【実例紹介】転職で年収アップは可能?転職した場合の年収の実態

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

この記事をご覧頂いている方は、ご自身の年収に満足されていないのではないでしょうか?

「転職したら年収が上がるかもしれない」と考えている方もいれば、「転職すると年収が上がるって聞いた」という方もいると思います。

他にも「実際のところどうなの?」「自分の場合、転職をしたら年収アップするのかな…」と気になっている方もいるでしょう。

今回は、今の年収よりもアップしたい、そんなふうに考えている方のために、転職すると年収が上がるのかどうか、年収アップしやすい業界・職種などをご紹介します。

年収アップしたいという転職理由はアリ!

後ろを向いて右手でOKサインをする女性

年収アップしたいからという理由で転職するのはアリです。実際に私がサポートしてきた転職者の方も、年収アップを理由に転職活動されていた傾向が多く見られます。

今では転職エージェントを利用している方も増えてきていますよね。利用する際、「年収アップを理由に相談すると印象悪くなるんじゃないかな…」って不安に思う方もいると思いますが、悪印象にはなりませんので、ご安心ください。

キャリアアドバイザー側としては、年収相場やあなたの市場価値についても教えてあげられるので、相談や転職活動がスムーズにおこなえます。

この時注意したいのは、本音ベースで話すことです。実際にどのくらいの年収を希望するのか、嘘をついたり曖昧にしたりせず、きちんと伝えましょう。

転職することで年収は上がるのか

左手を額に当てながら悩んでいる女性

一般的に下がりやすい傾向にあります。

もちろん、年齢やスキルによって変わってきますが、やはり業界・職種を変えて転職する方が多いこと、これが年収ダウンにつながっていると考えられます。

ただ、同業界・同職種への転職であれば年収も上がる可能性があります。同業界・同職種への転職を希望する場合、3〜5年くらい経験がある方だと、なお年収が上がる傾向が見られますね。

地方と首都圏では年収額が違う

もちろん、首都圏のほうが年収が高いです。地方との年収額の差は約20%あります。

なぜなら、そもそも物価が違うからなんです。都心は物価が高く、地方は物価が安いのでコスパも良いです。

ちなみに、大手企業の地方転勤の場合、給与は変わりません。家賃も都心の半分くらいになるため、金銭的にも余裕が持てます。

年収アップしやすい業界・職種

黒板に棒グラフが書かれている

年収アップしやすい業界は、「金融業界」「医療機器業界」「不動産業界(売買)」の3つですね。

その理由は、利益率が高い業界であることと給与相場が高い職種であるからです。特にこの3つは、利益率が高く客単価も大きいため、給与も高くなる傾向が見られます。

転職で年収が上がるケース

両手を上げて嬉しそうにしている女性

転職で年収が上がるケースとして挙げられるのは「年齢が低い場合」です。

年齢が低い方は年収がもともと低いですよね。そのため、転職をすると年収が上がりやすいんです。

年収に対して企業が柔軟性を持ちやすいので、キャリアステップや正当な経験を積んでいれば年収を上げてもらいやすいです。

ただ、注意したいのは若いからという理由だけでは年収が上がらないという点ですね。

転職で年収が上がった実例

転職者
成功したケースを教えてください!
末永
■Aさん 24歳(2社経験あり)
■1社目:派遣営業
→2社目:ベンチャー企業

Aさんは年収アップが目的ではありませんでしたが、結果的に年収がアップしたのでご紹介させて頂きますね。

この方はデジタルマーケティングに興味を持ち、経験スキルを活かしてマーケティング責任者への転職を希望されていたんです。

当初の年収は350万円で若くして転職経験が2回あるため、書類選考もなかなか通らないのではないかという部分が懸念点でした。

いきなり希望する会社に転職することは厳しいので、自己分析をしっかりおこない、一度迂回をしてWebマーケティングの会社への転職をお勧めしました。

その4年後、再びAさんから転職支援をしてほしいとのご連絡をいただき、私がお勧めした企業で営業を経験し、スキルやノウハウを習得したとお聞きしました。

とても懸命に努力をされるのがAさんの1番の長所であり魅力でしたから、その企業でも多く活躍し実績も残していたとお聞きした時は、やっぱりちゃんと頑張れる方なんだなって思いましたね。

そこで、Aさんが希望されていたDeNAにご紹介し、見事にマーケティング責任者へ転職されました。

ちなみに、私に相談する間に他社から年収420〜500万円のオファーが来ていたそうですよ。やはりスキルや経験を素直に積むと、自然と年収も上がっていきますね。

年収アップさせるコツ

左の人差し指でPOINTを指差している

転職で年収をアップさせるコツがあるなら、やっぱり知っておきたいですよね。年収をアップさせるコツは、ズバリ「同業他社を複数受けること」です。

なぜ、同業他社を複数受けるのが良いのかについて、次で詳しくお話しますね。

同業他社を複数受ける

なぜ同業他社を複数受けるのが良いのか、その理由は他社状況を応募先企業に伝えることで年収の調整をしてもらえる可能性があるからです。

同業他社は3〜5社ほど受けるのが良いです。もし、いくつか内定がもらえた場合、他社状況を応募先企業へ伝えてみてください。柔軟な企業であれば「他社はそれくらい年収を出すのか、じゃあうちの会社は…」と考えてもらえる場合もあります。

ただ、有効ではないケースももちろんあります。

◆注意点について

注意したいのは同業他社に複数応募する際、一貫性を持たせるという点です。

金融業界や証券会社、IT系企業など応募先がバラバラだと「軸はないの?」と面接官がネガティブに捉えてしまいます。

同業界・同職種に複数応募することで「本当にこの業界で頑張りたいんだな」と企業側に思ってもらうことができ、面接でもアピール・説得ができます。

給与交渉の方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください!

転職時の給与交渉をプロが伝授!年収アップのポイントを解説します!

転職エージェントに依頼する

年収アップしたいから給与交渉を自分でするというのは、とても勇気がいることですし、気まずいですよね。

そんな時は転職エージェント経由で給与交渉するのが得策ですよ。エントリーの段階から企業側と希望年収を握れますし、相場観を把握しているキャリアアドバイザーが第三者として客観的に交渉した方が、うまくいくケースが多いです。

キャリアアドバイザーに希望年収を伝えるタイミングとしてベストなのは、最初の面談時です。最初の段階でしっかり伝えておくと、スムーズに話を進めてもらいやすくなりますよ。

さらに転職エージェントでは、無料でキャリアについての相談にのってもらえたり、適性や希望に合わせた求人の紹介、選考書類の添削や面接対策など、転職活動におけるあらゆる場面でサポートをしてくれます。

また会社選びに失敗してしまいそうで不安…という方はぜひ転職エージェントに一度相談していただきたいなと思います。

これまで10年以上、現役の転職エージェント・キャリアアドバイザーとして多くの転職者をサポートしてきた私が対象者別にオススメなエージェント」をまとめました。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。そういった方は、幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。ですので、既卒・フリーターの就職支援に強い『UZUZ(ウズウズ)』も登録しておくのがオススメです!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有