フリーランスのエンジニアになるには?必要なスキル・経験について解説!

男性 スーツ PC

フリーランスのエンジニアにはどうしたらなれるのか、必要なスキルや経験について解説します!

また、働き方の形、メリットとデメリット、年収、覚悟しておくべきリスクについても紹介します!

フリーランスエンジニアを目指すならスキルを身につけよう

まず前提として、IT業界でフリーランスエンジニアになるには、一定のスキルと経験が絶対に必要です。業界の特徴として、フリーランスに限らず転職市場においても、1番にスキルと経験が求められるためです。

仮にエンジニア経験者だとしても、スキルレベルが低ければ案件は取れないなど、かなり厳しい業界です。フリーランスエンジニアを目指すなら、一定のスキルと経験は必ず身につけておくべきです。

一応、未経験向けの案件など、難易度の低いものもありますが、報酬額がかなり少なかったりと、条件の悪い案件が多いです。正直、エンジニア未経験者がフリーランスとして仕事をしていくのはかなり難しく、ほぼ不可能と思ったほうが良いです。

フリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアになるためには、以下のスキルは必ず身につけておく必要があります。

  • システム系・汎用性の高いプログラミングスキル
  • コーディングスキル

上記のスキルは必須で、むしろ身につけていないと獲得できる案件がありません。

案件の単価だけでいうと「Swift」など、扱える人が少ない言語の単価は高い傾向にあります。ただ「PHP」や「Java」などは、扱っている企業が多く、案件も出回りやすいので、身につけておくと常に案件を入れておきやすくなります。

フリーランスエンジニアに必要なスキルについて、もっと詳しく知りたい人は以下の記事をご確認ください。

関連記事フリーランスエンジニアに必要なスキルは?未経験でもなれるのか徹底解説

フリーランスエンジニアは「常駐型」と「受託型」がある

フリーランスエンジニアといっても「常駐型」と「受託型」で働き方が違います。

具体的にどう違ってくるのか、以下から解説していきます。

常駐型のフリーランス

常駐型のフリーランスとは、クライアント先に常駐して業務をおこなうので、出社義務があります。基本的に、勤務時間は社員と同じなことが多いので、正直、働き方としては正社員と変わりません。

案件を受けているクライアントで職場は変わるので、派遣社員に近い働き方になると考えれば分かりやすいかと思います。

レバテックフリーランスやSESなど、フリーランス向けのエージェントは常駐型の案件が多いです。企業側からしたら、作業するエンジニアを常に目の届く範囲で管理していたいという考えがあるため、基本的に常駐型の案件を出している企業がほとんどです。

受託型のフリーランス

受託型のフリーランスは、働く場所に囚われず、一見自由に見える働き方です。フリーランスと言えば、この受託型に憧れている人が多いですが、実際は思ったほどの自由はありません。

受託型のフリーランスは、確かに基本的には働く場所は自由なことが多いですが、土日に打ち合わせがあればクライアント先に出向くこともあったりと、クライアントの要望次第では、思ったような自由な働き方はできません。

また、受託型のフリーランスは出社義務がない代わりに、業務はすべて自分が持っているスキルでおこなわなくてはいけません。企業から提示された予算や要望にきちんと応えるのが前提な働き方なので、それに答えられるかどうかは自己責任になります。

フリーランスエンジニアになるメリット・デメリット

フリーランスエンジニアになるメリットとデメリットについて、以下から詳しく解説していきます。

メリット

まず、フリーランスエンジニアになるメリットから解説します。以下の一覧をご確認ください。

詳しく解説していきます。

1.報酬が上がる

フリーランスは、個人事業主という形式になるので、クライアントからの報酬はすべて自分のものになります。会社員時代に月収35〜40万円だった人の場合、フリーランスになったことで月収60万円くらいになることもあります。スキルがある人なら、月収80万円ほど稼いでる人もいます。

年収にすると700万円〜1000万円ぐらいになりますね。

案件単価が高額になる理由として、リスクとリターンが関係しています。フリーランスは、雇用契約ではなく業務委託契約になるので、クライアントの都合で契約を解除できるといったリスクがあります。その分、報酬が高単価になるなどのリターンが大きくなっています。

2.経費を自由に使える

フリーランスは、会社員と違い納税や確定申告は自分でおこなう必要があります。逆にいうと、すべてコントロールできるということです。

例えば、仕事では使わないスーツを購入するときに、経費として申請できるので、極端に言うと所得税をほぼ0にすることも可能です。

デメリット

次に、フリーランスエンジニアになるデメリットについて、以下から解説していきます。

詳しく解説していきます。

1.雇用契約が守られていない

フリーランスは、会社員と違い雇用で守られていません。仕事も自分で受注しないといけないので、常に案件を獲得し続けなければいけません。

また、フリーランスは良くも悪くも成果報酬ですが、1人で業務をおこなわなければいけないので、誰も助けてはくれません。すべて自己責任なので、報酬も自分のスキル感に左右されます。

2.すべて自分で管理しないといけない

フリーランスは、納税や確定申告をすべて自分でおこないます。会社員時代は、会社の事務担当がおこなっていたので、忘れてしまう人が多い傾向にあります。

また、業務の管理も自分でおこなう必要があり、どの案件の業務をどこまで進めたかなど、すべて自分で細かく進捗を管理する必要があります。

3.スキルアップできない

フリーランスのエンジニアは、基本的に自分ができる範囲のスキルで業務をおこないます。企業側からしても、経験したことのない業務を任せることはほとんどありません。

新しいスキルを業務中には学べないため、成長環境がありません。すでに持っているスキルでしか勝負していけないので、スキルアップは望めません。

スキルアップをしたいのであれば、別に時間を取って独学で身につけるしかありません。

4.孤独を感じやすい

フリーランスのエンジニアは、基本的に1人で業務をおこないます。1日誰とも話さないこともあるので、孤独を感じやすい人が多いです。

孤独を感じるフリーランスのエンジニアは、ほとんどが受託型の自宅などで業務をしている人です。常駐型なら、出社義務があるので、人と関わることが多く、孤独は感じにくいです。

5.老害化しやすい

先ほど説明した、フリーランスはスキルアップができないという内容に繋がりますが、スキル感としては特別高いわけでもないのに、所得だけが高くなり、わがままになってしまう人が多いです。

その結果、フリーランスのエンジニアとして案件を回してもらえなくなってしまうこともあります。正社員に戻ろうとする人も多いですが、だいたいの場合が手遅れです。

フリーランスのエンジニアになると、正社員時代よりも月収が上がるので、自分の価値も上がったと勘違いする人がかなり多いですが、実際は正社員になればそれなりの給料しか貰えません。

フリーランスのエンジニアからまた正社員に戻ろうとする人の多くは「給料は下げたくない!」と思い、転職先を探してしまう人が多いため、企業側が提示する給料と自分が求めている給料にかなり差があり、結局転職失敗してしまうことがほとんどです。

フリーランスエンジニアになるなら覚悟しておくべきリスク

フリーランスのエンジニアになるときに、覚悟しておくべきリスクは以下の2つです。

それぞれについて詳細をお伝えしていきますね。

労災・事故などで働けなくなった場合、収入が不安定になること

これはフリーランスに限った話ではないですが、会社勤めとは異なり、自分が働けなくなった場合、その仕事を代わりにおこなってくれる人がいません。

そのため、収入が不安定になってしまう可能性が大いにあります。

自己管理をきちんとすること

これは、体調管理だけではなくて、自らを律することやスケジュール管理をすることも含まれます。

うまく仕事をこなしていくためには常に良い状態であることが必須ですし、自由だからこそ甘さを生み出してしまうこともありますよね。その甘さは収入減少やクライアントの信用低下へと繋がる場合も考えられます。

そして、案件の優先順位や内容を的確に把握する能力も求められます。どれくらいのペースで仕事を進め、どのくらい時間を要するのかなど、管理を徹底する必要があります。

フリーランスエンジニアが難しいと感じたら正社員としての転職もあり

フリーランスエンジニアになるのが難しいと感じたら、スキルや経験を積む意味でも正社員として転職するのも1つの方法です。

とくにレバテックキャリアは、エンジニアの転職に特化した転職エージェントです。

元エンジニアのキャリアアドバイザーが転職のサポートをしてくれます。希望にあった求人の提案はもちろんのこと、IT業界の最新情報や応募書類の添削、面接対策など、転職に関わるあらゆることをサポートしてもらえます。

しかもレバテックは「レバテックフリーランス」というフリーランス向けのサービスも展開しており、正社員とフリーランスの両方を検討したい人にもおすすめです。

ただ、担当になるキャリアアドバイザーはスキルや経験によってサポートの質が異なるので、レバテックキャリアのような特化型転職エージェントの中から1社、大手転職エージェントの中から2〜3社程度複数登録したほうが希望を叶えやすいです。

エンジニアの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する


転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事転職エージェントに使われるな!成功のための3つのテクニック
関連記事IT業界に強いおすすめの転職エージェント7選【職種・分野別】厳選!

フリーランスにおすすめの関連記事

フリーランスにおすすめの関連記事をいくつか集めてみました。

気になるものがあれば、ぜひ読んでみてください。

関連記事【2020年決定版】フリーランスから正社員に転職・再就職する方法
関連記事在宅のフリーランスエンジニアになるには?稼げる方法も紹介します!
関連記事フリーランスエンジニアの案件って何がある?受注の方法も解説!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント