第二新卒で転職に失敗したくない人必見!見られるポイントを大公開!【体験談あり】

  • !

第二新卒で転職に失敗したくない人必見!見られるポイントを大公開!【体験談あり】

    第二新卒が転職をする際に失敗しないよう、面接で見られるポイントや内定がもらえる人の特徴について解説します。また第二新卒が転職で失敗してしまった例や対処法も合わせてご紹介します!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

第二新卒で転職に失敗する理由と失敗例

第二新卒で転職に失敗してしまう理由や失敗例があるなら、事前に知っておきたいところですよね。

実際に第二新卒で転職に失敗してしまった人の体験談も合わせて、転職できる可能性をアップさせるために参考にしてみてください。

上記5つについて、それぞれ次で詳しくお伝えしていきたいと思います。

企業選びの軸が新卒のときと変わっていない

企業選びの軸を新卒入社するときの気持ちのままで選択していると、改善ができない人だと思われてしまい、お見送りになるケースが多いです。

例えば、周囲からの反応を気にして大手企業などハードルの高い企業ばかりに応募をしてしまっている、というものが挙げられますね。

新卒のときと同じ感覚で反省や改善ができていないまま転職活動してしまうと、また同じミスマッチを繰り返してしまいます。

社会人としてのマインドやスタンスの甘さが原因になってしまってるケースもあるので、自分自身を客観的に見て妥当な感覚かどうかを判断するようにしましょう。

転職者・女性

新卒で決めた会社にやりがいを感じられず、退職を考えて転職活動を始めたのに、また新卒のときと同じような考え方で転職活動をしていました。

新しく入社した企業でも、自分のやりたいことと違うなぁ…とやりがいを感じられないまま働いてしまっています。

なぜ今の会社が合わないと思ったのか、転職先ではどうなりたいのかという点を明確にしてから、しっかりと考えに軸を持って転職活動をしたほうが良いですね。

以下の記事では、企業選びをする際に大事な転職軸について解説しています。こちらも合わせてご覧になってみてください。

勤続年数が1年未満

前職での勤続年数が1年未満だと「また辞めてしまうのではないか?」「根気がない人物なのではないか?」と思われ、厳しい目で見られてしまいます。

採用担当者が最初に確認するのは「前職の在籍期間」です。

だいたいの目安にはなりますが、前職を半年〜1年以内の短期間で退職している場合は再就職が厳しくなるケースは多いですね。

履歴書に書く内容になるので、書類選考の段階でこの項目を見られて落とされてしまうこともあります。

転職者・男性

前職を1年で退職してしまったので、履歴書と職務経歴書の書類選考で落とされてしまいます。1年で辞めてしまうと、やっぱり企業への印象はあまり良くないみたいです…。

1年以内で転職を考えているという人は、頑張って続けたほうが良いと思いますよ。

どうしても退職したいという場合は、面接官を納得させられる理由を話せるようにしておいたほうが良いです。

以下の記事では、既卒での就職活動についてまとめてありますので、勤続年数1年未満の人は読んでみてください。

退職理由を環境や他人のせいにしている

退職理由を環境や他人のせいにしてしまうと、面接官から「うちの会社でも同じ理由で辞めるのではないか」と思われてしまい、お見送りされてしまうケースがあります。

退職理由を考えるときは自責ベースで考えることがポイントです。例えば、入社前に聞いていた内容とは違っていたのであれば、事前に調べておかなかった自分のリサーチ不足ということになります。

だからこそ「なぜ退職したのか」という理由や原因を自分の課題として捉えて、しっかりと反省することが大事なんです。

転職者・女性

私が配属されていた部署は配属された当初から、業務に関係ない会話が多いところで、仕事に支障が出てしまうほど人間関係がギクシャクしていました。

そのため部署異動を人事に希望したものの取り合ってもらえず退職に至ったのですが、伝え方が良くなかったのかお見送りされてしまって…。

今思えば「もっと周囲と協力して仕事をしたかった」とプラスに働くような伝え方をすれば良かったなと後悔しています。

目の前の嫌なことから逃げるために転職をする

目の前の嫌なことから逃げるために転職をする人は、今と真逆の環境を選びがちな傾向が見られます。

例えば、年収が低いからとにかく年収の高い仕事に就きたい、休日出勤が多いから土日休みの企業に行きたいというものが挙げられますね。

どうして転職したいのかだけでなく、どんな仕事ならやりがいを感じて続けられるのかを考えた上で、前職の不満を解消しつつ長く働いていける企業を選びましょう。

不満の裏返しだけで、その企業で何がしたいのか、なぜその企業なのかを面接でうまく伝えられず「うちじゃなくてもいいんじゃない?」とお見送りになってしまうケースも多いです。

転職者・男性

前職を退職した理由がただしんどかったからというものだったので、誤魔化して面接を受けていました。

しかし、その転職理由をうまく言語化できず、何人もの転職者と面接をしている面接官には、やはり見抜かれてしまいますね。

なぜしんどいと感じたのか、また転職先ではどうしたいのかという深掘りがしっかりできていなかったなと反省をしました。

スキルや経験ばかり気にしている

第二新卒はスキルや経験よりもポテンシャルが重視されますが、そこに気づかずにスキルや経験ばかりをアピールしようとしてしまい、失敗してしまうケースがあります。

企業側は第二新卒を育成することを前提で採用しているので「素直さ」「地頭のよさ」「コミュニケーション力」「配属先のメンバーとの相性」といった、マインド面や人柄を重視します。

スキルや経験も大事ですが、企業とマッチしている人間性かどうかも見られていますね。

転職者・男性

前職ではそれなりに成果を出していたので、面接では成果だけを必死にアピールしていました。しかし、結果はお見送り…。

自分なりにどうして失敗したのかを考えてみましたが、スキルや経験だけをアピールして、「企業側が一緒に働きたいと思える人物か」という側面をあまり意識できていなかったのかもしれません。

企業選びや選考対策に不安がある人は、転職エージェントを利用して転職活動を進めるといいでしょう。専任のキャリアアドバイザーが転職アドバイスのほか面接対策などを無料でサポートしてくれます。

第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒におすすめの転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。

第二新卒で転職して内定がもらえる人の特徴

第二新卒で転職して内定がもらえる人の特徴があれば、知っておきたいですよね。その大事なポイントを以下に3つ挙げてみました。

上記3つについて、次で詳しくお伝えしていきますね。

転職後のビジョンをしっかり持っている

1つ目のポイントは転職後のビジョンをしっかり持っていることです。

なぜなら、しっかりとしたビジョンを持っていれば転職の軸がはっきりしやすく、加えて企業に定着・活躍をアピールすることができるからです。

だからこそ「自分がどんな人間になりたいのか」「この先にどんなことをしていたいのか」この2つをきちんと考えながら言語化することが大事だと言えますね。

以下は営業職の場合ですが、キャリアビジョンの立て方について解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

仕事選びの条件が整理されている

2つ目のポイントは仕事選びの条件が整理されていることです。

例えば「やりがいがあって年収も高くて、残業・休日出勤がない仕事がいい」といった仕事選びをすると、なかなか転職先が見つけられませんよね。

だからこそ、転職する際にあらかじめ仕事選びの条件を整理しておくことで、転職先候補を絞りやすくすることができます。「働き方の軸」「待遇の軸」「環境の軸」に加えて、自分が大切にしたい軸もきちんと整理しておきましょう。

全てをしっかりと整理することができたら、今度はその軸の中でどの軸を最優先にするのかを決め、転職先企業の候補を探していくのが良いですね。

転職理由が明確になっている

3つ目のポイントは転職理由が明確になっていることです。

転職理由が明確になっていないと「なぜうちに転職したいのか」という部分が採用担当者に伝わらないため、失敗してしまう原因になってしまいます。

そうならないためにも「なぜ前職を辞めたのか」「なぜこの会社に入社したいのか」という2つの理由をしっかりと伝える必要があります。

例えば、前職の会社で抱えた課題ややり遂げたいことを明確にした上で「志望企業だからこそ自分のやりたいことを実現できる」と伝えられるのがベストです。また合わせて「なぜ競合他社ではなく、この会社を志望したのか」という点も伝えられるようにしておきましょう。

その際には、イメージだけで企業選定してミスマッチを起こさないように、整理した仕事選びの条件の中から最優先にしたいことの情報を中心に収集すると良いですよ。

転職理由をうまく伝える方法などについて、以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもぜひご覧になってみてください。

第二新卒が面接で見られるポイント

第二新卒が面接を受ける際にどのような部分を見られているのか、ポイントがあればぜひとも押さえておきたいですよね。

そこで見られている2つのポイントを以下に挙げてみました。

上記2つのポイントについて、次で詳しくお話していきたいと思います。

反省・改善ができているかどうか

見られている1つ目のポイントは、反省・改善ができているかどうかです。なぜなら、反省や振り返りができていないと「またすぐに転職してしまうのでは?」と企業側が不安に感じるからです。

そのため、新卒で入社するときの企業選定の軸と変わらず反省できていなかったり、PDCAを回せていなかったりすると、面接でお見送りされてしまう可能性が高いですね。

例えば、安定を求めて銀行へ入行したけれど上が詰まっていて昇進や成長ができないから辞めたという場合は「会社規模よりも成長が重要だと考えて御社を志望した」と伝えるのがベストですね。

きちんと反省をして改善がされているか、また矛盾点がないか重視されるからこそ「本当に何をするべきなのか」「何をしたいのか」この2つを言語化することが大きなポイントですね。

まずは、現職で抱えている不満について、なぜ不満に思っているのか、より深掘りしていき自己分析してみましょう。

自己分析のやり方や活かすコツなどについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

転職後どうなっていきたいのか

見られている2つ目のポイントは、転職後どうなっていきたいのかという点です。キャリアビジョンとも重なりますが、これは企業側が長期的に会社に勤めて活躍してほしいと考えているからなんです。

そのため、目標の設定能力や自主性の有無、前向きさなどがチェックされます。中長期的に会社でやり遂げたい目標などを明確に持っていれば、会社に定着してもらえそうだと判断してもらえます。

また、今後において中長期的にどうなっていきたいのか、という部分は原体験に紐づけて語れるようにしておくとベストですね。

目標設定がうまくできない人や将来のビジョンが思い浮かばないという人は、リクルートエージェントマイナビエージェントをはじめとした転職エージェントに相談をしてみるのも1つの手ですよ。

第二新卒が転職で失敗した場合の対処法

第二新卒が転職する際に「社風が合わないな…」と感じたりして失敗してしまったという人が一定数います。そんなとき、どのように対処するのが良いのか、事前に知っておきたいですよね。

そこで、失敗してしまったときの対処法を以下にまとめてみました。

次でそれぞれ詳しく解説していきますね。

3年は我慢して続ける

第二新卒の転職で失敗してしまったと感じていても、3年は我慢して続けることをおすすめします。

なぜなら、キャリアにおいて3年はその職に対してある程度習熟し、成果を出せるだろうという判断基準になるケースが多いからです。だからこそ、まずは3年間は働き続けたほうが無難だと言えます。

また、短期間での転職回数が増えれば増えるほど転職難易度が高くなってしまうため、3年は我慢して続けるのが良いかと思います。

ただし、やりたいことがしっかりと明確な人やハラスメントを受けている人は、3年我慢せずに転職してしまってもOKです。

新しいことにチャレンジできるのは若いほうが有利ですし、ハラスメントを受けている場合はあなた自身の身を守ることのほうが大事なので、早めに検討しましょう。

転職エージェントに相談する

今の会社が自分と合っていないという悩みや、転職を検討しているけれど迷っているという場合は、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職後にミスマッチを感じた場合、「どうして会社選びに失敗したのか」という理由を明確にしないまま再び転職活動をしてしまうと、同じことを繰り返してしまう可能性があるからです。

その点、転職エージェントは目利きのプロであるアドバイザーが客観的な視点で、あなたの志向性に合った企業を紹介してくれます。その結果、ミスマッチの可能性を防ぐことができるというわけです。

さらに履歴書の作成や面接対策など、内定獲得まで一気通貫でサポートしてくれるので、アドバイザーと二人三脚で進めていくのが効率的ですよ。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

第二新卒の人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

業界最大手!ITエンジニアの転職に特化した国内最大級の転職エージェント

ポイント

  1. ITエンジニアの求人数が業界No.1!
  2. 実務未経験からでも挑戦できる求人を多数保有
  3. プログラマー・Webエンジニア、社内SEなど人気の職種を網羅

リクルートITエージェント
に相談する

第二新卒の転職に役立つ関連記事

第二新卒におすすめの関連記事をいくつか集めてみました。

気になるものがあれば、ぜひ読んでみてください。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント