第二新卒でも転職は成功する!攻略法の全てをプロが解説

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

第二新卒で転職を検討されている方の多くは、新卒で最初に就職した会社とのミスマッチで、はじめての転職活動になる、という方が多いのではないでしょうか?

次の転職先でまたミスマッチが起こらないように、慎重に企業選びをしたいですよね!

そんな第二新卒の方に向けて、必要な転職ノウハウの全てをお伝えしていきます。

第二新卒でも十分に転職成功の可能性はある

結論、十分に可能性はあります。

新卒と異なり、即戦力の経験・スキルを持った競争相手とポジションを競い合う事にはなりますが、中途採用市場においても、20代・若手層を採用したいニーズは多いです。

ただ一方で、3年未満の短期で転職するという事実から、選考において会社に定着しない人材なのでは?と厳しい目線で見られるというリスクやデメリットもあります。

面接官のそういった疑念を払拭し、「ぜひ採用したい!」と思わせることができるかどうかが転職成功の大きなカギとなります。

第二新卒で転職成功する人・失敗する人の特徴

第二新卒で転職を成功させている、もしくは失敗している方には一定の共通点があると思っています。

私が、これまで多くの方の転職相談に乗っている中で感じる、転職成功する人・失敗する人の特徴を以下にあげてみました。

成功する人の特徴2つ

成功する人の特徴
  • 将来のビジョンが明確になっている
  • 仕事選びの条件が整理されている

転職活動を成功させている方の多くは、これからどうなっていきたいのか、どのようなキャリアを歩んでいきたいのかがはっきり定まっています。

そのため、現職を辞める理由と志望企業への転職理由に一貫性があり、面接官も納得した上で内定を出すケースが多いです。

仕事選びにおいて「仕事内容」「安定性」「年収」「スキルアップ」「ワークライフバランス」など考慮したい条件はたくさんあると思いますが、全部の条件を満たせる仕事というものは存在しません

仕事内容が合えば年収は多少下がっても大丈夫なのか、スキルアップできる環境があれば残業が少しは多めでも大丈夫なのかなど、自分にとって譲れる条件と譲れない条件をしっかり整理しておくことで、仕事選びの軸がブレにくく、どのような企業を選ぶべきかが自然と決まってきます。

第二新卒で転職に成功した方の体験談や成功しやすい人の特徴についてもっと知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

第二新卒で転職成功している人には2つの特徴があった!

2019.04.12

失敗する人の特徴2つ

失敗する人の特徴
  • 現職がとにかく嫌だ!という理由で転職している
  • 退職理由が他責である

一方で、「とにかく今の仕事を辞めたい!」という気持ちで転職を決意したものの、次の職場で何をしたいのかが明確に決まっていないという方も多く見受けられます。

結果、面接官に「別にうちの会社じゃなくてもいいのでは?」「うちでもすぐに嫌なことがあったら辞めてしまいそう」と思われてしまい、不採用が続いてしまうという悪循環に陥りがちです。

次に多いのが、会社を辞めたい理由を会社や職場環境、同僚など周囲のせいにしがちな方です。

何かしら不満がなければ、現職を辞めようとは思わないものです。

しかし、例えば自分が面接官で、面接で今の職場についての不満をダラダラと並べられたとしても「う〜ん……気持ちは分かるけど、一緒に働きたいとは思えないな……」と思ってしまいますよね。自分が同じような転職・退職理由を言えば、面接官は同じように思うということなのです。

転職する前に整理しておきたいポイント2つ

第二新卒で転職したいとお考えの方にはまず下記の2点を深堀りして、明確にして頂くことをオススメします。

  • なぜ今回転職したいのか、あるいは本当に転職した方が良いのか
  • 転職して、現状のどの様な不満や課題を解決したいのか、その後どの様になっていきたいのか

弊社に転職相談に来られる方の大半が、新卒の就職活動で入社した会社を選んだ際に、安易に選択・入社してしまい、早期の転職につながっています。

まずは真摯に、新卒時のご自身の意思決定を自責の念で振り返っていただく事で原因を明確にし、「なぜ今回転職することになってしまったのか?」という事実をトコトン深堀して頂きたいです。

また、第二新卒で転職して、現状のどの様な不満や課題を解決したいのかということも合わせて深堀りしてみましょう。

このポイントを深く考えずに、自分の興味がありそうな企業を手当たり次第にエントリーすると、面接官は反省がないとお見送りする可能性も高く、また、同じ失敗の繰り返しになってしまうのでご注意下さい。

また、第二新卒で転職後は安易に再度の早期転職をすることはできなくなります。
ご自身のキャリア形成の視点から見ても、安易な転職を繰り返す事は、かなり経歴にかなり傷がついてしまう事を忘れないでください。

次の転職先や仕事選び、どうやって考えればいいの?という方は以下の記事も参考にしてみてください!

転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由って?

2017.06.12

企業が第二新卒を採用する理由

企業が第二新卒を採用するのはなぜでしょうか?

背景を知っておくことで、選考時にどのような所をみられるのかという点についてもご理解いただけると思うので、解説していきたいと思います。

そもそも第二新卒とは?

結論、明確な定義はないのですが、一般的に大学を卒業後、一度正社員として就職をして3年前後の内に退職し、転職活動をする25歳前後の方を指します

注意しておきたいのは、転職市場においては、新卒ではなく、社会人経験を積んだ中途扱いとして、他の中途採用の転職者と一緒に限られた採用ポジションを争うことになる点です。

新卒採用時は多くの企業から説明会に呼ばれ、人事や採用担当者からチヤホヤされていたのに、卒業して転職扱いとなると急に厳しい目線で見られ、転職の難易度が上がるという状況があります。

企業が第二新卒を採用する理由

現在、転職市場の求人倍率がリーマンショック前の0.68倍と比べ、1.59倍という高い水準を記録し、売り手市場が続いています。

なかなか良い人材に巡り会えず、人手不足が解消しきれない企業も増えてきており、それにともなって、若手である第二新卒を積極的に採用している企業が増えてきています。

企業の採用背景としては、新卒を控えており、その補充であったり、組織バランス構成上の課題であったりします。そうした募集案件がオープンする際は、しっかりと情報をキャッチアップしておく事が重要です。

第二新卒から大手への転職チャンスもある

第二新卒の募集は、短期間で一気に数十名採用するケースが多いので、そのタイミングでチャレンジする事をオススメします。
特に新卒で入りたかった大手企業に第二新卒でリベンジしたい!という方もいますが、大手企業であっても第二新卒を多数採用するケースは多いです。

ここ最近で注目されていた第二新卒採用の大手企業としては、以下があります。短期間で一気に若手・第二新卒人材を採用されていましたね。

ワークスアプリケーションズ
アクセンチュア
博報堂
サイバーエージェント
リクルートグループ

第二新卒から大手企業への転職を成功させたいという方は、以下の記事も参考にしてみてください。

第二新卒でも大手に受かる?内定をもらえるコツをプロが解説!

2019.03.04

第二新卒にオススメの転職時期

では、実際に転職を考えた際に、第二新卒の転職において、一体いつ転職をするのが一番良いのでしょうか?

新卒入社1年目

正直入社1年目以内の転職はオススメしていません。

第二新卒とは言え、自分で決めた選択・会社を1年未満で退職するというのは、無責任ではないか、と思う採用面接官は多いです。

また、全くの新卒採用の学生と比較した際にあえて中途採用で採用するメリットがないと思われてしまう事も多いようです。

よほどの事がなければ基本的には1年間は自分の選択の責任を果たすため、と我慢しておいた方が良いかもしれません。

新卒入社2年目

入社2年目は、転職活動をしても、1年目程の風当たりではないかと思います。

ただし、まだ入社2年未満という意味で早期離職の烙印は押されてしまうので、面接官も面接で厳しく追及してくるでしょう。

それに対して納得感を感じてもらえるような事を言えないのであれば、難易度は高いと思います。

新卒入社3年目〜4年目

3年目と4年目はちょうど良いタイミングかもしれません。

採用側目線だけで見ると一番都合の良い年次です。

2年以上は勤続しており、短期離職という感覚ではなくなりますし、年齢は若く、一定社会人のベースの経験は積んでおり、是非採用していきたい年次といった感触になります。

新卒入社5年目以上

実は、5年目以上については、よほど専門性の高い経験・スキルや実績を積みあげていけるわけでなければ、3〜4年目の年次の方が若い分、評価・採用はされやすかったりします。

むしろ5年目、6年目と年次と年齢を重ねる程に、企業側から見ると採用しにくくなっていき、スキルや能力への期待値が上がってしまうので、損かもしれません。

面接でのポイント

スキルや経験よりもポテンシャルや伸びしろを見られる

 

社会人経験の浅い第二新卒者に対して、企業はそこまで専門的な知識や経験を求めてはいません。

即戦力というよりも育成前提で、自社で活躍してくれそうな人材かどうかのポテンシャルを見ています。

具体的に言うと、素直さや地頭のよさ、コミュニケーション力、自社や配属先のメンバーとの相性といったようなマインド面にフォーカスした項目が多いです。

同じ業界や職種での転職の場合

かなり大雑把な言い方をしてしまいますが、異業界・異職種等の転職と比較すると同業界・同職種での転職活動は、内定をもらいやすいです。

その理由は、もちろん現職・前職でも、ほぼ同じ事をしていたので、即戦力、スキル・実績等をアピールしやすいという事もあります。

しかし、皆さんが見落としがちですが、もう1つ大事なポイントがあります。

それは、その仕事の酸いも甘いもをよく理解した上で、その仕事をやりたいと言っているという事です。

単純なブランドイメージやミーハー心、人から進められたからなんとなくではなく、業界の人間として、その仕事の華やかな部分だけでなく、具体的な仕事の流れや、その仕事の泥臭さ、大変さをよく知った上で、それでもやりたい、という点です。

採用側としては、「入社後に、こんなはずじゃなかった、イメージと違った」と辞められてしまうリスクも少なく、定着してもらいやすいと想定できます。 これも、同業界・同職種で内定をもらいやすい理由の一つです。

異なる業界や職種への転職の場合

異業界・職種の転職を希望する方は、そういった業界経験者の競争相手と比較される事を前提とした時に、「なぜその仕事(業界・職種)、業務内容を経験したいと思っているのか?」を面接官に対して説得力を持ち証明する必要があります。

また、転職者の皆さんにとっても、内定をもらい入社する事は目的ではなく、入社後にその仕事にやりがいを感じ、成果を出せ、評価を得て昇格・昇給、継続・定着していける事が重要なはずです。

人生において非常に重要な選択なわけですから、異業界だしわからないよ!で思考停止するのではなく、具体的に調べ、なぜ自分がその仕事をしたいと思うのか、そこではどんな大変さやツラさ等のリスクやデメリットがあり得るのか、についてきちんと考えるべきでしょう。

第二新卒向けの面接突破ノウハウについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

第二新卒向け|転職面接で見られるポイントと対策法【回答例つき】

2019.04.10

第二新卒からの転職を成功させるなら転職エージェントを利用しよう

この記事を見ている多くの方は、新卒で入社した会社になんらかの不満や不安があり、転職を検討されているのではないでしょうか?

「転職する」という大きな意思決定をしたからには、次の会社は長く働くことができ、成果をあげられるような職場に転職したいですよね。

友人の紹介や、転職サイト経由でも転職をすること自体は可能ですが、「あなたの夢やしたいことが叶う会社なのか」「社風は合うのか」などを事前に目利きするのは難しく、またミスマッチで転職をしなくてはいけない・・・ということにもなりかねません。

転職エージェントでは、転職のプロであるキャリアアドバイザーがあなたの悩みや不安をヒヤリングした上で、マッチしそうな企業や業界を提案してくれます。

また転職エージェントでは、転職サイトなどで公募していない「非公開求人」と言われるような求人が集まっていたり、第二新卒を大量したいというニーズがある企業の求人情報を把握しています。

利用自体は無料ですし、まずは相談してみるだけでも、転職に必要な情報やキャリアの棚卸しが可能なので、初めての転職という方ほど、転職エージェントの利用をオススメします。

以下に、これまで10年以上転職エージェントとして活動している筆者がオススメする転職エージェントをご紹介します。
キャリアアドバイザーとの相性や得意な業界・職種が異なったりしますので、まずは2〜3つのエージェントに登録してみて、一番自分に合いそうなエージェントを比較検討していくのがオススメです。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。そういった方は、幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。ですので、既卒・フリーターの就職支援に強い『UZUZ(ウズウズ)』も登録しておくのがオススメです!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.04.11

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18