リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は、私の古巣でもあり、今は同業他社でもある転職エージェント・人材紹介会社、企業最大手のリクルートエージェント(運営会社はリクルートキャリア)の評判についてまとめてみました。

私は、2011年に転職エージェントとして独立して以来、このサイトを通しての転職相談や知人からの紹介なども含めて、年間約500人程度、累計5年ほどで2500人程度の転職者の方々と直接またはお電話にて面談して、転職サポートやアドバイス、求人の紹介を行ってきました。

その中で、転職者からリクルートエージェントへの感想や評判などの口コミを直接何度も聞いてましたので、より実態に沿ったお話しができるのではと思い、筆をとった次第です。

実際に利用した転職者の評判だけでなく、リクルートエージェントを使うメリット・デメリットなどについてもご紹介していきます。

リクルートエージェントの総評

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
オススメ度

末永

上記の表は、リクルートエージェントの求人・アドバイザーについて実際に利用した方からの評価になります。

リクルートエージェントは、業界NO.1の転職エージェントです。
求人の質・数・アドバイザーのサポートも安定的な印象ですね!

実際に、リクルートエージェントがどういう転職エージェントなのか、過去に働いていた私の評価と利用したことがある方の評判・口コミと共に詳しく見ていきましょう!

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

リクルートエージェントで働いた著者の評価

まず、最初にお話ししておくと、私は20084月に、新卒でリクルートエージェントに入社して、東京と京都で人材紹介事業の法人営業(リクルーティングアドバイザー)をやっていたのですが、非常に多くを学ばせていただきましたし、とても感謝している会社です。

社員は皆さん非常に優秀で良い人が多く、会社員として在籍中は、一度も不満を感じたことはなく、やりがいと成長をたくさん提供してもらった会社で、今も大好きな会社です。

ですので、検索エンジン上で見かける広告収入を目的としたアフィリエイトサイトのように、偏った意見で、単純に悪口的な口コミを掲載したり、言うつもりは一切ありません。

一方で、ひいき目に見て、良い事ばかり言うのも違うと思っています。

転職を成功させたい人のために、正しい情報を正しくお伝えし、また業界最大手であるリクルートエージェントのサービスレベルが良くなってほしいと常々思っています。

転職エージェント業界自体がより良く発展していってほしいと願っているので、あくまでフラットなスタンスで書いてみたいと思います。

リクルートエージェントのデメリット

上記でもお話ししたように、メリットばかり言っても本当のことを伝えられないので、まずはデメリットの解説をしていきます。

きちんとデメリットを理解した上で、今この記事を読んでいる転職者の皆さんに、リクルートエージェントを利用するかどうかの判断をしていただきたいと思っています。

私が実際に多くの転職者からヒアリングをしてわかった3点のデメリットと、転職者の声をまとめてみました。

  • 求人のマッチング精度を期待するとあまり良くないかも
  • キャリアアドバイザーの当たり外れがあるのは覚悟しておくべき
  • 紹介を断られることがある

求人のマッチング精度を期待するとあまり良くないかも

リクルートエージェントはキャリアアドバイザーの在籍数が多く、しっかりとしたマッチングをしてくれる担当者もいるにはいますが、そうしたキャリアアドバイザーと巡り会えるかは保証されていません。

リクルートエージェントは扱っている求人が膨大なのもあって、転職者と面談をする担当と求人を集める担当が違います。そのため、キャリアアドバイザーは基本的に求人企業と直接の接点はなく、内情に関する深い情報まで把握できないことが多いです。

