2019.09.13

【実例紹介】転職で年収アップは可能?上がりやすい業界・職種も公開!

年収を上げたいから転職を考えているという人もいれば、転職すると年収ってアップするのかな?って考えている人もいると思います。

年収がアップしやすい業界・職種、年収アップさせるためのコツまで、実例を交えてご紹介していきます。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

年収アップしたいからで転職するのはアリ!

転職で年収をきにする女性が後ろを向いて右手でOKサインを出している

年収アップしたいからという理由で転職するのはアリです。実際に私がサポートしてきた転職者の方も、年収アップを目的に転職活動されていたケースが多かったです。

転職エージェントの利用を考えているのであれば、登録する前に「年収アップを理由に相談すると印象悪くなるんじゃないかな…」って不安に思う方もいると思いますが、悪印象にはなりませんので、ご安心ください。

キャリアアドバイザー側としては、年収相場やあなたの市場価値についてもアドバイスできるので、実際の相談や転職活動もスムーズにおこなえます。

この時注意したいのは、本音ベースで話すことです。実際にどのくらいの年収を希望するのか、嘘をついたり曖昧にしたりせず、きちんと伝えましょう。

転職で年収は上がる?下がる?

一般的に下がりやすい傾向にあります。

もちろん、年齢やスキルによって変わってきますが、やはり業界・職種を変えて転職する方が多いこと、これが年収ダウンにつながっていると考えられます。

ただ、同業界・同職種への転職であれば年収も上がる可能性があります。同業界・同職種への転職を希望する場合、3〜5年くらい経験がある方だと、なお年収が上がる傾向が見られますね。

転職すると年収が上がるのか、下がるのかについてか以下の記事でさらに詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

転職で年収が上がる?下がる?失敗しないためのポイントを伝授!

地方と首都圏では年収額が違う

もちろん、首都圏のほうが年収が高いです。地方との年収額の差は約20%ほどだと言われています。

なぜなら、そもそも物価が違うからなんです。都心は物価が高く、地方は物価が安いのでコスパも良いです。

ちなみに、大手企業の地方転勤の場合、給与は変わりません。家賃も都心の半分くらいになるため、金銭的にも余裕が持てます。

年収アップしやすい業界・職種

年収アップしやすい業界は、「金融業界」「医療機器業界」「不動産業界(売買)」の3つですね。

その理由は、利益率が高い業界であることと給与相場が高い職種であるからです。特にこの3つは、利益率が高く客単価も大きいため、給与も高くなる傾向が見られます。

不動産営業の平均年収や、高収入を狙える大手不動産会社について紹介している記事があります。合わせて参考にしてみてください!

不動産営業の平均給料を公開!稼ぐには賃貸よりも売買って本当?

転職で年収が上がるケース・下がるケース

転職して年収が上がって嬉しそうに両手を上げてている女性

転職で年収が上がるケースとして挙げられるのは「年齢が低い場合」です。

年齢が低い方は年収がもともと低いですよね。そのため、転職をすると年収が上がりやすいんです。

年収に対して企業が柔軟性を持ちやすいので、キャリアステップや正当な経験を積んでいれば年収を上げてもらいやすいです。

ただ、注意したいのは若いからという理由だけでは年収が上がらないという点ですね。

転職で年収が上がったケース

実際に転職をして年収が上がったという方の実例をご紹介しますね。

■Aさん 24歳(2社経験あり)
■1社目:派遣営業→2社目:ベンチャー企業

この方はデジタルマーケティングに興味を持ち、経験スキルを活かしてマーケティング責任者への転職を希望されていたんです。

当初の年収は350万円で若くして転職経験が2回あるため、書類選考もなかなか通らないのではないかという部分が懸念点でした。


いきなり希望する会社に転職することは厳しいので、自己分析をしっかりおこない、一度迂回をしてWebマーケティングの会社への転職をお勧めしました。


その4年後、再びAさんから転職支援をしてほしいとのご連絡をいただき、私がお勧めした企業で営業を経験し、スキルやノウハウを習得したとお聞きしました。


そこで、Aさんが希望されていたDeNAにご紹介し、見事にマーケティング責任者へ転職されました。

ちなみに、私に相談する間に他社から年収420〜500万円のオファーが来ていたそうです。やはりスキルや経験を素直に積むと、自然と年収も上がっていきますね。

転職で年収が下がったケース

■Bさん 35歳(5社経験あり)
■1社目:有形商材の法人営業→5社目:小売販売

この方は、1社目で教育商材の法人営業をしていました。その後保険代理店営業へ転職されましたが、30歳を超えてから興味があった家具販売に転職をされました。


保険代理店営業をしていた頃の年収は550万円でしたが、家具販売へ転職してから年収が450万円まで下がってしまいました。


その後も業績が悪化して、さらに年収も下がってしまいました。

転職で年収が下がったけど結果的に成功したケース

■Cさん 29歳(2社経験あり)
■1社目:MR→2社目:ベンチャー企業(医療系)

この方は、MRから医療系無形サービスを提供するベンチャー企業へ転職されました。


もともと年収が650万円でしたが、転職したことにより480万円まで下がってしまいました。MRという業界は、業界再編があり行先がなくなっていくと言われています。


そこで将来性を見越した上で、これまでの経験を活かしつつも軸足を移し、最初こそ年収は下がるけれど、将来的には上がるベンチャー企業へと転職をしました。

年収をアップさせる4つのポイント!

転職で年収をアップさせるコツがあるなら、やっぱり知っておきたいですよね。年収をアップさせるコツは、以下の4つです。

上記4つのコツについて、次で詳しくお話しますね。

同業他社を複数受ける

なぜ同業他社を複数受けるのが良いのか、その理由は他社状況を応募先企業に伝えることで年収の調整をしてもらえる可能性があるからです。

同業他社は3〜5社ほど受けるのが良いです。もし、いくつか内定がもらえた場合、他社状況を応募先企業へ伝えてみてください。柔軟な企業であれば「他社はそれくらい年収を出すのか、じゃあうちの会社は…」と考えてもらえる場合もあります。

ただ、有効ではないケースももちろんあります。

注意したいのは同業他社に複数応募する際、一貫性を持たせるという点です。

金融業界や証券会社、IT系企業など応募先がバラバラだと「軸はないの?」と面接官がネガティブに捉えてしまいます。

同業界・同職種に複数応募することで「本当にこの業界で頑張りたいんだな」と企業側に思ってもらうことができ、面接でもアピール・説得ができます。

年収アップしそうな会社を選ぶ

年収アップしそうな会社を選ぼうと言われても、どんな会社を選べば良いのか悩んでしまいますよね。具体的には、インセンティブ要素がある不動産業界や外資系企業をおすすめします。

もちろん、面接の中での評価によっても変わってきます。例えば、25歳の方の場合、新卒3年目の方と比較して仕事ができるのかできないのか、その判断によって年収を多く出しても良いのか変わってきます。

ただ、業界・業種を変えての転職となると、年収アップは厳しいと思った方が良いと言えます。

不動産業界や外資系企業への転職について、さらに詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください!

未経験でも不動産業界に転職できる?高収入を狙う方法も大公開!
未経験から外資系に転職する方法!転職のプロが徹底解説!

転職先で自分を成長させる

これは転職先で経験を積んでいき、高い実績・成果をあげて自身を成長させるという方法です。

経験を積み重ねてきちんと結果を残せば、あなたが本来進みたかった会社へ入社する際、即戦力として活躍することができます。

その得た経験やスキルが稀少性の高いものであれば、専門知識が必要な会社からオファーをもらえる可能性も十分にありますよ。

転職エージェントに依頼する

年収アップしたいから給与交渉を自分でするというのは、とても勇気がいることですし、気まずいですよね。

そんな時は転職エージェント経由で給与交渉するのが得策ですよ。エントリーの段階から企業側と希望年収を握れますし、相場観を把握しているキャリアアドバイザーが第三者として客観的に交渉した方が、うまくいくケースが多いです。

キャリアアドバイザーに希望年収を伝えるタイミングとしてベストなのは、最初の面談時です。最初の段階でしっかり伝えておくと、スムーズに話を進めてもらいやすくなりますよ。

給与交渉の方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください!

転職時の給与交渉をプロが伝授!年収アップのポイントを解説します!

転職のプロがおすすめする転職エージェントを厳選紹介!

転職エージェントでは年収に対するアドバイスはもちろんのこと、キャリアの相談をはじめ、適性や希望に合わせた求人の紹介をしてもらえます。

また、選考書類の添削や面接対策など、転職活動におけるあらゆる場面でサポートをしてくれます。

これまで10年以上、現役の転職エージェント・キャリアアドバイザーとして多くの転職者をサポートしてきた私が「対象者別にオススメなエージェント」をまとめました。

ただ、キャリアアドバイザーの質やサポート力に違いがあるので、大手転職エージェント2〜3社、特化型転職エージェント1社への複数登録をオススメします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。ですので、既卒・フリーターの就職支援に強いハタラクティブUZUZ(ウズウズ)も登録しておくのがオススメです!

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

年収アップを目的とした転職に役立つ関連記事

年収アップを目的とした転職に役立つ記事を以下にまとめてみました。こちらもぜひ合わせて読んで参考にしてみてくださいね。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。