エンジニアがフリーランスになるメリット&デメリットを解説!

パソコン PC エンジニア ノートパソコン

    この記事では、エンジニアがフリーランスになるメリット・デメリット、平均年収や必要なスキルについて解説しています。

    また、向いている人・向いていない人の特徴や将来性も詳しくお伝えしていきます。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

フリーランスエンジニアの1日

フリーランスエンジニアがどんな1日を過ごすのか、スケジュールが気になるところですよね。フリーランスといっても、「受託型」「常駐型」と2つのパターンに分けることができます。

今回は「受託型」「常駐型」の両方の1日スケジュールを一覧にしてご紹介したいと思います!

フリーランスの1日(受託型)

  • 7時〜8時:起床・朝食
  • 8時〜9時:趣味の時間
  • 9時〜12時:仕事
  • 12時〜13時:昼食
  • 13時〜17時:仕事
  • 17時〜18時:夕食
  • 18時〜23時:家事・趣味の時間
  • 23時〜7時:就寝

フリーランスの1日(常駐型)

  • 6時〜9時:起床・朝食・準備
  • 9時〜10時:出勤、メールのチェック・タスク整理
  • 10時〜11時:新規開発案件のミーティング
  • 11時〜12時:昨日追加のミーティング
  • 12時〜13時:昼休み
  • 13時〜15時:設計作業
  • 15時〜16時:コードレビュー
  • 16時〜19時:テストシナリオ作成
  • 19時〜21時:退社、夕食
  • 21時〜23時:家事・趣味の時間
  • 23時〜6時:就寝

受託型は時間を自由に使うことができるというのがわかりますね。一方、常駐型は正社員と同じような過ごし方になるのが特徴だと言えます。

エンジニアがフリーランスになるメリット

エンジニアがフリーランスになるメリットは、以下の2つですね。

上記の2つのメリットについて、次で詳しく解説していきますね!

報酬が上がる

報酬が上がるのは、リスクとリターンが関係しているからなんです。雇用契約ではないため継続的な雇用が守られていませんし、企業側から委託契約を切られるリスクもあります。そのため、その分リターンが大きくなります。

また、自分次第で稼げる個人事業主になるので、報酬はすべて自分のものになります。税金などが引かれていない金額のため、報酬額も上がりますね。

キャリアを築きやすい

1社だけではなくて、案件を済ませれば次々に会社を渡り続けることができるので、キャリアを築きやすいです。もちろん、業務委託期間によって異なってきます。

次の会社へ行き、複数のプロダクトに関わることによって、開発ノウハウが学べますし勉強にもなって技術向上できますよ。

エンジニアがフリーランスになるデメリット

エンジニアがフリーランスになるデメリットは、以下の3つですね。

上記の3つのデメリットについて、次で詳しく解説していきたいと思います!

雇用契約が守られない

雇用が保証されていないので、常に案件を獲得し続ける必要があります。良くも悪くも成果報酬のため、自分で会社に営業をかけたり、SESを利用したりしなければなりません。

保険・年金なども自ら加入手続きをおこなう必要がありますし、もらえる年金が3分の1くらい減ってしまいます。それに、フリーランス2年目まではローンが組みにくいです。

また、気になる年齢ですが、フリーランスに年齢は関係ありません。40代〜50代の人でもスムーズにフリーランスとして活躍ができますよ。ただ、筆者が転職支援をさせていただいた中で、50代の人はなかなかいませんでしたね。

自己管理する必要がある

案件の報酬を粗利(売上総利益)として受け取るので、しっかりと自己管理することが求められます。なぜなら、報酬の中から納税・確定申告を自らおこなわなければならないからです。計画的に使わず好き勝手にお金を使ってしまうと、生活が苦しくなります。

自ら納税・確定申告をするのは手間なので面倒に感じてしまいますし、中には公共料金を延滞するのと同じ感覚で確定申告を忘れてしまう人も、実際に多く見られますね。

スキルアップできない

スキルアップできないのは、フリーランスの場合、クライアント側は依頼するエンジニアが経験していないことを任せることはしないからなんです。できることしか任せないのが一般的なので、新しい経験が積みにくいんですね。

また、わからない部分が出てきても周囲に質問できず、自ら調べなければいけません。周囲の人に相談したりアドバイスを受けられるといった成長環境がないため、スキルアップも難しくなってしまいますね。

正社員としてのキャリアも検討したい場合

フリーランスのデメリットを知って「覚悟がまだできていない」「やっぱり安定して働きたい」と思った人は、正社員という選択肢を取るのもアリですよ。

エンジニアの正社員として働きたいと検討している人には、以下の転職エージェントの利用をおすすめします。エンジニアの転職に強みがあるので、きっとあなたにぴったりの求人が見つかるはずです!

エンジニアに強い特化型エージェント

  • レバテックキャリア
    業界トップクラスの求人数とサポート実績!Webエンジニア向けの求人も多数
  • マイナビIT
    エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

フリーランスに向いている人・向いてない人の特徴

フリーランスに向いている人・向いていない人の特徴を、それぞれ以下にまとめてみました。自分が当てはまるかどうか、ぜひチェックしてみてくださいね!

向いている人の特徴

  • 自己管理ができる人
  • コミュニケーション能力がある人
  • 異業種・異職種の人と仲良くなれる人
  • 自己学習できる人

向いていない人の特徴

  • 自己管理できない人
  • コミュニケーション能力がない人
  • 自己学習できない人
  • メンタルが弱い人

上記がフリーランスエンジニアに向いている人・向いていない人の特徴です。もちろん、この他にも色々ありますが主に上記に挙げた特徴が大事になってきますね。

未経験でフリーランスになるのは厳しい

未経験でフリーランスになるのは、在宅とか年齢に関係なく難しいです。なぜなら、エンジニアは経験がモノをいう世界だからなんです。

未経験からフリーランスエンジニアとして活躍したい場合は、まずプログラミング教室に通うのが良いでしょう。具体的にはTECH::CAMPがおすすめですね。

プログラミング教室に通って技術や知識を習得して、そこからポートフォリオを作成していくやり方が王道だと思います。

スクール受講後の就職率は98%を誇り、エンジニア未経験からの就職・転職にオススメのプログラミングスクール。
独学で挫折してしまう人が多い中、受講者の96%がカリキュラムを完了し、卒業できている。

ポイント

  1. 独学で挫折する人が多い中、TECH CAMPの修了率は96%
  2. カリキュラムの修了後の就職率は98%という安心感

こんな人がおすすめ!

  • プログラミングを1から教えて欲しい人
  • 未経験からエンジニアとして就職したい人
  • プログラミング学習から就職活動まで一貫してサポートして欲しい人

TECH CAMPに
相談する

フリーランスの平均年収

フリーランスエンジニアの平均年収は、扱える言語によって変わります。需要の高い言語・稀少性の高い言語であれば年収を上げることができますね。

例えば、PythonやSwiftは報酬単価が高い傾向にありますし、Ruby・PHP・Javaは使用している会社が多いため、案件数が多いので受注すればするほど報酬を挙げられるかと思いますよ。

稼げるフリーランスに必要なスキル

稼げるフリーランスに必要なスキルを、以下にまとめてみました。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

  1. プログラミングスキル
  2. システム系、汎用性の高い技術
  3. コーディングスキル
  4. 扱える言語を増やす

上記に挙げた1〜3のスキルは稼げるフリーランスになるための必須スキルです。なぜなら、この3つのスキルがないとフリーランスエンジニアとして活躍ができませんし、案件の獲得もできないからなんです。

4つ目のスキルですが、具体的には稀少性の高い言語を使えるようにしておくのが良いでしょう。先ほども話しましたが、PythonやSwiftは案件単価が高額なので、数件受注すれば稼げます。

また、Ruby・PHP・Javaは使っている会社が多いため、案件もそれだけ豊富にあります。こちらもいくつか積み重ねてこなしていければ稼ぐことができると思いますよ。

フリーランスエンジニアの将来性

フリーランスエンジニアの将来性を考えたとき、「ずっとフリーランスで行けるのかな?」と疑問を抱く人も多いと思います。結論から言うと、個人によって変わってきます。

なぜなら、努力を継続できるかどうかで分かれてくるからなんです。常に技術や知識をキャッチアップしていけるか、向上心を持って自己研鑽できるかという点が大きなポイントですね。

ただ、フリーランス形態は増えているため、フリーランスエンジニアの仕事がなくなることはありません。需要と供給が今後も伸びていくはずなので、将来性を不安視する必要はないですよ。

フリーランスだけでなく会社員も検討したい場合

フリーランスエンジニアのメリット・デメリット、年収などについて話してきましたが、「やっぱり不安だから正社員も検討したいな」と思った人もいると思います。

そんなときこそ、転職エージェントの利用をおすすめします。今ではエンジニアに強みをもつ転職エージェントもありますので、あなたがどのような働き方をしたいのか相談をして、今後の方針を決めていくことができます。

キャリアアドバイザーが丁寧にあなたの希望やスキルをヒアリングした上で、求人を提案してくれますので大きな安心感がありますよ。もちろん無料で利用できるので、まずは相談だけしてみるというのもアリだと思います。

ただ、キャリアアドバイザーの質やサポート力には差があるので、できれば大手転職エージェント2〜3社、特化型転職エージェント1社への複数登録をおすすめします。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録することをおすすめします。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがおすすめです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する


転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

関連記事転職エージェントに使われるな!成功のための3つのテクニック
関連記事IT業界に強いおすすめの転職エージェント7選【職種・分野別】厳選!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント