ITエンジニアへの転職事情は?大事なのは自己PR&志望動機だった!

パソコン ノートパソコン ピンク 可愛い エンジニア メガネ

    この記事では、ITエンジニアの転職事情をはじめとし、現職と同じ職に転職する場合、現職とは違う職に転職する場合などに分けて解説していきます。

    他にも平均年収についてもお伝えしていきますね!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

ITエンジニアへの転職事情

ITエンジニアはすべてのエンジニアをまとめた総称です。システムエンジニアもネットワークエンジニアも、ITエンジニアに含まれるんですよね。そんなITエンジニアへの転職は、大きく以下の3パターンに分けることができます。

  1. 現職がエンジニアで、同じエンジニアへの転職
  2. 現職がエンジニアで、違うエンジニアへの転職
  3. 未経験からエンジニアへの転職

上記3パターンに分かれてきますが、もちろんあなたがどのパターンなのかによって、転職難易度や転職のやり方が変わってきます。

また、「資格が必要なのかな?」「資格があると有利になるのかな?」とか気になるところですよね。ITエンジニアは資格よりも実務経験やスキルのほうが重視されます。だからこそ、経験・スキルを高めておくのが良いんです。

では、3パターンについて次で詳しく解説していきますね。

現職と同じITエンジニア職へ転職する場合

現職と同じITエンジニア職への転職なら、難易度は低いです。例えば、WebエンジニアからWebエンジニアへの転職などがこれに当てはまりますね。

現職の経験・スキルが生かせるので即戦力として見てもらえるため、比較的求人の選択肢も広いですし年収アップも十分に可能です。

自分のペースで転職活動を進めたい、いいオファーや求人があれば転職を検討したいという方は、ビズリーチリクナビネクストといった転職サイトを利用するのがおすすめです。

入社してみて「思っていたよりもスキルや技術を磨けないかも」「働く環境が合わないかも」というミスマッチを防ぎたい、できるだけ効率的に転職活動を進めたいという方はマイナビIT AGENTレバテックキャリア等の転職エージェントの利用がおすすめです。

エンジニア視点での働きやすさ・社風や今後のキャリアプランを加味した上で、あなたにあった企業の求人をピックアップしてもらえるだけでなく、企業とのやりとりの代行や応募書類の作成を手伝ってもらえるので効率的に転職活動を進めることができます。

エンジニアにおすすめの転職サービス

  • マイナビIT
    マイナビが展開!大手から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
  • レバテックキャリア
    業界トップクラスの求人数!エンジニア・デザイナーに特化した転職エージェント
  • ビズリーチ
    年収500万円以上の優良求人が集まる転職サイト。企業やヘッドハンターからのスカウトがもらえる
  • リクナビネクスト
    トップクラスの求人数を誇る定番の転職サイト。全業界・職種の求人が揃う

現職とは違うITエンジニア職へ転職する場合

現職とは違うITエンジニア職への転職なら、そのITエンジニア職によって難易度が変わってきます。

例えば、プログラマーからブリッジSEへ転職するとした場合、転職自体は無理ではないけど難易度は高いですね。ブリッジSEは、中国・ベトナムなどのエンジニアを日本にいながら発注をして納品するのが仕事です。

具体的には、中国・ベトナムにいるエンジニアに連絡を取って、作って欲しいものを発注して滞りなく開発を進めていくという感じですね。そのため、プログラミングができると要件定義もしやすいでしょう。

実際に自分が手を動かすわけではなく、相手に手を動かしてもらうので、しっかりとコミュニケーションを取りながら納期管理もしなければなりません。だからこそ、英語を使ったコミュニケーション能力や遠隔でうまくエンジニアの人達を管理するノウハウも必須になります。

違うITエンジニア職へ転職する場合は、プロフェッショナルがライバルになるので、できる限り転職エージェントを利用するのが良いと言えます。キャリアアドバイザーに希望・要望などを相談することで、どんなキャリアを築いていくのが良いのかアドバイスしてもらえます。

エンジニアにおすすめの転職エージェント

  • レバテックキャリア
    業界トップクラスの求人数!エンジニア・デザイナーに特化した転職エージェント
  • マイナビIT
    マイナビが展開!大手から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!

未経験からITエンジニアへの転職を希望する場合

エンジニアの転職市場は基本的に即戦力採用がメインなので、未経験からの転職難易度はかなり高いです。

最低限、オンライン講座を利用してプログラミングの基礎知識を身につけた上で、未経験エンジニアの受け入れをしている企業の求人を探す必要があります。

未経験でITエンジニアを希望するなら、UZUZカレッジ侍エンジニアなどのプログラミング学習+転職サポートをセットでおこなっているサービスの利用がおすすめです。

上記のスクールでは、現役エンジニアからマンツーマンで短期間でプログラミングを教えてもらえるだけでなく、その後の求人紹介や選考対策まで実施してくれます。

未経験からチャレンジできる求人を自力で探すことは絶対数が少なく難しいので、受け入れ実績のある上記のようなスクール経由で選考を受けるのが現実的です。

とくにUZUZカレッジはIT業界の求人を多数保有するUZUZが運営するスクールで、選考でどこをみられているか熟知しているUZUZが選考対策をおこなってくれます。

侍エンジニアは、挫折しないプログラミングスクールNo.1と学習中の手厚いサポートが有名なだけでなく、転職成功率94%と学習後の就職を希望する人にはとても心強いスクールです。

それぞれのスクールで特徴や金額も違いますので、是非無料相談会に参加し、自分の目的や環境に合ったスクールを選びましょう!

以下から無料相談会に参加申し込みができますよ。

未経験からITエンジニアを目指す場合

  • UZUZカレッジ
    未経験からの就職に強いUZUZが運営!ITエンジニア就職サポートで高い実績
  • 侍エンジニア
    挫折しないスクールNo.1!月額¥2,833〜実践スキルが確実に身につく実践型カリキュラム

ITエンジニアへの転職に成功する人・失敗する人の特徴

ITエンジニアへ転職する際に、どんな人が成功してどんな人が失敗するのか、ここが気になるところですよね。

そこで、ITエンジニアの転職に成功する人の特徴と失敗する人の特徴を解説していきたいと思います。

転職に成功する人の特徴

ITエンジニアの転職に成功する人の特徴は、「キャリアビジョンが明確な人」ですね。なぜなら、この部分を明確にすることで自分の進むべき道がわかり、ミスマッチを起こしにくいからなんです。

例えば、Slerの世界で生きていきたいのか、それとも別の世界で生きていきたいのか考えてみることが大事です。もしSlerの世界を選んだなら、次にどんな選択をすべきなのか、ゴールセットも明確にするのが良いですよ。

一方、プログラマーを選択するなら、CTOを目指すのか、それとも専門領域を目指すのか分かれてきます。どんなキャリア形成を築くべきなのかわかっていれば、ミスマッチを防げます。

転職に失敗する人の特徴

ITエンジニアの転職で失敗する人の特徴は、「年収を上げようと転職する人」です。確かにスキルが上がると給与も上がりやすいですが、あくまでもそれは自分のスキルによります。それなのに「転職をすればもっと給与が上がるんじゃないか?」と思って転職してしまうから、失敗に終わってしまうんですよね。

まずは、未経験余地を減らすことが大事ですし、30代半ばまではスキルを高めるための転職をしたほうが良いと言えます。なぜなら、回収できるだけの経験を積んで蓄積していくことができるからなんです。

また、後になってスキルを磨きたいから転職します、となると年齢的にも難しくなってしまいます。

これはエンジニアに限った話ではありませんが、とくにエンジニアはどういう傾向が強いので注意が必要です。この点にさえ気をつければ、長期的に成功できるはずですよ。

ITエンジニアの平均年収一覧

ITエンジニアの平均年収がどれくらいなのか、この点もやっぱり気になりますよね。ITエンジニアと言っても種類が分かれるので、dodaの平均年収ランキングを参考にご紹介していきたいと思います。

職種の業務内容、やりがいなどについては各リンクから飛べるようにしてあります。詳しく知りたい人はぜひ目を通してみてくださいね。

プログラマー 約428万円
システムエンジニア 約428万円
ネットワークエンジニア 約449万円
サーバーエンジニア 約469万円
Webエンジニア 約430万円
組み込み・制御エンジニア 約480万円
社内SE 約516万円
ブリッジSE 約490万円

以下の記事では、言語別の平均年収について解説しています。興味がある人は、こちらも合わせて目を通してみてください!

関連記事エンジニアの年収を言語別に大公開!平均給料&必要スキルも解説

ITエンジニアへ転職するときの選考対策

ITエンジニアへ転職するときの選考対策は、以下の2つですね。

なぜ上記の2つを対策すべきなのか、次で詳しく解説していきたいと思います。

自己PR

エンジニアの実務経験やスキルは、その人によって大きく変わってきます。だからこそ、実績をしっかりと伝えて知識やスキルも明確にするのがベストです。

学ぶ姿勢をアピールする、もしくは業務経験をアピールするなど、自分らしいものにしましょう。

以下に学ぶ姿勢をアピールする例文を作ってみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自己PRの例文

前職ではWebエンジニアとして6年間勤務し、Ruby・PHP・Javaを中心に、C言語やJavaScriptの言語を習得いたしました。今後さらに業務の幅を広げていきたいと考え、現在はPythonを勉強しております。

また、業務ではGithubを活用しておりますが、Qiitaも使用する事ができます。

将来的には、プロジェクトマネージャーとしてマネジメントをおこないたいと考えておりますので、プログラマーとしてのスキルアップも図っていく所存です。

自己PRについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

関連記事転職での自己PRはどう書くべき?面接成功率が上がる例文集を大公開

志望動機

志望動機では、「なぜその業界・職種なのか」を明確に伝えることが大事です。熱意だけを伝えるのではなく、原体験とセットにして伝えるのがベストですね。

以下に志望動機の例文を作ってみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

志望動機の例文

私がITエンジニアを志望したのは、必要とされ続ける存在になり、自身の市場価値を高めたいと思ったからです。

IT業界は人口が減少していますが、成長し続け将来性があります。様々な分野でIT化を進めるITエンジニアになることで、多くの人達の役に立つ仕事ができると考えております。

現職では法人営業をしており、自社でも営業成績をシステム管理するようになりました。自身の成績がすぐに確認できるため、数字意識を持つようになり、会社内の営業目標達成率が上がりました。

私はIT化を進めて行く事に携わり、人々の生活を豊かにすることに貢献していきたいと考えております。

志望動機の考え方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

関連記事転職面接での志望動機の考え方を解説|面接官に響く回答例つき

面接対策をしたいのならプロを頼るのもあり

ITエンジニアが転職する際に、とくに気になる自己PRと志望動機の2つのみを詳しく説明しましたが、対策するべきことはこれだけではありません。

転職理由・退職理由、逆質問など、面接では他にも準備や対策をすることはたくさんあります。

そんなときに役立つのは、転職のプロである転職エージェントを頼ることです。転職エージェントでは、様々なノウハウを蓄積しており、どのような回答をすれば良いのかアドバイスをしてくれます。

また、面接官の視点を持ったキャリアアドバイザーが模擬面接の相手をしてくれ、どこを直せば良いのかフィードバックもしてくれます。これは家族や友人相手の模擬面接では得られないことです。

以下に、筆者がおすすめする転職エージェントをいくつかご紹介します。ただ、担当になるキャリアアドバイザーはスキルや経験によってサポートの質が異なるので、大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社程度複数登録することをおすすめします。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

ITエンジニアの転職に役立つ関連記事

ITエンジニアに関する役立つ記事をいくつかピックアップしてみました。こちらも合わせてご覧になってみてくださいね!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント