転職で年収は上がる?転職で年収を上げるポイントや注意点とは

  • !

    もっと年収を上げたいと考えている人の中には、転職をして年収のアップを目指したいと考えている人も多いです。

    そこで、本記事では「転職で年収を上げるケース・下げるケース」や「転職で年収を上げるポイント」について紹介していきます。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

転職をすることで年収は上がるのか?下がるのか?

転職エージェント末永 末永

「転職をすることで年収が上がるのか?下がるのか?」という問に様々な意見がありますが、厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果の概要」にある「転職入職者の状況」で、以下のような結果が出ています。

  • 転職により前職に比べて収入が上がった割合   34.9%
  • 転職をしても前職と年収と変わりがなかった割合 28.4%
  • 転職により前職に比べて収入が下がった割合   35.9%

転職で年収が上がる理由

転職者全体の35%ほどの人が転職により年収をアップしています。年代別で一番多いのは20歳〜24歳で47.6%と転職者の約半数程度が年収アップしている結果が出ています。

転職で年収が上がる要因として考えられるのは、以下のようなケースが多いです。

  • 年齢が低くいため年収も低かった
  • スキルや実績があり転職によりキャリアアップに成功した

また、転職により一度は年収を下げたが、新しい会社でスキルを磨き、実績を残したことで前職よりも年収が上がったというケースもあります。

未経験の業界・業種への転職など、やりたいことのために年収を下げてでも納得のいく転職をした人の場合、仕事に対するモチベーションも高く、新しいことにチャレンジしようという姿勢から成長していき、結果的に年収を上げることにつながるのでしょう。

転職エージェント末永 末永

やりたいことを見つけモチベーション高く仕事に取り組みたいと考えている人はマジキャリがおすすめです。
マジキャリはプロのコーチとの自己分析によりあなたのやりたいことを見つけていきます。

やりたいことを見つけて年収アップさせたい人へ

  • マジキャリ
    プロとの自己分析で「やりがい」を持てる仕事を見つけませんか

転職で年収が下がる理由

転職により年収をアップさせている人がいる一方で転職で年収を下げている人もいます。

転職により年収が下がってしまうのには以下のような理由が考えられます。

  • 未経験の業界や職種の企業に転職をした
  • 大手の企業で働いていたがベンチャー企業に転職した
  • 前職で役職についていたが、転職で役職がなくなった
  • 残業手当やボーナスにより本来の収入よりも高かった

年齢やスキルによって、理由は変わってきますが、業界や職種を変えて転職するケースは年収が下がってしまうことが多いです。

また、職場の規模が大きい場合や業績が良い場合、役職や手当などの要因で現在の年収が高かった場合も、転職により、環境や条件が条件が変わった結果、年収が下がってしまうこともあります。

転職すると年収が上がるのか、下がるのかについては、以下の記事でさらに詳しく解説しています。こちらも併せてご覧ください。

【実例紹介】転職で年収が上がったケース・下がったケース

転職エージェント末永 末永

これまでに転職支援をさせていただいた人の「転職で年収が上がったケース・下がったケースの実例」を紹介するので、参考にしてみてください。

転職で年収が上がったケース

■Aさん 24歳(2社経験あり)
■1社目:派遣営業→2社目:ベンチャー企業→3社目:Webマーケティング会社→4社目:DeNA
■年収:350万円→500万円


Aさんから転職相談を受けたのは2社目のベンチャー企業に勤めている時で、仕事をしていく中でデジタルマーケティングの仕事に興味を持ったため、スキルや経験を活かしてマーケティング責任者への転職をしたいと考えていました。


ですが、当時のAさんは24歳で2回の転職経験があったため、いきなり希望する会社に転職することは難易度が高いということを説明しました。


そして一度Webマーケティング会社への転職をした上で経験を積み、再度本命の会社への転職を目指そうという結論に至りました。


Webマーケティング会社から転職して4年後、Aさんから、再度転職支援をして欲しいと連絡をいただきましたが、今度は紹介した会社でしっかりと経験を積んでいたこともあり、希望の会社であったDeNAへの転職も可能だと判断して紹介した結果、見事にマーケティング責任者への転職を成功することができました。

転職エージェント末永 末永

ちなみに、私が転職支援をしている間にも、他社から420万円〜500万円のオファーが来ていたそうです。

やはり、しっかりと実務経験を積み、スキルを磨いていくことは、年収を上げることにつながっているんですね。

転職で年収が下がったケース

■Bさん 35歳(5社経験あり)
■1社目:有形商材の法人営業→5社目:小売販売
■年収:550万円→450万円


Bさんは、1社目で教育商材の法人営業を経験しており、幾つかの会社で経験を積んでいき、保険代理店営業の仕事に転職されていたようです。


そして、30歳を超えた頃に興味があった家具販売の会社に転職をされたそうですが、未経験の業界であったことから、保険代理店営業の年収である550万円から、家具販売の会社では450万円まで下がってしまったそうです。


その後、転職先の会社の業績も悪化した結果、さらに年収が下がってしまい、このままだと生活が厳しいということで、転職の相談をしにきました。

転職エージェント末永 末永

やはり、未経験の業界や業種の場合には、年齢や経験があっても年収が下がる傾向にあり、企業の規模や業績によっては、転職後に収入が下がってしまうケースもあるようです。

転職で年収が下がったけど結果的に成功したケース

■Cさん 29歳(2社経験あり)
■1社目:MR→2社目:ベンチャー企業(医療系)
■年収:650万円→480万円(転職当時)


Cさんは、もともとMR(医療情報担当者)の仕事をしていたのですが、MRという仕事は業界再編により、営業活動に関する規制や販促経路がWebに移行していたことから、将来に対して不安を感じて転職を考えていました。


そして、今までのMRの経験を活かした上で、医療業界で無形サービスを提供するベンチャー企業であれば、将来性があるという判断から、医療系ベンチャー企業への転職をしました。


Cさんは、元々の年収が650万円と高かったため、転職をしたことで480万円まで下がってしまいましたが、今までの経験を活かしながら、新しい企業で成果を残し、企業も成長していったことから転職後の年収から年収を上げていくことができているとのことです。

転職エージェント末永 末永

長期的に考えて経験や将来的な収入を考慮した上で、一時的な年収の減少は受け入れて転職先の職場で実績を残して年収を上げるという選択も転職において大切な考え方であり、Cさんはその成功例となるケースでした。

年収をアップさせる4つのポイント!

転職により年収を上げるためには、以下のポイントを押さえておくことが大切です。

転職を行う際には、無計画で進めるよりも戦略的に目的や目標に向けて取り組んだ方が、年収アップやキャリアアップにつながる、納得のいく転職にすることができるので、参考にしてみてください。

キャリアをしっかりと考えてから転職活動をすること

転職エージェント末永 末永

年収アップやキャリアアップを目指すのであれば、しっかりと自分のキャリアについて考えてから転職活動を行うことが非常に大切です。

将来のキャリアプランをしっかりと立てた上で、転職活動をすることで、転職における軸ややりたいことが明確になり、面接などでもしっかりとした受け答えができるようになり、転職活動もうまくいくでしょう。

また、転職後にも「お金」や「新しい環境での刺激」などの外発的なモチベーションではなく、「自分の目標や夢のためにつながる」という内発的なモチベーションがあれば、高いモチベーションを継続して、積極的に仕事に取り組むことができるので、自身の成長につながりやすくなります。

転職エージェント末永 末永

自身のキャリアについて深く考えるなら「マジキャリ」がオススメです。

マジキャリの徹底的な自己分析を通してあなたの「やりがい」を見つけることで仕事に前向きに取り組むことができるようになります。

これまでとは仕事に対する向き合い方が変わるので給料アップにもつながります

現在、初回限定で無料のコーチングを行っているので、興味がある人はお気軽に相談してみてくださいね。

マジキャリに無料相談

同時並行で複数の選考を進めること

年収を上げるための転職を目指したいのであれば、3社〜5社程度の同業他社の選考・面接を進めるようにしましょう。

複数の同業他社の選考を受けて、面接や内定オファーの連絡をもらっていれば、選考中の企業に他社の選考状況を伝えることで、柔軟な企業であれば、年収調整などの交渉をすることができるようになります。

しかし、選考企業のことについて伝える際には、たとえ選考が進んでいたとしても応募企業とは異なる業界・業種の仕事だと、「軸がないのではないか」と受け取られてしまうこともあるため注意してください。

逆に、同業界・同職種に複数応募していることを伝えることで、「本当にこの業界で頑張りたいんだな」と企業へのアピールにもつながります。

年収が上がりやすそうな会社を選ぶこと

年収を上げるために転職をしたいのであれば、以下のような「年収の上がりやすそうな会社を選ぶこと」も大切です。

  • 同業界の中でも高い年収を出している会社
  • ここ数年の業績が良く今後の成長も見込める会社
  • 比較的年収が高いといわれている業界の会社
  • インセンティブを導入しているような実力主義の会社

大手企業や成長しているベンチャー企業など、同業界の中でも高い年収の求人を出していたり、業績がよく今後の成長も見込める会社だった場合は、年収が上がりやすく、一時的に下がったとしても実績次第では前職よりも年収のアップが見込めます。

また、金融業界や医療機器業界などの比較的年収の高い業界や、インセンティブを導入していることの多い不動産業界や外資系企業も努力次第で入社後に年収を上げることができるでしょう。

転職エージェントを活用すること

転職により年収を上げたいと思うのであれば、転職エージェントを活用するのが最も効果的です。

自分ではなかなか言いにくい年収交渉も転職エージェントに相談することでエージェントが仲介してくれます。

また求人情報に関してはエージェントが正確に把握しており、求職者のスキルや希望に沿って、案件を紹介してくれます。

他にも、選考に進んだ場合も面接の日程調整や企業の特徴や面接時のアドバイスなど、転職が成功するようにフォローをしてくれるため、安心して転職活動を行うことができるのです。

転職エージェント末永 末永

以下は業界大手の転職エージェントです。転職を考えている人はまずは大手の転職エージェントに相談してみてください。

業界大手の転職エージェント

給与交渉の方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください!

年収を上げるための転職における3つの注意点

年収を上げるための転職をする際には、いくつかの注意点があります。

上記の点に注意して転職活動を行うことで、年収が上がる可能性が高まるので、参考にしてみてください。

年収を上げることができるのか事前に調べておくこと

年収を上げる転職をするためには、まず自分のスキルや実績で目標とする年収を実現できるのかどうか事前に確認しておくことが大切です。

  • 今の年収と同業他社の平均年収の差がどれくらいなのか
  • 目標とする年収は業界や職種の平均に比べて高いのかどうか
  • 転職を考えている業界/業種での年収が高い人の特徴はどうなのか

仮に自分の今の年収が高かったり、目標とする年収を実現するためには役職レベルにならなければ難しいということが分かれば、その後どのように転職活動を進めていくかの方針を決めやすくなります。

なので、本格的に転職活動に進める前には、しっかりと事前の調査を行った上で年収を上げるための転職は現実的なのかを判断するようにしましょう。

また、「自分で調べてもわからない」という場合は、転職エージェントを活用して、プロに希望の年収が実現できるのかについて相談してみるのも良いでしょう。

現在の年収が高ければ転職で年収が下がることもある

年収を上げるために転職をしたいと思っても、元の年収が高ければ転職で年収を上げる難易度は高くなるので注意しましょう。

もしも、すでに平均よりも高い年収を貰っている上で、より多くの収入を得たいという場合には、ハイクラスの転職エージェントを活用するのがおすすめです。

その他にも、スキルや実績が十分にあるのであれば、フリーランス・個人事業主として働くことで、より収入を上げることができる可能性もあるので、興味があればフリーランス専門のエージェントに相談してみるのも良いでしょう。

ハイクラス向けの転職エージェント

年収にとらわれずに自分の理想のキャリアに沿っているかも意識すること

年収を上げるために転職をする場合であっても、年収にとらわれずにキャリアに沿った企業選択をしていくことは大切です。

年収だけで企業選択をしてしまうと、転職後にミスマッチが起きてしまうこともあり、結果的に納得できずに再度転職をしてしまうというケースもよくあります。

なので、年収はあくまで一つの目安として考えて、キャリアアップや自身の成長など長期的な視点で判断することをおすすめします。

自分のキャリアプランに向かってやりがいを持って働くことができれば仕事の成果につながり給与アップにつながるはずです。

もし、「自分が何をしたいのかいまいちわからない」「キャリアについて考えるといってもどうすれば良いの?」と感じる人は、マジキャリがおすすめです。

マジキャリではあなた専属のコーチとの徹底的な自己分析によりあなたにあったキャリアプランを設計していきます。

キャリアプランが明確になることで仕事に対しても前向きに取り組むことができ、その結果年収のアップにつながるはずなのでキャリアプランに困っている人は一度相談してみてください。

転職を前提としないキャリアコーチングサービス
徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供します!

マジキャリ

ポイント

  1. 徹底した自己分析やキャリアの棚卸し
  2. 中長期的なキャリアプランの作成
  3. 自社の基準を満たしたキャリアのプロのみ対応

マジキャリ
に相談する

転職のプロがおすすめする転職エージェント

転職エージェントでは、年収に対するアドバイスはもちろんのこと、キャリアの相談をはじめ、適正や希望に合わせた求人を紹介してくれます。

他にも、選考書類の添削や面接の日程調整、面接対策のアドバイス、内定条件の交渉など、転職活動に関するあらゆる場面でサポートをしてくれるため安心して転職活動に取り組むことができるでしょう。

これまで10年以上、現役の転職エージェント・キャリアアドバイザーとして多くの転職者をサポートしてきた私が、「対象者別におすすめなエージェント」をまとめたので参考にしてみてくださいね。

また、エージェントによりキャリアアドバイザーの質やサポート力に違いがあるため、大手転職エージェント2〜3社、特化型転職エージェント1社など複数のエージェントに登録をするとより希望にあった求人を見つけることにつながるので、転職をする際には複数のサービスに登録をしてくださいね。

全業界・業種の求人を保有する大手転職エージェント

転職エージェント末永 末永

大手転職エージェントには、全業界・業種の求人が集まっています。大手企業や人気企業の非公開求人を多数保有しているので、「業界・職種が絞りきれない」「多くの求人の中から比較検討したい」という人におすすめです。

転職エージェント末永 末永

とくにおすすめなのがリクルートエージェントdodaです。どちらも業界最大級の求人数を誇っているので、まず登録するべきエージェントだと言えますよ。

全員登録すべき!大手総合型エージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

ポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェント
に相談する

年収500万円以上を目指す人向けの転職エージェント

転職エージェント末永 末永

リーダー・マネージャーといった企業の中核ポジションや管理職、マーケティングなどの専門スキルを活かして年収アップしたい人には、ハイクラス向けの転職エージェントがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

とくにビズリーチは年収500万円以上の優良求人のみを扱っており、レジュメを登録しておくと、企業の採用担当者や業界・職種に特化したヘッドハンターからスカウトメールをもらうことができます。そのため、大手エージェントが保有していないような独自のコネクションを生かした非公開求人に出会うことができますよ。

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

既卒・第二新卒、フリーター向けの転職エージェント

転職エージェント末永 末永

主に20代の既卒・第二新卒、フリーター、ニートなどの正社員経験が少ない人や未経験からチャレンジOKの非公開求人を多数保有しているのが、UZUZハタラクティブなどの就職エージェントです。

転職エージェント末永 末永

とくにUZUZは平均20時間の手厚いサポートに加えてIT・Web業界の求人も多数保有しているので、ぜひ1度利用してみてくださいね。

20代既卒・フリーター・第二新卒向け

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

エンジニア・デザイナー経験者向けの転職エージェント

転職エージェント末永 末永

現在エンジニアやデザイナーの人で転職を検討している人は、優秀なエンジニアやデザイナーを採用したい企業の非公開求人を多数保有するIT特化型エージェントがおすすめです。

IT職種に特化しているので、大手エージェントよりも専門的なサポートを受けることができますよ。

エンジニア・デザイナーの転職におすすめの転職エージェント

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

ポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

リクルートエージェント(IT)

ポイント

  1. エンジニア求人は業界最大の10万件以上!
  2. プログラマーや品質管理、社内SE、テクニカルサポートなど人気の職種を網羅
  3. 専門のアドバイザーチームがあり、IT・Web業界ならではのサポートが充実

リクルートエージェント(IT)
に相談する

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント