卒を採用する理由には、若い以外にも実は「企業に都合の良い人材」だからという理由もあります。

長年同じ企業で働いている人と違い、早い段階で会社を辞めているため、まだ企業の色が染み付いていない第二新卒者は、自分の会社の色に染めやすいというメリットが1点。

他にも、新卒と比べて浅いながらも社会人経験があり、最低限のビジネスマナーを身に付けているという点です。そのため、マナーから育成する必要がなくて、手間が省けるという点もメリットにあげられます。

逆に前職をすぐに退職してしまっているので、またすぐに転職してしまうのではないか?という点は不安に思われるところですが、そこさえ除いてしまえば、第二新卒は企業にとって1から育成する必要ない都合の良い若手として歓迎されているわけです。

入社1年未満の転職の場合は不利になることも

企業も歓迎しているからと第二新卒で転職する人が増えているものの、半年などの数ヶ月で転職できる人はごくまれな例だと思ってください。一般的には「同じ会社に3年」と言われ続けていましたが、実際のところ1〜2年働いてから転職する人が増えているので、だいたい1年を目処に考えましょう。

ただでさえ、第二新卒の弱点と言われている「また何か不満があったら転職してしまうのではないか?」という企業側の不安要素が、勤続年数が1年未満の人ではさらに強くなってしまうからです。

第二新卒で転職成功した人の体験談


実際に、第二新卒で転職成功した人たちの体験談を集めてみました。

成功した人たちは何を意識して転職活動を行っていたのかを意識してみて、自分が転職する時の参考にしてみてください。

営業・23歳
自分一人ではちょっと不安だったので、転職エージェントに相談しました。そこでキャリアアドバイザーの人に「転職後、将来どうなりたいとかのビジョンってありますか?」って聞かれた時に何も答えられませんでした。

今までは特に将来のビジョンとか深く考えてこなかったんですよね。だけど、キャリアアドバイザーの人に将来のビジョンを明確にした方が良いと言われ、必死に考えました。自分は前職で営業をしていたのですが、別に営業の仕事が嫌で転職しようと考えていたわけじゃなかったので、転職後も営業で考えてました。

その中で、キャリアアドバイザーの人と相談しながら自分がどうなりたいか想像した時に、将来なりたい自分が分かってきたんです。私は営業という仕事を通してお客様に満足していただけるサービスを提供して、将来的には会社単位よりも私だから一緒に仕事をしたいと思ってもらえるような営業パーソンになりたいと思いました。

キャリアアドバイザーの人にも良いじゃないですかって言ってもらえたので、自信を持って面接で伝えることができました。その結果、見事に希望通りの企業に転職することができました。

接客・22歳
転職するなら失敗したくない!と思い、企業を探す時に自分のルールを決めました。例えば条件面なら完全週休2日とか、今より年収をあげたいとかです。

色々条件を考えた後に、逆に妥協しても良いなって思う条件も決めましたよ。さすがに全部叶う会社は存在してないと思いましたからね(笑)これっていうのも、新卒で就職先を探している時にはとにかく就職しないと!っていう思いが強くて、条件面はかなり妥協して後悔したからなんです。

ただ、初めは業界も絞って探してたんですけど、求人の数が少なくなっちゃうのであんまりおすすめできないですね。自分の中で何は譲れない条件かを常に考えておけば、妥協できるところもわかってきます。

アパレル・22歳
転職する時に一番困ったのが、面接で聞かれる退職理由でした。私、実は転職したい理由が前の会社で社内恋愛をしていて(笑)相手は上司だったんですけど、別れた気まずさから転職を決意したんですよね。

でも、さすがにそんな理由は面接では言えないのでどうしようかって悩んだ結果、言ってしまえば人間関係のこじれだなって思いまして。

なので、人間関係のこじれでのモチベーションに言い換えました。

実際面接では、前の会社の社風は成果を求めずに最低限の仕事をしていくスタイルだったけど、私はもっと成果を求めて仕事をしたかったです。けど、周りにそういう人がおらず私のモチベーションも徐々に下がってしまいました。そこで成果を常に求めている御社の社風に共感して応募させていただきました。

みたいな、ポジティブな理由に言い換えたと思います。死んでも恋愛関係のこじれでなんて言えないですね(笑)

転職成功する人の6つの特徴!年代別に内定を得る秘訣を徹底解説

第二新卒の転職を成功させるには?

記事中でも述べましたが、転職成功のためには、第二新卒の方は特に、自分の転職後のビジョンをしっかり持つことが大切です。

ただ、自分の将来のビジョンを明確にする作業を自力で行うのは、ぶっちゃけ大変ですよね。

そこでオススメしたいのが、転職のプロである転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは、自己分析やスキルの棚卸しなど、キャリアを充実させる上で重要な、転職における将来のビジョンを決める作業をしっかりとしてくれます。

また、履歴書の添削や企業研究、選考対策や転職後のアフターフォローまで、初めての転職なら特に不安な部分の転職サポートを全てしてくれるため、あなたの転職にとってこれほど心強い味方はいないでしょう。

一方で、基本的に自分を担当するエージェントは選ぶことができず、各アドバイザーごとにサポートの差があるのは事実です。
自分と相性が合って、信頼できる優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです
実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、サポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみましょう。

※各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?