転職面接で到着するのは何分前?取り次ぎの方法や遅刻の対処法も紹介

The following two tabs change content below.

末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

初めての転職だと面接の何分前に建物の前に着いていれば良いのか、悩むものですよね。

ギリギリで着くよりかは早く着いたほうが良いとは思うけど、ぶっちゃけどれが理想的なのかよく分からない人も多いと思います。

今回はそんな人のために「面接の何分前に到着すれば良いのか」「遅れてしまう場合の対処法」などを徹底解説します。また、受付でどう取り次ぎをお願いすれば良いのか分からない人向けに、例文付きでマナーもご紹介します。

転職面接は10〜15分前に到着しておく

腕時計を身につけているスーツを着てる男性
転職面接では何分前に建物の前に到着しているのか悩みますが、ズバリ「10分〜15分前」には着いておくようにしましょう。

なぜ、こんなに余裕をもって到着しておく必要があるのか疑問に思う人も多いと思います。

基本的に面接へは公共交通機関を使って向かうことになりますよね。電車やバスの遅延は事前に予測することはできません。

昨日遅延していなかったからといって、今日も遅延しないとは言い切れませんよね。もし、遅延に巻き込まれたとしても、早めに家を出て入れば、遅刻せずに済む可能性が高いです。

また、オフィスが入っているビルを見つけられなかったり、道に迷ったとしても、早めに着いておけば探す余裕が生まれます。

他にも身だしなみの確認もできるので、建物の下には10分〜15分前に到着することを目安にすると良いでしょう。

面接会場の最寄りには30分前に着くべし

面接会場がある現地には、30分前には到着しておくことをおすすめします。

建物の前には行かなくても良いのですが、30分前に到着して周辺で時間を潰すようにしましょう。

ギリギリに面接会場に到着すると、心を落ち着かせる時間がなく、緊張のあまりグダグダに終わってしまった…ってケースがよくあります。

早く到着すれば、カフェなどで履歴書や職務経歴書の最終確認をすることができます。また、リラックスも兼ねて周辺を見て回ることも可能です。

実際に周辺を確認することで、その企業で働く自分の姿を想像できるのも良い点ですね。

受付は5分前が基本

ビルの受付にいる女性
早く着いてしまったからといって、そのまま受付に行ってはいけません。受付に行くのは、約束の時間の5分前が基本です。

面接官も他の業務を抱えており、直前まで予定が入っている可能性があります。そうなると、早すぎる訪問は迷惑になってしまい、逆にマナーがなっていないと判断されてしまいます。

遅刻しないように、せっかく早く到着したのに、そのように判断されては勿体無いですよね。そうならないためにも、受付は約束の時間の5分前を目安にするようにしましょう。

受付での取り次ぎマナー

内線電話
会社の規模によって、受付にスタッフがいる場合といない場合があります。いない場合は内線電話やインターホンで連絡を取る必要があります。

内線電話やインターホンがないときは、直接声をかけなければなりません。それぞれ言い方が少し違いますが、どのパターンでも使える言い方をご紹介しますね。

その前に、基本的に受付で何を伝えれば良いのか、それについて説明します。

伝えること

  • 面接で訪問したこと
  • 自分の氏名
  • 担当者名
  • 約束の時間

以上の4点は取り次ぎをお願いするときに、絶対に伝えなければならないことです。次で実際にどうやって取り次ぎをお願いしたら良いのか、例文でご紹介していきますね。

受付での伝え方
採用面接でお伺いしました○○と申します。

人事部の○○様と▲時からお約束です。お取り次ぎをお願いできますでしょうか。

このときに、もし早めに着いてしまったら「早めに着いてしまって恐縮ですが」と付け足すと、印象を悪くすることもないですね。

この後は会社の規模によって、控え室や待合スペースに通されることがありますが、気を抜かずに、礼儀正しく待つようにしましょう。控え室や待合スペースでの姿勢も、見られていると思って過ごすようにすると良いです。

遅れてしまう場合の対処法

電車の写真
電車の遅延など、不測の事態で面接に遅れてしまう場合があります。そういうときは、遅れるかもしれない、遅れることが分かった時点ですぐに連絡するようにしましょう。

連絡をしないで遅刻すれば評価はマイナスになります。遅れなくてもギリギリであれば、面接官の心証は悪くなってしまう可能性が高いです。

連絡するときは「遅れる理由」と「到着予定時刻」をしっかり伝えるようにしてください。

電話での伝え方
お世話になっております。本日の18時に面接のお約束をしております○○と申します。

大変申し訳ございません。▲▲線が人身事故で遅延していまして、お約束の18時に遅れてしまいます。運転は30分前に再開していますが、徐行運転になっており、到着が18時30分頃になります。

貴重なお時間をいただきながら、お待たせして申し訳ございません。

面接官は業務にあたる時間を割いて、面接をおこなってくれます。遅れる理由がなんであれ、しっかりとお詫びをしてから、用件を伝えるようにしましょう。

そして面接が始まったら、まずは遅れたことについて改めて謝罪するようにしてください。

面接を控えた転職者の皆様へ

面接にしっかり間に合ったとしても、面接で話す内容や、話し方に不安の残る方は多いのではないでしょうか?

せっかく志望企業に見合った経験やスキル・マインドを持っているのに、面接で自分をうまくアピールできない…。
その結果、内定を得られないというのは、非常にもったいないことです。

転職エージェントを活用すれば、事前に、面接官・採用側の目線で、面接でマイナスポイントになりそうなところを指摘してくれます。ですから、面接に自信があるないにかかわらず、活用して損になる事はないと思います。

とはいえ、キャリアコンサルタントと相性が合わなかったり、満足のいくサポートを受けられない可能性もあります。
まずは自分に合いそうな転職エージェントに2~3社登録してみて、実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートしてもらうエージェントを検討してみましょう!

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の転職者は必ず登録すべき!大手エージェント


幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

2019.02.13

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.04.11

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

転職面接に役立つおすすめの関連記事

転職面接に失敗しないために役立つおすすめの関連記事を集めてみました。

基本的なマナーや印象が良くなる服装、忘れてはいけない持ち物などがあるので、転職面接で不安な人はぜひ読んでみてくださいね!