2019.09.13

仕事を辞めたいと言えない人必見!円満退社の秘訣を転職のプロが解説

仕事を辞めたいけど言えない……と悩んでいる人向けに、伝え方をケース別にご紹介していきます。

さらに他にも辞めたいと思ったときにするべきことや、円満に辞める方法なども転職のプロが徹底解説します。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

辞めたいのに言えない場合の伝え方

会社を辞めたいのに言えない、言いにくい…なんて悩みを抱えている人も多いと思います。そこで今回はケース別にどう伝えたら良いのかピックアップしてみました。

上記の4つのパターンについて、それぞれ次で解説していきますね!

上司が怖くて言えない場合

直属の上司が怖くて言い出せない場合、退職交渉も仕事の1つだと考えてきちんと伝えるようにしましょう。

退職する旨を伝える際に、重要な3項目があります。それは以下の3つです。

  1. 決定事項であること
  2. これまでの感謝とともに伝えること
  3. 引き継ぎなどでも迷惑がかからないように考えていること

上記の3つのことをしっかりと意識して、退職する旨を伝えるのが良いでしょう。

親・家族に言えない場合

親・家族に言えない場合、選考段階からちゃんと共有するのが望ましいと言えます。

自分自身はいいかもしれませんが、親・家族は共有されてから初めて考え始めるため、納得するまでに時間がかかります。

そのため、できるだけ早い段階で共有をして時間をかけて納得させることが大切なんです。

話を聞いてもらえるのであれば、自分の心境や将来について伝えましょう。そうすれば応援してもらえるはずです。

相談をしても話を聞いてもらえない場合は、反対されても辞める決断をしている旨を伝えるのが良いです。自分の意見を押し通す覚悟で伝えましょう。

絶対NGなのは、内定を受諾した後に転職することを伝えることです。

職場に迷惑をかけるから言えない場合

職場に迷惑をかけるから言えない…という気持ちもわかりますが、早めに言わないと迷惑をかけてしまいます。

ですので、一定ドライに考えて、せめて自分にできることをしておくのが良いですね。例えば、退職までのスケジュールをしっかり管理するなど。

他にも、退職に必要な書類を用意する、引き継ぎに必要なものを準備する、時間を確保しておくなど、迷惑をかけないため、そういったことも大事ですよね。

理由がなくて言えない場合

明確な理由がないのであれば、退職しないほうが良いです。なぜなら、大規模な会社によっては、退職することで人事記録に名前が残されてしまう可能性があるからです。

転職しようか迷っている場合は、まず信用できる同僚や上司などに相談を持ちかけてみることをおすすめします。相談をして自分の気持ちをまとめていけば、答えが見つかるはずですよ。

次にどうしたいのか決まらずに退職してしまうと、転職活動が長期化してしまいます。

その結果、無収入の期間が続き貯金を切り崩し、ブランクも空いてしまいますので、様々な面で負担が増えることになります。

空白期間が長くなることで不利になる理由、企業が心配になるポイントなどについて解説している記事があります。こちらもぜひご覧になってみてください!

空白期間(ブランク)があっても転職を成功させる方法!ケース別回答例付き!

辞めたいと思ったときにするべきこと

辞めたいと思ったときにするべきことがあるなら知っておきたいですよね。それは以下の3つです。

上記の3つについて、次で詳しく解説していきますね。

辞めたい理由を明確にする

退職したいと思った時は、辞めたい理由を明確にしましょう。なぜなら、辞めたい理由を明確にしなければ、同じ失敗をしてしまうからです。

例えば、「前職は楽な仕事だったけど、成長できる仕事がしたい!だから退職して次は成長できる会社へ転職するんだ!」というような理由ですね。

転職理由・退職理由をどう伝えるのが良いのか、ケース別に回答例だけでなく、面接官が見ているポイントも解説している記事があるので、ぜひ目を通して身てくださいね!

転職理由を面接で上手く伝える方法!面接官にハマる回答例付き!
面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!

退職以外で解決できるか考える

退職するということは、自分の経歴に傷をつけることになります。ですので、転職する際は慎重に考える必要があります。

そこで重要なのは「退職以外で問題解決ができるかどうか」を考えることなんです。

例えば、人間関係が理由なら、人事に異動願いを相談してみるという手段があります。成果を出しているのに正当に評価されていないのなら、上司に掛け合ってみるというのも手段の1つです。

辞めるなら辞める前に、まずは自分にできることをやってからにしてみましょう。もしかしたら、行動することであなたが抱える問題が解決できる可能性もありますよ。

異動願いや社内転職をする場合のポイントについて以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

【必見】社内転職の成功法を伝授!退職するよりも安心!

転職活動をしてみる

転職しようか迷っているという場合は、実際に転職をしなくても転職活動をしてみる、というのがおすすめです。

リクナビNEXTビズリーチといった転職サイトに登録して、自分の転職市場価値を確認してみると良いですよ。

とくに、ビズリーチは登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができます。

やっぱりどうしても言えない場合

仕事を辞めたいのに言えない女性が頭を抱えている

退職することをやっぱりどうしても言えない、という人もいると思います。ですが、自分の代わりに言ってくれる人はいませんし、代行サービスに依頼をすれば円満退職はできません。

だからこそ、言いにくかったとしても辞める決意をしたのなら早めに伝えるべきなんです。特に家族には早い段階で言っておく必要があります。

その理由は、将来のことや給料が下がることを懸念して、転職を反対されてしまう嫁ブロック・親ブロックの可能性があるためです。早めに言い出せば家族も考える時間がありますし、納得してもらえる可能性も高まります。

次で、転職に関することで実際にあったトラブルの実例をご紹介しますね。

トラブル実例

仕事を辞めたいと思って転職活動を始めた人の中には、トラブルになってしまったケースもあります。実際に多いのは、やはり家族間でのトラブルですね。具体的にどんなトラブルなのかというと、以下のようなものです。

  • 内定をもらってから伝えた
  • 事前の情報と結局違った
  • 過干渉の親で受ける会社を勝手に選ばれた
  • 年収何百万円以上じゃないと転職は許さないと言われた

まず、共有していないというのは絶対NGですし、内定をもらってから伝えるのはもっての外です。これは反対されたり怒られたりするのも当然だと思います。

なるべく早い段階で共有するのがベストですね。その際には、応援してもらえるように自分がどういう風にその会社でチャレンジしたいのか、しっかり伝えましょう。

例えば、短期的に年収は下がるけど、徐々に上げていくことができるというような感じですね。

転職エージェントを利用しているなら、事前に家族が懸念に思っている事項をまとめて、その内容をキャリアアドバイザーに相談して情報をもらうのがベストだと言えます。

辞める前にすべきこと

会社を辞める前にすべきことは、転職先から内定をもらっておくことですね。

転職先が決定していないのに辞めてしまうと、離職期間や空白期間が長くなり、なかなか次が決まらないというデメリットがあります。また、次が決まるまでの金銭的な負担もありますよね。

勢いで辞めてしまうのではなく、まずは転職エージェントを利用してみるのが良いでしょう。転職せず相談だけでも利用できるので、相談からスタートするのもアリです。

全ての人にオススメな転職エージェント

転職する際に空白期間ができることに対して不安がある人は、何ヶ月以上空白であると不利になるのか。企業がどんな部分を懸念するのか解説している記事も読んでみてくださいね!

空白期間(ブランク)があっても転職を成功させる方法!ケース別回答例付き!

円満に辞める方法

円満退職するなら、内定を受諾した時点で速やかに伝えるのがベストだと言えます。なぜなら、早く伝えるほうが引き継ぎなどに時間を使うことができるからです。

気まずくてズルズル時間が経ってしまうと、退職が確定しないため、転職先から内定を無効にされてしまう可能性もあります。

伝える時は、「早めにお伝えしたほうがご迷惑がかからないと思い、お伝えいたしました」と伝えると円満に退職ができますよ。

具体的な円満退職の方法や、引き止められた時の対処法などについては、こちらの関連記事をご覧になってみてください!

円満退職の切り出し方!役立つケース別退職理由の例文付き!

末永がおすすめする転職エージェント

できるだけ円満に退職がしたい、やっぱりそう思う人が大半だと思います。どのように伝えたら良いのか、どのタイミングで伝えるのがベストなのか、自分ではわからないこともありますよね。

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが円満退職をするにはどうすれば良いのか、アドバイスをしてくれます。

もちろん、伝え方がわからない場合でも「こんな感じで伝えると良いですよ」と教えてくれますので、大きな安心感がありますよ。

ただ、キャリアアドバイザーの質やサポート力には違いが生じますので、大手転職エージェント2〜3社、特化型転職エージェント1社への登録をオススメしています。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

仕事を辞めたい人に役立つ関連記事

仕事を辞めたい、転職したいと考えている人に役立つ関連記事をご紹介します。多くあるのですが、ぜひ参考にして頂けますと幸いです!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。