さらに膨大な求人を扱っているがゆえに、すべての企業の深い情報を把握するのには限界があります。

そのようなこともあって、どうしても求人の紹介については、マッチングの質や精度よりも、数で提案をしてくるケースが多いようです。

20代・女性
紹介された求人は、あんまり自分のやりたいことと合っていなかったように感じました。

たくさん紹介されたのは良かったのですが、今度はその中から自分に合った求人を探すのが大変でしたね…。

30代・男性
求人の紹介件数がとても多いのでワクワクしていましたが、ほとんど自分とは合わない職種でした。

あまり精査せずに、ただ闇雲に紹介されているように感じてしまいました。

キャリアアドバイザーの当たり外れがあるのは覚悟しておくべき

リクルートエージェント内に親しい友人がいた場合、直接優秀なキャリアアドバイザーを紹介してもらって担当してもらえるケースもあります。

そうでない場合、当たり外れがあることを覚悟し、割り切っておく必要がありますね。

ちなみにリクルートエージェントのキャリアアドバイザーの数は、推定ですが、500〜1000人ほどの規模と思われます。

各業界や職種などで、部署やチームが分けられていますが、どのキャリアアドバイザーが担当になるかは事前にコントロールできません

20代・女性
担当していただいたキャリアアドバイザーの方は、電話が繋がらなかったりメールの返信が遅かったりして、なかなか話が前に進まずに大変でした。

結局担当のキャリアアドバイザーを変更してもらってからは、転職活動がスムーズに進んだので良かったです。

30代・男性
自分の条件に合った転職先が見つかりましたが、面接が決まった途端あまりバックアップをしてくれなくなりました。

最終的に、企業側とエージェントでの手違いがあり、転職には至りませんでした。

担当者の相性って本当に大切だと思うので、今後利用する人は担当者が少しでも合わなかったり、疑問を抱いたりしたら変更することをオススメします。

紹介を断られることがある

勇気を出して転職エージェントに頼っても、以下の条件に当てはまった場合、残念ではありますが、サポートを断られることがあります。

  • 年齢が高い
  • 地方だと求人が少ないので紹介してもらえない場合がある
  • 市場価値が低い

・年齢が高い

40代以上はマネジメント経験や高い専門的なスキルを要求されるため、これらの経験がない人はサポートを断られることがあります。

求人企業からの需要が高いのはポテンシャルが期待できる20代〜30代の若い世代です。

40代になると企業も中間管理職として活躍できる人を求めているため、マネジメント経験がないとリクルートエージェントを使っての転職は厳しいと思ったほうが良いでしょう。

リクルートエージェントを使っての転職が厳しい場合は、残念ですがハローワークを利用するか、知人の紹介で転職する方法しかありません。

40代・女性
求人数の多いリクルートエージェントだからと期待していたのですが「年齢の問題で、希望ではない営業職しか仕事が紹介できない」と言われてしまいました。

ある程度年齢がいっていると、転職が難しいのは覚悟していたんですがね…。

・地方だと求人が少ないので紹介してもらえない場合がある

地方は首都圏などと比べると、どうしても求人数が少なくなってしまうので紹介できる案件がなく、まれにサポートをしてもらえない場合があります。

とはいえ、地方に住んでいる方はリクルートエージェントを全く利用できないというわけではありません

リクルートエージェントは、地方にも支社を構えているので、遠方に住んでいても電話やメールでの面談が可能です。

20代・男性
地方に住んでおり、そのまま地元で転職を考えていたのですが、田舎なので求人がなく、仕事が紹介できないという結果になりました。

求人数の多いと言われているリクルートエージェントですら、地方だと求人を紹介できないくらいの田舎なので、きっと他の転職エージェントでも同じ結果になっていたと思います。

・市場価値が低い

アルバイトも含めた就業経験がない人や無職の期間が長い人、面談の結果著しくコミュニケーションスキルが低いと判断された人の場合、サポートを断られるケースがあります。

サポートをしてもらえたからといって転職や就職が約束された訳ではなく、より高い成功報酬につながる人材や転職可能性の高い人をキャリアアドバイザーは優先します。

リクルートエージェントへ登録する前に、自分のスキルや経歴を客観的に評価しておくのも、事前準備としては必要です。

末永

正直既卒や短期離職者、フリーターは転職市場ではものすごく不遇な対応をされる事も多いです。

大手転職エージェントに登録しても、実質登録受付してもらえなかったり、面談に行っても優先順位が低く、しっかりとサポートしてもらえないケースが多いのです。

「実際に対応が微妙だと感じた」「そういった評価をされそうで不安・・・」という方は、ジェイックUZUZへも同時に相談しておくことをオススメします。

ジェイックUZUZでは、既卒や短期離職者、フリーターの方の転職支援に特化したサービスを展開しています。

丁寧なヒヤリングや寄り添ったサポート、無料の就職講座など充実したサポートを受けることができるので、自力で転職活動をしたり、大手エージェントを利用するよりも転職成功率を高められる可能性が高まります。

リクルートエージェントのメリット

デメリットが分かったところで、次は私が実際に多くの転職者からヒアリングをしてわかった3点のメリットと、転職者の声をまとめてみました。

悪いところだけでなく、もちろん良いところもあります。

  • 昔ながらの製造メーカー・金融業界の大手企業に強い
  • 求人をたくさん見れる
  • 成功実績が蓄積されたサポート

昔ながらの製造メーカー・金融業界の大手企業に強い

製造メーカーや金融業界でも最大手規模の会社は、リクルートエージェントのような大手だけに求人依頼をしているケースも多いです。

昔からある日本産業の大手企業は、大手企業同士でしか取引口座を開かない業界・会社もいまだにあります。

特に製造メーカー・金融業界の大手企業へ志望する方にとっては、リクルートエージェントを経由して、求人を閲覧、エントリーしたほうが転職を成功させやすいです。

20代・女性
金融業界の転職を希望していましたが、名前を聞いたことのある会社の紹介がとても多かったです。

転職への意欲が湧きました。

20代・男性
大手の転職エージェントは、製造メーカーに強いという情報は友人から聞いていました。

利用してみたら、自分では調べられないような求人が多かったので利用して良かったです。

求人をたくさん見れる

リクルートエージェントには大量の求人があるので、とにかくたくさん求人を見てみたい方にとっては有効なサービスだと言えます。

求人広告媒体・ハローワーク・企業HPの採用ページにも掲載されていない非公開求人も含めて、リクルートエージェントの求人情報はかなり求人数を持っています。

リクルートエージェントでは、求人数を条件に合うものだけしぼって紹介するのではなく、転職者の可能性を広げるために条件にあまり合わない求人も紹介することがあります。

デメリットでも解説しましたが、条件に合った求人だけを見たいという転職者にはあまりメリットがないので、そういう人は希望に合わせてある程度求人を選んでくれるdodaがおすすめですね。

30代・女性
求人数は、他のエージェントと比べるとリクルートエージェントは圧倒的に多かったです。

自分に合わない仕事の紹介が多いという声もよく聞きますが、とにかくたくさんの求人を見てみたかったので、私的には良かったです。

20代・男性
どのエージェントに登録しようか悩んでいましたが、非公開求人を含めた求人数の多さは1番なので、リクルートエージェントはとりあえず登録しておいて損はないエージェント会社のひとつだと感じました。

実際に、リクルートエージェントのサポートで転職先を決めることができました!

成功実績が蓄積されたサポート

リクルートエージェントでは、これまでの転職成功実績がノウハウとしてしっかりと蓄積されており、そのノウハウはキャリアアドバイザーのサポートに活かされています。

ノウハウをしっかりと共有しているからこそ、リクルートエージェントは業界最大手で、2017年までに約45万人以上の転職を成功させています

成功実績が多ければ多いだけ、そのノウハウが次へと活かされているので、転職を成功させやすいのです。

また、キャリアアドバイザーが行うカウンセリングやアドバイスの質を高めるために、研修や勉強会も定期的に開催しています。

転職を成功させるために、日夜努力を続けているのが評価されているのでしょうね。

20代・女性
とても親身になって相談に乗ってくれて、さすが大手の転職エージェントだなと感じました。どこのエージェントよりも、対応が良かったです。

リクルートエージェントが開催するセミナーに参加し、面接のノウハウを学ぶことができました。実際の面接では、緊張することなく堂々と話せました。

20代・男性
担当キャリアアドバイザーのおかげで、自分では気づかなかった長所・短所を引き出すことができました。

AGENT Report(エージェントレポート)という、リクルートエージェントが業界分析や選考のポイントを収集・分析したレポートが非常に役に立ちました。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

転職エージェントの評判がネット上で悪くなりがちな理由

人材サービスに登録する方々は「どんな求人も受けられる!」と思い込んでいることが非常に多いです。その結果、自分の経験とは全く関連性のない無茶な求人を要望する一部の転職者が、ネット上に不満を記載して荒れてしまっている部分があると思います。

なんでも受けられるという訳ではない」ということを、エントリー前の段階で採用企業に代わって転職者に丁寧に説明することも、人材会社や転職エージェントの役割だと私は考えています。

しかし、リクルートエージェントなどの大手になると、すべての登録者全員に説明を丁寧にできない事もあるでしょうし、丁寧に説明しても素直に聞き入れていただけない転職者の方も実際は多いと感じます。

もちろんキャリアアドバイザーのレベルやスタンスによって、それ以前の問題であるケースもあり、転職者に対して偉そうだったり、伝え方が悪かったり、何も考えずにマッチするかしないかもわからないままに求人を大量に紹介するというケースもあるかもしれません。そういったエージェントは、そもそも個人の担当者レベルの問題で、もってのほかです。

リクルートエージェントの評判に限らず、2chやアフィリエイト目的の口コミサイトなど、ネット上での転職エージェントや人材サービス会社への評判は、やや偏り気味で悪いように描かれている事が多いように感じますが、それ差し引いて冷静に判断する事をオススメします

そもそもリクルートエージェントってどんな会社?

今更になってしまいますが、リクルートエージェントは、日本で最大手の転職エージェントサービスですね。転職エージェントの他に、人材紹介会社や人材バンクとも言われています。

元々はリクルートとは別会社で、人材紹介事業のみを提供する会社でした。

上場を前に、リクナビやリクナビNEXTなどの求人媒体を運営する親会社であった当時の株式会社リクルートと合併して、社名はリクルートキャリアになっています。

そんなリクルートエージェント は、日本最大手の転職エージェントというだけあって、10万件以上の非公開求人を取り扱っています。

他の転職エージェントよりも求人数が多いため、転職決定者実績も多くなっているのです。

リクルートエージェントの実績

  • 非公開求人数 10万件以上
  • 年間登録者数 約64万人(2017年度実績)
  • 転職決定人数 累計約45万人(2017年3月期)

参考:リクルートエージェント

このようにリクルートエージェントは、他社を圧倒する膨大な求人数・実績を持っています。

転職サポートサービスの特徴

大手というだけあって実績があり、サポートがしっかりしているリクルートエージェントですが、どういった特徴があるのでしょうか?

実際に利用する前に、しっかりと確認しておきたい部分ですよね。リクルートエージェントで行われているサポートの特徴は、以下の3つになります。

  • 膨大な求人数
  • 分業制
  • 優秀なキャリアアドバイザー

順番に詳しく説明しますね。

膨大な求人数

先程も触れましたが、リクルートエージェントの転職サポートサービスの1番の特徴は、なんといっても、求人企業の数の多さでしょう。

非公開求人だけで約10万件となっています。

分業制

大手転職エージェントは分業制を敷いており、リクルートエージェントだけでなく、他の大手転職エージェントも基本的に分業制です。

ちなみに分業制は、求人企業担当のリクルーティングアドバイザー職と、転職者個人担当のキャリアアドバイザー職に担当が分かれているということです。

私自身は在籍中、リクルーティングアドバイザー業務を担当していました。企業の採用を支援する側の法人営業です。

優秀なキャリアアドバイザー

自社で求人媒体・転職サイトも運営しているため利益率が高く、社員の給与水準も業界ではトップクラスです。

知名度のあるリクルートグループの企業ですから、新卒・中途を問わず、優秀な人材を採用しやすい状況にあります。

そのため、キャリアアドバイザーの能力水準は競合他社と比較しても、割と高めにあると思います。

リクルートエージェントの優秀なキャリアアドバイザーと一緒に転職を進めるのなら、とりあえずは登録しておいて損はない転職エージェントであると言えます。

リクルートエージェントの評判まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はリクルートエージェントの評判について紹介させて頂きました。

最後にリクルートエージェントを軽く紹介して終わりますね。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25